石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

2009-07-18から1日間の記事一覧

『たまとたまと(1)』(ちんじゃおろおす、グリーンアロー出版社)感想

17歳の女子高生「葵」が巫女の「たま」と同居するという、ライトな和風伝奇百合漫画。ホモフォビアはなく、百合部分もほのぼのしていて、楽しく読めました。ただし、お話の流れや画面構成、台詞回しなどにはかなり荒削りな印象も残ります。