読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

香港がゲイ・ゲームズ開催地に立候補 実現すればアジア初

香港がLGBTIのスポーツの祭典「ゲイ・ゲームズ」第10回大会(2022年)の候補地として名乗りを上げました。もし選ばれれば、香港はアジア初のゲイ・ゲームズ開催地となります。

ブルーマングループが米ノースカロライナでの公演中止 HB2への抗議で

米国のパフォーマンス集団、ブルーマングループ(Blue Man Group)が、ノースカロライナ州の州法「HB2」に抗議するため、同州での公演を取りやめると発表しました。

オープンリー・バイセクシュアルの英女子ボクサー、リオ五輪の切符を手に

英国の女子アマチュアボクシング選手で、両性愛者であることを公表しているニコラ・アダムズ(Nicola Adams)選手が、2016年リオデジャネイロ五輪への出場権を獲得しました。

LGBTの人々はそうでない人の約2倍サイバーいじめに遭いやすい(米調査)

米国の世論調査会社ハリスが、LGBTの人々はそうでない人よりもいじめに遭いやすく、特にサイバーいじめに関しては約2倍の被害経験があるという調査結果を発表しました。

スプリングスティーンだけじゃない! 米国の反LGBT法に対するミュージシャンたちの反応あれこれ(追記あり)

米国ノースカロライナ州やミシシッピ州で成立した反LGBT法に対し、ミュージシャンたちがさまざまな反応を見せています。抗議のためにこれらの州でのコンサートを中止する人もあり、逆に抗議のためコンサートをする人もあり。彼らの声をまとめてみました。

米ミシシッピ州で反LGBT法成立

米国ミシシッピ州で2016年4月5日、宗教を理由としてLGBTの人々などへのサービス提供を拒否することを認める新法が成立しました。以下のニューズウィーク日本語版の説明がわかりやすいです。

英国の両性愛者ティーン、ホモフォビックなおばに痛烈な切り返しを見せる

英国在住の10代両性愛者女性「チャーリー」(charlie)さんが、彼女を「オカマ」呼ばわりしてひどいことを言ったおばに対して送ったテキストメッセージのスクリーンショットをTwitterで公開し、話題を呼んでいます。

カーラ・デルヴィーニュがYSLパリコレの顔に

元モデルでオープンリー・バイセクシュアルのカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)が、イヴ・サンローランの新作コレクションのキャンペーンに起用されました。写真が超ホット。

米ジョージア州知事、反同性愛法案に拒否権発動

「米ジョージア州の反同性愛法案にエンタメ界が『ノー』」の続報。2016年3月28日、同州のネイサン・ディール知事が、この法案に対し拒否権を発動すると発表しました。

米ジョージア州の反同性愛法案にエンタメ界が「ノー」 Netflixもボイコット表明

米国ジョージア州で可決された法案が同性愛差別的だとして、同国のエンタテイメント企業が続々と同州での撮影ボイコットを表明しています。ディズニーやマーベルに続き、Netflixなどもボイコットに加わりました。

『にじ色の本棚 LGBTブックガイド』(原ミナ汰&土肥いつき編著、三一書房)感想

新旧合わせ計72冊の性的マイノリティ関連の本と、映画11本を紹介する本。紹介作品のチョイスが網羅的で、かつ「LGBT」という枠組みにとらわれないバランス感覚もあり、悩める10代から仕事で性的少数者の支援にあたる人まで広くおすすめできそう。

30日間で4人のレズビアン/バイセクシュアルのキャラが殺される。米TVの陳腐な「ゲイを葬れ」パターンに抗議多発

米国で放送中のTVドラマで、この30日間だけで4人ものレズビアンとバイセクシュアル女性の登場人物が殺されました。これを機に、米TV界の「ゲイを葬れ」(Bury Your Gays)という陳腐なパターンに対する抗議が巻き起こっています。

