石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ドラマ

『ブラック・ミラー』S3E4「サン・ジュニペロ」が第69回エミー賞で2冠(追記あり)

Netflixオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』S3E4「サン・ジュニペロ」が、第69回エミー賞リミテッドシリーズ/テレビ映画部門作品賞(テレビ映画)を受賞しました。女性同士のラブストーリーの回ですよ!

リナ・ウェイスが第69回エミー賞コメディ作品部門脚本賞受賞 スピーチで「LGBQTIAファミリー」にメッセージ(追記あり)

Netflixドラマ『マスター・オブ・ゼロ』S2E8「サンクスギビング」で、リナ・ウェイス(Lena Waithe)がアジズ・アンサリ(Aziz Ansari)と第69回エミー賞コメディ作品部門脚本賞受賞を共同受賞しました。

ジェーン・リンチが4つめのエミー賞受賞

オープンリー・レズビアンの米女優ジェーン・リンチが、Amazonのドラマシリーズ『Dropping the Soap(原題)』で、第69回プライムタイム・エミー賞の短編コメディ/ドラマ部門女優賞を受賞しました。詳細は以下。SNL, Stranger Things & Westworld Win Big at…

ラヴァーン・コックスが霊能者役に。ABC新ドラマ『Spirited』

パイロット版の製作が決定された米ABCの新作ドラマ『Spirited』に、ラヴァーン・コックス(Laverne Cox)が霊能者役で出演するそうです。エグゼクティブ・プロデューサーはエリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)。

ドラマ『スーパーガール』S2ブルーレイ/DVD(日本語版)発売開始 日本での放送は2017年10月14日(土)深夜0時から(追記あり)

女性同士の恋愛要素が大いに反響を呼んだ米ドラマ『スーパーガール』シーズン2の日本語版ブルーレイ/DVDが、2017年9月6日に発売されました。さっそく入手したので、特典映像の内容や日本での放送予定などについてちょっと書いておきます。

米ドラマ『Doubt』最終回が超好評

ラヴァーン・コックスがトランス女性の弁護士キャメロン・ワース役を演じる米ドラマ『Doubt』の最終回が、2017年8月19日に米国で放映されました。Autostraddleが、キャメロンのストーリーラインがすばらしかったと報じています

今週の未紹介LGBTニュース(2017年8月20日)

英映画『God's Own Country』新トレイラー 上半身裸のバイオリニストが『リトル・マーメイド』をゲイなフェアリーテイルに ションダ・ライムズが米ABCと袂を分かちNetflixと契約 余命宣告されたおじいちゃん、レズビアンの孫娘のプロポーズに動画で協力 「男…

Netflix以外からウォシャウスキー姉妹に『Sense8』シーズン3制作の申し入れ

先日打ち切りが決定した後、ファンからの要望で2時間の完結編が作られることになったNetflixオリジナルドラマ『Sense8』。「うちで続きを作らせてほしい」という申し出を、意外な企業が公開書簡のかたちで発表しました。

よくぞここまで軌道修正―ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』シーズン4感想

話の枝葉をみごとに整理 タチアナ・マズラニーが10人以上のクローン姉妹(レズビアン含む)を演じるスリリングなSFドラマ。迷走気味だったS3から一転、話の枝葉がうまく刈り込まれているし、手ごわい敵も驚きの展開もあり、よくぞここまで軌道修正したものだ…

米長寿昼ドラ『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』に初の同性愛展開 バックラッシュに女優がナイスな切り返し

1973年から続いている米国のソープオペラ『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』で、初めて同性同士の恋愛関係が描かれました。保守派からの反発に対し、このカップルの片方を演じているキャムリン・グライムスが素敵な返しを見せています。

『スーパーガール』S3にマギーのホモフォビックな父登場 配役は『24』のカルロス・バーナード

『24 -TWENTY FOUR-』のトニー・アルメイダ役で知られる米俳優カルロス・バーナードが、『スーパーガール』S3でマギー・ソウヤーの父親役を演じるそうです。そう、マギーのあのホモフォビックなお父さんが、ついにドラマ内に登場するの。

ラナ・ウォシャウスキーとキャスト&クルー一同から、『Sense8』ファンに感謝の動画

8月8日はNetflixドラマ『Sense8』の誕生日。ラナ・ウォシャウスキーとキャスト&クルー一同が、同番組のファン宛ての心温まるメッセージを動画で発表しました。

米法廷ドラマ『Doubt』にトランスジェンダーの画期的描写が!

ラヴァーン・コックスが弁護士役で出ている法廷ドラマ『Doubt』S1E4に、3人のトランス女性が友達同士でサラダを食べながらデートについてあれこれ話し合う場面が登場しました。これがいかに画期的なことか、Vultureが詳しく報じています。

そしてマギー・ソーヤーは微笑んだ―ドラマ『スーパーガール』2x22感想(ネタバレ)

起死回生のチャンスに賭け、カーラはレア女王と一対一の決闘へ。苦渋を舐めつつも、最強のヒーローとしてナショナル・シティを守り抜きます。一方、アレックスとマギーの関係もまさかの急展開。あたかもOITNBやSense8とシンクロしたかのようよ。

