石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

2010-10-20から1日間の記事一覧

『はやて×ブレード(13)』(林家志弦、集英社)感想

状況説明が多い分、いつものドツキ漫才風ハイテンションギャグは控えめ。またバトルも数ページのみで、正直ちょっと物足りない印象は否めません。しかしながら、そんな中、pp. 158 - 160での玲と紗枝の会話が飛び抜けてよかったです。