Z世代(13~20歳)の約半数は「完全に異性愛者」ではない(米研究)

米国の広告代理店による調査で、同国のいわゆるZ世代(13~20歳)は、その上のミレニアル世代(21~34歳)よりもジェンダーやセクシュアリティについて偏見がなく、自由な考えを持っているということがわかりました。

セクシュアリティを「一時的なもの」と言われたことのあるすべての人への朗読詩

シスヘテロ以外のセクシュアリティが「ただの一時的なもの」「いずれ卒業するもの」として軽んじられるのは、どこの国でもよくあること。BuzzFeedが、そういう決めつけをされたことのあるすべての人に贈る朗読詩の動画を発表しました。

BuzzFeed、有名映画のLGBT版ポスターで映画界のダメっぷりを皮肉る

BuzzFeed発表した、有名映画の主要キャラをLGBTの人々に置き換えたポスターの製作動画がたいへん面白いです。ポスターとしての完成度の高さもさることながら、映画界の白人シスヘテロ中心主義への批判がピリリと効いてるところがたまりません。

パナソニック、JAL、そして三重県伊賀市。国内最新LGBT事情あれこれ(追記あり)

パナソニックが同性カップルを結婚に相当する関係として福利厚生の対象に含める方針を固めました。JALはマイレージで同性カップルを家族扱いとし、三重県伊賀市は同性パートナー宣誓書の受付を開始すると発表。というわけで、いろいろ動いてますよ日本も。

HERが女性同士のバレンタインデー用カードをリリース

レズビアン・クイア・バイセクシュアル女性向けソーシャルアプリ「HER」のWebサイトが、女性同士のカップル用バレンタインカードを販売してます。

英歌手「自分のセクシュアリティにラベルは貼らない」→メディアがこぞって「両性愛をカミングアウト」とラベル貼り

英国のボーイバンドの歌手が男女両方との交際経験があることを公表し、「自分に(セクシュアリティの)ラベルを貼るつもりはない」と発言しました。にもかかわらず複数メディアがこのニュースを「『両性愛の』カミングアウト」として報じ、批判されています。

ハーレムのヘイト教会がLGBTユースのシェルターに変わるかも

米国ニューヨークのホモフォビックな教会が、借金と税金の不払いのため競売にかけられることになりました。LGBT支援団体がこの建物を買い取ってLGBTユースのシェルターにする計画を立て、クラウドファンディングで資金を募っています。

テネシー州のヘテロ学生、「異性愛者のプライド」を誇示してハラスメントに鋭意邁進

米テネシー州の高校で、ヘテロ学生たちが「異性愛者のプライド」と書いた看板を手にLGBT生徒の周囲をうろついたり、GSA(ゲイ・ストレート同盟)のポスターを汚損したりしています。きっかけは、あるホモフォビックな保護者による発言でした。

NHL初。エドモントン・オイラーズ、「プライド・テープ」でLGBTQ支援を表明

カナダのホッケーチーム、エドモントン・オイラーズが2016年1月24日、レインボーカラーの「プライド・テープ」を巻いたスティックでプレイすることでLGBTQユース支援を表明しました。NHLでこのテープを使ったのは、同チームが初とのこと。

非LGBTの半数が「同性愛者はもう平等」と思い込んでてヤバげな気配(米調査)

米LGBT団体GLAADとハリス世論調査によるた調査で、米国の非LGBTの人びとの約半数が「同性愛者はもう平等に扱われている」と考えていることが判明。GLAADは、この「独りよがりの満足」が社会の進歩を妨げる恐れがあると警告しています。

諜報機関はLGBTの就職先に最適? 英団体がトップ100雇用者リスト2016発表

英国のLGBTチャリティ団体・ストーンウォール(Stonewall)が発表した「トップ雇用者リスト2016」で、同国のMI5(情報局保安部)が栄えある1位に輝きました。「多様性はMI5にとってきわめて重要」と、同機関のトップは語っています。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン4トレイラー(その1)

Netflixがドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』(原題:"Orange is the New Black"シーズン4のトレイラーをリリースしました。

履歴書でLGBTだとわかる女性は書類選考で落とされやすい(米研究)

就職活動にあたって、LGBTだとわかる要素(LGBT団体での勤務経験など)が履歴書に記載されている女性は、そうでない女性に比べ書類選考で落とされる確率が約30%高いとする研究結果が発表されました。

オリヴィア・ワイルド「女性に口説かれるのは光栄の至り」

TVドラマ『Dr.HOUSE』『The O.C.』などでのバイセクシュアル役で知られる米女優オリヴィア・ワイルド(Olivia Wilde)が、Advocateのインタビューで「女性に口説かれることは光栄」だと言っています。

「ボーン・ディス・ウェイ」説はホモフォビアを減らす最善策ではないかも(米研究)

米国テネシー大学の研究者らが、「性的指向は生まれつき」と主張することは、同性愛者や両性愛者への偏見を減らすのにもっとも効果的な策とは言えないかもしれないとする研究結果を発表しました。

2015年いしゆり人気記事ベスト20

当ブログ「石壁に百合の花咲く」の2015年の全489記事から、被はてなブックマーク数にもとづくトップ20ランキングを作ってみました。

NHKが「LGBT当事者アンケート調査」結果発表

NHKが日本全国の性的マイノリティ当事者を対象に実施した大規模なWebアンケート調査の結果を発表しました。調査時期は2015年10月の計21日間で、全国47都道府県の計2600人が回答。分析には専門家が加わっています。

LGBTセレブのクリスマス写真2015アソート

ニール・パトリック・ハリス一家の写真だけ貼って喜んでる場合じゃなかった。他のLGBTセレブもクリスマス写真をいっぱい発表してたので、遅ればせながらちょっと紹介してみます。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のクリスマス動画

Netflixが人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のクリスマス動画を発表しました。タイトルを訳すと「クリスマスがきた(リッチフィールドに)」てな感じで、全体が有名な英詩「クリスマスがきた」のパロディーになっています。

半数が非ヘテロ! 「コスモポリタン」が選ぶ2015年ドラマのホットなセックスシーンTOP10

「コスモポリタン」オンライン版で発表された、「2015年のTVで最もホットなセックスシーンTOP10」(The 10 Hottest Sex Scenes on TV in 2015)のうち、実に5つがクィアなセックス描写でした。

『キャロル』ほか、第73回ゴールデングローブ賞LGBT関係受賞候補リスト

AfterEllenが第73回ゴールデングローブ賞候補の中からLGBT関係のノミニーを集めた特集を組んでいます。日本未公開の作品もあるので、自分が受賞式を見るときわかりやすいよう、作品情報などを添えてリスト化したものを作ってみました。

ゲイ/バイ息子とトーチャンカーチャンの会話

BuzzFeedがTumblrなどから収集した、LGBTキッズとその両親の会話集(子供視点)が大変面白いです。世の中、「LGBTの子供=親に理解されず可哀想」というステレオタイプもある一方で、案外こんなファニーな日常もあるのよ。

「LGBTの平等を求める戦いは終わっていない」ヒラリー・クリントンが新動画リリース

共和党の大統領候補がマイノリティーへの差別発言を繰り返す中、ヒラリー・クリントンが「LGBTの平等を求める戦いは終わっていない」と訴える動画を新しくリリースしました。

ロシアのTV司会者(81)、同性愛宣伝禁止法に反対

ロシアのTV司会者でジャーナリストのウラジミール・ポズナー(Vladimir Pozner)氏が、同国の同性愛宣伝禁止法は無意味であり、撤廃すべきだという考えを示しました。

