石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

大胆不敵な換骨奪胎、さすがパク・チャヌク!―映画『お嬢さん』感想

The Handmaiden

メリハリ効いててエロッエロなガールパワー映画

サラ・ウォーターズのレズビアン・ミステリ『茨の城』を、日本占領下の朝鮮を舞台に紡ぎ直した韓国映画。大胆なメリハリの付け方が楽しい、よくできたガールパワー映画でした。フェチ感あふれるエロスの表現も強烈。ただし、セックス描写は一部凡庸。

大胆不敵な改変具合

『お嬢さん』は原作小説と同じく3部構成になっていて、おおまかなあらすじもほぼ同じです。原作のスーザンに相当する主人公、ナム・スーキー(キム・テリ)は17歳の朝鮮人少女で、世間知らずの日本人令嬢・和泉秀子(キム・ミニ)の財産を狙う詐欺師(ハ・ジョンウ)の間者をつとめるため、お嬢様の侍女として屋敷に住み込みます。騙すはずの秀子と思いがけず親しくなってしまい、困惑するスーキーですが、その背後では彼女もあずかり知らぬ冷酷な計画が進んでいて、ふたりはそれぞれ大きな危険に巻き込まれることに。でもご安心ください、オチの方向性も原作と一緒ですから。

スーキーの名前は日本語表記では「スッキ」となっているようですが、あたしが見た北米版の字幕では"Sookee"という綴りが当てられていました。つまり英語圏の人がフォニックス通りに読めば、英語名「スーザン」の愛称「スーキー」と同じ音になる名前なわけです。そんなわけであらすじの大枠も、主人公の名前さえも原作通りというこの映画ですが、なかなかどうしてびっくりするような改変もたくさん盛り込まれています。もっとも驚かされたのが、原作で最後に出てくる大どんでん返し、そう、ラスト20ページぐらいで初めて主人公が知ることになるあの事実が、この映画ではきれいさっぱり削られていること。それでいてクライマックスからフィナーレまでの緊迫感と疾走感では、原作にすこしもひけをとらないということ。

この大胆きわまりない改変は、決して尺の都合などではなかったはず。『茨の城』と『お嬢さん』とでは第3部の柱をなすものが少し違っているため、不要になる山場をひとつ取り除いたのだとあたしは解釈しました。原作の第3部では、お話の最大の駆動力となるのは、主人公から令嬢への愛憎なかばする激情です。映画でももちろんふたりの間のこうした感情は描写されているのですが、ただひとつ違うのは、第2部後半からの展開にある新機軸が加えられていて、第3部の力点はまた別の怒りと対立構造に置かれているということ。前述のどんでん返しをカットしたのはここでのテーマをぼやけさせないためであり、英断だったと思います。

誤解のないように言っておきますが、『お嬢さん』第3部で全力で描かれるこの怒りも対立も、原作小説の中にもはっきり見てとれるものです。そこにポイントを絞って、「ここ、もっと見たいでしょ?」と痛快なまでの大写しにしてくれたのがこの映画なのだと思います。さらにいうと、映画オリジナルのエンディングシーンもまた、世界中の多くの人が小説初読後にのたうち回りながら心の中で叫んだであろう「よかった。よかったんだけど……この先も見せてよ!」という声に答えようとしたものなのでは。つまるところこの映画って、あの緻密で重厚な『茨の城』の中から「ここをもっと見せたい、強調したい」というものを思い切りよく選び出し、メリハリをきかせて再構成したものなのだと思います。この迷いもなければ無駄もないつくりに、まず惚れました。

実際、最後まで見てから全体を振り返ると、映画オリジナルの要素はほとんどこの第3部で描き出されるテーマに直結していることがよくわかります。お話の舞台を1930年代の朝鮮にしたのも、原作にはない桜の木や秀子のおばのエピソードを入れたのも、図書室の立ち入り禁止箇所を示す印をとあるものに変えたのも、悪漢たちに「さすがは『復讐三部作』のパク・チャヌク……!」と唸りたくなるような運命を用意したのも、すべては緻密な計算にもとづいてのことだったはず。令嬢の財産を狙う詐欺師が実はゲイらしいという暗示がなくなっていることも、序盤でこそ残念に思いましたが、最後まで見れば納得がいきました。あの設定を削るかわりに、しょっぱなの車中のシーンでひとつ伏線を入れて、後半での展開をスピーディーにまとめたんですね。なんとまあ鮮やかな。

