石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

2011-01-19から1日間の記事一覧

『はる×どり』(渡真仁、芳文社)感想

のんびり屋の女子高生はると、その優等生の友人京子の受験生ライフを描く4コマ。百合だという噂を聞いて買ってみたのですが、どこが百合なんだかまったくわからずじまいでした。はるが寝ぼけて「あなたが好きだから!」と叫ぶ場面こそあれ、深い意味はぜんぜ…

『ゆるゆり(4)』(なもり、一迅社)感想

ゆるくてアホな学園百合コメディ第4巻。限定版付録小冊子「がちゆり」だけでたっぷり笑わされ、本編にも大満足。これまでと同じく、ギャグも百合も冴え渡った逸品でございました。新キャラ3人がまったく違和感なくお話に溶け込んでいるところもうまいなあ。