今年(2017年)のエミー賞は史上最高にクィアかも

2017年の第69回エミー賞で、非ヘテロ・非シスジェンダーの俳優やクリエイター、クィアなテーマを持つ番組などが過去最多のノミネート数となったそうです。

あの人がついに帰還!!!!!!―ドラマ『スーパーガール』2x21感想(ネタバレ)

ダクサム星の生き残り艦隊からの総攻撃で混乱を極めるナショナルシティに、ついにあの人が帰ってきます。この! 時を! 待っていた! 全体的に女性陣の活躍がすばらしく、スカッとする回でした。

だからレナにしとけとあれほど―ドラマ『スーパーガール』2x20感想

デスパレートな姑ことレア女王がレナ・ルーサーを騙し、ある計画を実行。母親の愛に飢えたレナを、レアがやすやすとたぶらかしていく過程が怖いです。一方、ジェームズはようやくガーディアンの活動に疑問を感じ始めます。遅いわ。

『Sense8』が帰ってくる!! Netflix、2018年に2時間のスペシャル完結編を公開すると発表(追記あり)

先日オリジナルドラマ『Sense8』の打ち切りを発表したNetflixが、ファンの要望に応えて2時間の完結編を制作し、2018年に公開するそうです。やったあああああああ!!!!

シーズン2でいちばんいい回かも―ドラマ『スーパーガール』2x19感想(ネタバレ)

悪漢にさらわれたアレックスをマギーが救出する回。プロットに多少の穴はあれど、アレックスとマギーがステレオタイプな「囚われの姫と救い主」パターンとは違う奮闘ぶりを見せているところや、会話のはしばしにリアリティがあるところが大変よかったです。

レナ・ルーサーにしとけばいいのに―ドラマ『スーパーガール』2x18感想

レナ・ルーサーの元彼ジャックが登場する回。脚本もケイティ・マクグラスの色気も大変良くて、なぜカーラがレナではなくモン=エルなどとつきあっているのかますますわからなくなりました。レナにしとけばいいのに、ヘテロ(なのか、カーラは?)って大変ね。

あなたの「下の顔」はどんな顔―ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン5感想(ネタバレ)

S4終盤の事件を機にリッチフィールドで起こった暴動の3日間を追う、異色のシーズン。群像劇ゆえの雑多さはあるものの、第10話のスザンヌ(日本語字幕は『スーザン』)の台詞がキーワードとなって全体をうまくまとめているところはさすが。

NetflixドイツとNetflix南米のOITNBオリジナルCMが面白すぎる

ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のシーズン5配信開始(2017年6月9日)に向け、NetflixドイツとNetflix南米がそれぞれ発表した同番組のオリジナルCMが面白すぎるんですけど。日本でも作るべきじゃない、こういうの?

ドラマ『Sense8』シーズン2感想

仲間同士で感覚や能力を共有できる特殊能力者たちの苦闘を描くSFドラマ。個々のキャラごとの問題解決はまだ遠そうな半面、物語全体のテーマはいよいよ明確に打ち出されています。同性愛者やトランスのキャラの名シーンは、何度見ても泣きそう。

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の主要女性キャラ同士がキス シーズン7トレイラーで

エミー賞12冠受賞の米ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン7(日本でのサブタイトルは『第七章:氷と炎の歌』)のトレイラーに、女性の主要キャラ同士のキスシーンが登場しています。

ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン5最新トレイラー

Netflixの人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン5の、配信開始日(2017年6月9日)一か月前の最新トレイラーが公開されました。2分間もあって各キャラの見せ場もたっぷり、英語字幕つきだから内容もわかりやすいよ!

Netflixドラマ『センス8』シーズン2オフィシャルトレイラー

多様なジェンダーとセクシュアリティのキャラたちが活躍するNetflixオリジナルドラマ『センス8』シーズン2は、2017年5月5日配信開始。YouTubeでトレイラーが公開されています。

しょぼい嫁姑バトル―ドラマ『スーパーガール』2x17感想

地球から連れ去られそうになったモン=エルが救出される回。スーパーヒーローのドラマのはずだったカーラの物語が、今やただの「ダメ男をめぐる、しょぼい嫁姑流血バトル」と化してしまっています。サンバースのストーリーとの落差が痛々しいです。

Netflixで見られる、LGBTQ+キャラのいるTVドラマベスト9(by Pinknews)

英国のニュースサイトPinknewsが、Netflixで見られるTVドラマの中から、LGBTQ+キャラの登場する作品のベスト9を選んでいます。うち8本は日本のNetflixでも視聴可能(2017年3月現在)です。

ようこそテリー・ハッチャー―ドラマ『スーパーガール』2x16感想

カーラがついにモン=エルの正体を知る回。とある星の王妃役で登場するテリー・ハッチャーと、一瞬だけ出てくるアレックス&マギーのアットホームないちゃいちゃシーンが良かったです。それ以外はぐだぐだ、特にモン=エルのストーリーラインが超ぐだぐだ。

スナッパーがいいこと言ってる―ドラマ『スーパーガール』2x15感想

カドマスに拉致された異星人を救う回。カーラの嫌味な上司、スナッパーのジャーナリズムに関する発言が的確で、面白かったです。サンバースの描写もおおむねいい感じ。でもモン=エルの鬱陶しさはそろそろ限界レベルかも。ヘテロはあれ見て怒らないの?