フェチ感あふれるエロティシズム

女性同士のセックスの場面そのものよりも、むしろ日常の場面に埋め込まれた性的イメージのなまめかしさに圧倒されまくる作品でした。代表的なのは、秀子の歯の尖った部分をスーキーが指ぬきでこすって丸くしてやる場面。秀子の柔らかそうな唇やその中に出し入れされるスーキーの指、近づく顔と顔、吐息の湿り気等々は、言うまでもなくセックスの暗喩です。本作品ではさらにこれを秀子の入浴中の場面とし、薔薇の花びらやキャンディなどの小道具をあしらうことで、香りや味までともなうセクシーなシーンとして仕上げることに成功しています。冗談抜きで、この指ぬきの場面だけで伝説になりますよこの映画は。これ以外の、コルセットや手袋、フットマッサージなどを一種のフェティッシュとして配したシークエンスの数々も、どれもこれも目もくらみそうなほどエロティックでした。おまけにこれらの描写のほとんどが、開始30分以内で次から次へと乱れ撃ちのように眼前に展開されるんですよ。殺す気かよ。

では、スーキーと秀子の直截的な性交シーンそのものは果たしてどうだったのか。個人的評価は「100点満点で80点」です。途中までは「おお、リアルだしエロいし、うまく描けてるわー」と感心しながら見てたんですが、ヘテロ向けの「レズビアン」ポルノでおなじみの貝合わせやら膣へのオブジェクト挿入やらが「さあここからがクライマックスでござい!」風に麗々しく登場してきちゃうところで、どうしても少し笑ってしまったので。女性同士のセックスでああした行為がまったく採用されないとまではいいませんが、それらをいつもいつもメインディッシュに持ってくるという構成は、いささかヘテロセントリックで凡庸だと思います。サラ・ウォーターズは決してそんな書き方をしていないのに、なぜわざわざ変えてしまったんでしょう。そこがマイナス20点。

とは言え、『お嬢さん』のベッドシーンは、よくレズビアン映画が批判される"Male Gaze"(直訳すると『男性の凝視』、女性キャラを男性の視線の客体として描き、視聴者にも男性的な視点からの鑑賞を期待するような表現形態のこと)とは一線を画しているとあたしは思いました。まず女優ふたりの表情がとてもいいんですよ。好奇心に輝く瞳とか、阿吽の呼吸でかわす微笑みとかがひたすらヴィヴィッドで、画面のこちら側への媚びが皆無で。ちなみに本作ではキム・テリとキム・ミニのストレスを避けるため、ベッドシーンの撮影日には男性クルーは全員休みとし、現場に立ち会うのは女性の録音担当者ひとりだけにして、映像はリモートコントロールのカメラで撮ったのだそうです。その工夫は大当たりだったのではないかと思います。また、上記のオブジェクト挿入に関しては、「古来、主に男性が女性の身体に使用して楽しむためのものだった性具(物の本で以前読んだのですが、日本ではいわゆる『鶯の谷渡り』で音の違いを楽しむ、なんて使い方もされたそうです)を、男性を蹴り出したうえで女性だけで使う」という点がこの映画全体を象徴しているとも解釈できるような気がします。その解釈を採るならば、100点満点で90点ぐらいまで評価を上げてもいいかも。鶯の谷渡りから鶯を追い出すというのは「お、俺も混ざっていいすか?」式のくだらない百合(を自称する"Male Gaze"の)ポルノにうんざりしてきたこちらから見れば、ある種の快挙ですからね。

