石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

2016-02-12から1日間の記事一覧

誰も死なない(!)極上のラブロマンス― 映画『キャロル』感想(ネタバレあり)

1952年のニューヨークを舞台に描かれる、19歳の女性テレーズと美しい人妻キャロルとの濃厚なラブロマンス。巧みな暗喩表現や、マッドマックスにも通じる今日的なメッセージ、奥行きのある人物造形、そして誰も死なないオチのつけ方が大変よかったです。