石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

2011-01-22から1日間の記事一覧

『オクターヴ(6)』(秋山はる、講談社)感想

元アイドルの雪乃と、作曲家の節子の危なっかしいラブストーリー第6巻。これで完結です。レズビアンカップルとしての生活感といい、容赦なく心を抉る部分といい、ふたりの成長と調和といい、文句なし。ただの恋愛ものの枠を越えて、いたいけでいとおしい思春…