その他

  • 役者さんたちの演技は総じてよかったです。特にきわだっていたのはキム・テリのとても新人とは思えない豊かな感情表現(目に涙をためた表情から怒りのキノコぶちまけシーンまで、見とれっぱなしでした)や、ハ・ジョンウのあの色気と残忍さと滑稽味を全部兼ね備えた悪党っぷり。
  • 一部の日本語台詞のぎこちなさは、あたしは気になりませんでした。映画『ジョン・ウィック』のロシア語だってずいぶんひどかったと言われているようですし、日本のドラマ『さよなら李香蘭』の沢口靖子の中国語のひどさや、やはり日本のドラマ『二つの祖国』で日系アメリカ人二世のはずのキャラが不自然なまでに全員日本語でばかりしゃべっていたという手抜きぶり等々を鑑みるに、『お嬢さん』はむしろ大健闘していたと言っていいのでは。
  • 上の方で"Male Gaze"の話をしましたが、ひょっとしたら作中の朗読会の場面は、"Male Gaze"の暴力性や、それに気づきもしない男たちの間抜けさをメタ視するためにああした漫画的演出になっていたのかもしれないと思います。ただ単に珍奇さを狙ってジャパニーズ・ヘンタイ要素を入れようとしたのではないと思うんだ、あれは。

まとめ

エッロエロな第1部、驚愕の第2部、壮絶なクライマックスからハッピーエンドになだれ込む第3部と、どれをとっても大変面白かったです。ベッドシーンでごくわずか(本当にわずか)に「ヘテロ受けを狙いすぎでは」と思ってしまうところもないではないのですが、全体的には非常によくできたアダプテーションだと言えると思います。全部見終わってからブルーレイ/DVDのジャケット写真を見返してみると感慨もひとしお、男たちに押さえつけられている女ふたりがひそかに手をつなぎ合わせているというこの構図は、まさにこの映画の本質ですよ。このつないだ手と手が生み出すものを根底に、ここまでスリリングで強烈なガールパワー映画を作り上げたパク・チャヌク監督に拍手。

The Handmaiden

The Handmaiden

お嬢さん 通常版 [Blu-ray]

お嬢さん 通常版 [Blu-ray]

お嬢さん <スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版>2枚組 [Blu-ray]

お嬢さん <スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版>2枚組 [Blu-ray]

ヘイリー・キヨコが新曲"SLEEPOVER"をリリース

Sleepover

米国のシンガーソングライター/女優のヘイリー・キヨコが、2017年3月3日に新曲"SLEEPOVER"を発表しました。もちろんガール・オン・ガールの恋愛ものです。

ミュージックビデオはこちら。

タイトルの"SLEEPOVER"とは、友達の家でのお泊まりのこと。映像がこんなにラブラブなのに、なぜこんなに曲調が切ないのかは、歌詞の"Even when you're next to me / it's not the way I'm picturing"とか、"Sleeping here right next to me, but will you ever mess with me? No."などの部分を見れば一目瞭然でしょう。ラブラブな部分は主人公が心の中で切望していることであって、現実に起こっていることではないんです。

これって『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』S2E7でニッキーが言うところの「ハイスクールでレズビアンに起こること」の典型例ですよね。もっと言ってしまうと、性的指向が何であれ、親友を相手に報われない恋をしたことがある人ならばたいてい微苦笑とともに自らの原体験を重ね合わせることのできる曲&映像なのではないかと思います。ちなみに歌詞はYouTubeの説明欄や以下の動画で見ることができますので、ご興味がおありの方は、ぜひ。

コカ・コーラCMが今熱い。マッチョなプールボーイを取り合う姉弟(兄妹かも)の戦い

f:id:miyakichi:20170305181119j:plain

コカ・コーラ社が最近リリースした、姉弟(兄妹かも)がマッチョイケメンのプールボーイの愛を奪い合うというストーリーのCMがたいへん面白いです。

詳細は以下。

Brother and sister fight over hunky pool boy in brilliant new Coca-Cola advert | Attitude Magazine

CMはこちら。台詞はひとつもないので、英語が得意でない方でも大丈夫です。見どころは、(1)男きょうだいが当たり前のように男性に恋していること、(2)『トムとジェリー』風のドタバタアクション、(3)オチ。

「わが社はLGBTの権利を支持していますッ!!」とまなじりを決して訴えるようなCMも、そりゃ、必要かもしれませんが、こういう「特に何の説明もなく、同性が好きな人が当たり前に画面に登場している」という表現が見られるのは、いち同性愛者としてもっとうれしいです。「ジェンダーや性的指向こそ違えど、結局はただの似たもの家族であった」というオチも好き。先日のスーパーボウルでの「アメリカ・ザ・ビューティフル」を多言語で歌うCMがトランプ支持者から反発を受けたコカ・コーラ社ですが、こうしてみると一歩も退く気はないようですね。その心意気やよし。

米保守派団体、ディズニーアニメの同性間キスシーンに激怒

Disney Star Vs. the Forces of Evil Cinestory Comic

ディズニーのエンターテインメントチャンネル「ディズニーXD」が、アニメ『悪魔バスター★スター・バタフライ』に同性同士のキスシーンを登場させたことを受け、米保守派団体「ワン・ミリオン・マムズ」が激怒しています。

詳細は以下。

One Million Moms Hiss As Disney Airs First Gay Kiss: VIDEO - Towleroad

問題のシーンはこちらです。

これは本国で2017年2月23日に放映されたS2E20"Just Friends"のひとこま。1:25あたりから描かれるさまざまなカップルのキスシーンで、男性同士とおぼしき組み合わせのキスが描かれているのがわかります。

ディズニーがテレビ番組に同性同士のカップルを登場させるのはこれが初めてではなく、2014年には実写シットコム『グッドラック・チャーリー』でレズビアンカップルを親に持つ子供を描いて話題を呼んでいます。また、米国のアニメにクィアな要素が出てくるのも、今ではもう珍しいことではありません。たとえばニコロデオンの『ザ・ラウド・ハウス(The Loud House)』は2016年に既婚ゲイカップルを登場させていますし、カートゥーン・ネットワークは2014年に『クラレンス(Clarence)』でレズビアン・マザーを描いています。同じくカートゥーン・ネットワークの『スティーブン・ユニバース(Steven Universe)』は、非ヘテロのカップルのみならずジェンダークィアな(性別二元論にとらわれない)表現が多いことでも有名です。ただし、ディズニーのアニメで同性間のキスが描かれたのはこれが初めてなので、それでちょっと話題になっているふしはあります。

ゲイに肯定的なあらゆるものへのボイコットにいそしむアンチゲイ団体「ワン・ミリオン・マムズ」(One Million Moms)が、上記のキスシーンに嚙みつかないはずはありません。同団体はさっそくWebサイトで、「性的指向に関するコンテンツは、親が子供の眼前にもっとも突き付けられたくないと思うもの」であるという持論を展開し、「家族向けの(family-friendly)娯楽を提供しない限りディズニーを支持しない」とディズニーに訴えかけるための署名運動を始めています。日本時間で2017年3月4日現在、署名はまだ4万筆にも達していません。前々から言われていることですが、どう考えても100万人(ワン・ミリオン)もいないよね、この団体。

「ワン・ミリオン・マムズ」の上記の主張が根本的におかしいのは、(1)世の中の親も子も決して全員が異性愛者というわけではなく、(2)非ヘテロの家族もまた家族であり、(3)子供にヘテロ以外の性的指向について偏見を持ってほしくないと思っている親も少なくないということを無視しているという点です。冷静に現実を見れば、たとえ親子ともどもシスジェンダーの異性愛者であろうとも、友達の親が同性同士のカップルだったり、街中でゲイカップルを見かけたり、あるいは身近な人がクィアだったりすることはもはや珍しくない(『いいや珍しい!』とお思いの方は、統計調査の結果をごらんになるといいと思います。これとかこれとか)わけで、前述の『グッドラック・チャーリー』や『クラレンス』等々はそうした現実により忠実な作品づくりをしているだけなのでは。これまでこの団体のボイコットが企業に影響をもたらしたためしはないので今回も大丈夫かとは思いますが、トランプ政権で差別にお墨付きが出たと思って調子づいているホモフォーブが彼女らの尻馬に乗らないか、それだけが心配です。

そうそう、本来こういうことだよね。シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラがコミカルなカミングアウト動画を発表

Sydney Gay & Lesbian Mardia Gras Songs

豪州シドニーで毎年開催される性的少数者の祭典「シドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラ」が、家族へのカミングアウトをテーマにしたユニークなCMを発表しています。

詳細は以下。

This hilarious video is built around a strange metaphor for being gay / LGBTQ Nation

動画はこちら。

この動画のタイトルは「一大事("The Big Deal")」。登場するのは、お父さんの誕生日を祝うため庭でバーベキューをしている一家。ハッピーバースデーの歌を歌い終わって、みんなが肉やソーセージにバーベキューソースをかけていると、息子が立ち上がって緊張したおももちで話し始めます。息子の隣の席には、恋人とおぼしき男性が座っています。

「母さん、父さん、話したいことがあるんだ……」

"Mum, dad, I have something to tell you..."

典型的なカミングアウトの場面ですが、この次に来る発言はこれです。

「ぼくは(バーベキューソースではなく)トマトソースが好きなんだ」

"I like tomato sause."

息子の爆弾発言に凍り付く家族たち。やがて父親がぎこちなく笑い出し、冗談として流そうとするのを見て、息子は断固としてこう続けます。

「いや、父さん、ぼくはトマトソース好きの男なんだよ。前からずっとそうだった」

"No, Dad, I'm a tomato sause man. Always have been."

家族たちは黙り込み、父親はひとり席を立って、鏡の前で苦悩し始めます。しかしその後、まなじりを決して戻ってきた彼は、まっすぐ息子に歩み寄って力いっぱい抱きしめるのでした。食卓には打ち解けた空気が戻り、全員がまた楽しくバーベキューを食べ始めます。

ここでよく見ると息子は隣の席の男性とキスをかわしていて、ふたりの薬指にはおそろいのリングが光っています。こっちはどうでもいいんかいというオチですが、考えてみれば、「好きになる相手のジェンダーが何であるか」なんて、「バーベキューにかけるソースは何が好きか」というのと同程度の些事なはず。動画の最後には、駄目押しにこんなテロップが出てきます。

単純な相違で大騒ぎするべきではありません。

A SIMPLE DIFFERENCE SHOULDN'T BE A BIG DEAL.

まったくその通りだよね。ソースの好みの違いでいちいちショックを受けたり苦悩したりする必要はないのと同様、性的指向の違いで大騒ぎする必要も実はないのだということに皆が気づいて、少数派がわざわざ「カミングアウト」する必要がなくなる日が早く来るといいね。

余談ですが、上記のテロップの後にこんなギャグが用意されているところにも笑いました。おばあちゃんがこう言い出して、みんなに止められてるんです。

「あたしゃ1964年にトマトソースを試してみたことがあるんだよ、それでね……」

"In 1964, I've tried tomato sauce before..."

現実のカミングアウトでも、身近な人からこういう「実は昔自分も」発言が飛び出すことってありますからね。そのへんも含めて、よくわかってる人が作った動画だなあと思いました。

「あなたの愛を3語で語って」。ガガ様、エレン、ファレル・ウィリアムスが"The Love Project"のCMで呼びかけ

Glamulet Art Women's 925 Sterling Silver Rose Gold Love Heart Openwork Charm Fits Pandora Bracelet by Glamulet

レブロンのチャリティー運動"The Love Project"の30秒CMに、ガガ様とエレンとファレル・ウィリアムスが出演。「愛とは……」とさまざまな(そしてユニークな)定義を披露したのち、視聴者に「あなたの愛を3語で語って」と呼びかけています。

詳細は以下。

Ellen, Lady Gaga & Pharrell team up for ‘The Love Project’ in uplifting video / LGBTQ Nation

動画はこちら。

Peopleによると、レブロンはこの"The Love Project"キャンペーンで集まったお金を、自社から提供する100万ドルと合わせてWomen's Heart Alliance Born This Way FoundationFrom One Hand To AnOTHERThe Trevor Projectなどのチャリティ団体に寄付する予定だとのこと。

動画の中で3人がさまざまに語る「愛」の定義が、全っ然恋愛限定じゃないところがとてもいいですね。そしてやっぱりエレンがギャグを言っているところも。

上記の動画は、米国では第89回アカデミー賞授賞式の最中にオンエアされたとのこと。その少し前にガガ様がInstagramで発表していたこちらのティーザーも素敵なので、合わせて貼っておきます。

オーストラリア・ニュージーランド銀行が同性カップルの手つなぎCMをリリース

03.DarrenLabbe.CircleBar.WDC.7June1996
03.DarrenLabbe.CircleBar.WDC.7June1996 / Elvert Barnes

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が、社会的偏見のために一部のカップルが人前で手をつなぎにくい状況を変えようと呼びかけるCMをリリースしました。

詳細は以下。

Heartwarming advert encourages gay couples to keep holding hands · PinkNews

動画はこちら。

ANZはシドニー・ゲイ・アンド・レズビアン・マルディグラのプリンシパル・パートナーで、オークランド・プライド・フェスティバルも支援している企業。ほら、2014年にマルディグラ支持を表明するために街角のATMを「ゲイTM」に変貌させ、話題を呼んだ銀行があったでしょ。あの銀行です。そのANZがYouTubeで今回のCMに添えたキャプションはこちら。

2017年でさえも、手をつなぐというシンプルな行為がまだ難しい人たちもいる――それを変えよう、そして#しっかり手をつなごう

Even in 2017, the simple act of holding hands is still difficult for some people - let's change that and #HoldTight

レズビアンであるあたしは今でこそわりと平気で人前で恋人と手をつないでいますが、こうできるようになるまでにはずいぶん時間がかかりましたし、場所はやっぱり選んでいます。なぜ場所を選ぶのかというと、YouTubeの上記動画のコメント欄に書き込まれていた下記のようなことが、日本でもいくらでも起こり得るからです。

電車の中で隣にいた見知らぬ人が、ぼくの彼氏の手がぼくの膝に乗っているところを写真に撮って、誰かにメールで送った。その人はメールの中で、「ゲイたち」の隣に座っていることを嘆いていた。彼は電話が見えないようにぼくの視線をさえぎろうとしていたが、うまくいってはいなかった。「そういうことはしないでください」と言ったところ、彼は電車を降りるまでずっと寝たふりをしていた。

A stranger next to me on a flight took a picture of my boyfriend's hand on my knee and texted it to someone. In his message he lamented that he was sitting next to "gays". He tried to shield his phone from my line of sight, but that didn't work out well for him. I told him, "Please don't do that." He pretended to sleep the rest of the flight. #

そうそう、こういう「珍奇な見世物扱い」が嫌なんですよ。日本でも見かけるでしょ、「どこそこで百合/ゲイカップルを目撃しました!」とか言って写真やら解説イラストやらをソーシャルメディアに載せて騒いでる人。あるいは、そこまではしなくても、いちいち驚愕して凝視してきたり、ばれてないつもりで一生懸命チラチラ見てきたりする人(全部バレてますよー)。この手の人々にとっては非ヘテロとは肖像権もプライバシーの権利もないただのネタなのでしょうが、こっちは生きてる人間なんですよね。

YouTubeのコメント欄にはさらに洒落にならない体験談もありました。

この動画は美しかったし、たいていの場合において素敵な考えだろうと思うけど、手をつないでいると危険な目に遭うときもあります。1年前、わたしは彼女と手をつないでいて、ふたりとも階段でふたつ下の踊り場まで突き落とされました。気を付けてください、安全でないと思ったときは手をつながないで。

This was beautiful and most of the time this would be a lovely idea but sometimes holding hands can and does lead to abuse. A year ago I was holding hands with my gf and we got pushed down 2 flights of stairs. Please be careful and if you really do feel unsafe DON'T hold hands.

ANZからの返事は、こう。

同意せざるを得ません――安全が何より大切であり、ご経験をうかがってお気の毒に思います。この問題への関心を高めることが、誰もが何のためらいもなく手をつなげる末来につながるよう願っています。

We have to agree - safety should come first and we're sorry to hear about your experience. We hope that raising awareness will lead to a future where anyone can hold tight without a second thought.

早くそういう末来が来てくれるといいなあ。