アイルランドがLGBTI教師への差別禁止法案可決

アイルランド共和国の下院が、2015年12月2日、宗教系の学校や病院がLGBTIの職員を差別することを禁じる法案を可決しました。この法案は既に上院を通過済みで、大統領の署名により成立する見通しだとのこと。

「カミングアウトはしてません、もともと隠れていないから」米女優ホランド・テイラー(72)語る

『Lの世界』の両性愛者のおばあちゃん役などで知られるベテラン女優ホランド・テイラー(Holland Taylor)が、ラジオのインタビューで、現在女性と交際していると語りました。これまでにつきあった相手も女性がほとんどだったとのこと。

インド・ニューデリーのクィア・プライドに多数参加 平等を訴える

2015年11月29日、インドのニューデリーで毎年恒例の「クィア・プライド・パレード」が開催され、多くの参加者がジェンダーとセクシュアリティーの多様性を祝いました。詳細は以下。Delhi Queer Pride makes a statement on ‘muzzling’ of individual rights …

LGBTフレンドリーな米教会、1年以上にわたりガラスを割られ脅迫される

米カンザス州ウィチタの教会が、牧師が地元のLGBTコミュニティーのリーダーであるという理由でガラスを割られたり電話やメールで脅迫されたりという被害に遭い続けています。この1年間だけで84枚ものガラスが割られ、犯人はまだ見つかっていません。

「感謝祭なのに居場所がない? うちにおいで!」とあるお母さんがよるべない子を助けるグループ創設

4児の母にしてLGBTアライのジェイミー・オルティーズ(Jami Ortiz)さんが、親から見捨てられたLGBTティーンを家に招いて祝祭日の食事を分かち合うFacebookグループを始めました。

豪州でLGBTの多様性を教える教材「All OF Us」発表

オーストラリアで、ジェンダーや性の多様性とインターセックスについて教えるための教材「All Of Us」が開発されました。政府出資によるこの教材は7~8年生(12~13歳)を対象としており、あらゆる学校がダウンロードして使えるとのこと。

ウガンダが新たな反同性愛法可決

ウガンダ議会が2015年11月26日、同性愛の「宣伝」やLGBTI支援にたずさわる非政府組織を違法とする法案を可決しました。これにより、性的少数者の権利運動は、最高で懲役8年の刑となる可能性があります。

キンゼイ博士は間違っていた。性的指向はグラデーションじゃない(米研究)

ワシントン州立大の研究者らが、人間の性的指向はキンゼイ博士が主張したような連続体ではなく、「異性愛者」「非異性愛者」というカテゴリーに分けてとらえた方が的確であるとする研究結果を発表しました。

15歳LGBT女子生徒の約半数が自傷経験あり(英調査)

英ノース・ヨークシャー州議会が同州の子供約2万人を対象に実施した調査で、LGBTの生徒たちはいじめや自傷行為などを経験するリスクが有意に高いと判明しました。10年生(15歳)のLGBT女子生徒では、54%に自傷行為の経験があったそうです。

空飛ぶAセク国で鷹を馴らす、それともバイセクシュアル湾で船を造る? ホモフォビックなSNSポストから一大ファンタジー誕生 

Tumblrに投稿されたとあるホモフォビックな意見にさまざまな性的マイノリティーがおもしろがってレスをつけ、結果として壮大なSFファンタジーワールドができあがってしまいました。あたし、レズビアン島から一脇役として参加するわ。。

ホモフォビアに立ち向かう女性は男性の2倍(英調査)

インターネットリサーチ会社「YouGov(ユーガブ)」が英国で実施した調査で、LGBTの人たちに対して侮辱的なことを言う人に立ち向かう女性は男性の2倍いるとわかりました。

ウクライナが職場でのLGBT差別禁止

ウクライナ議会が2015年11月12日、職場での性的指向や性自認にもとづく差別を禁じる法案を可決しました。

香川のNPOが「どんな性別でも使えるトイレのマーク」投票受付中 2015年12月20日〆切

香川県の非営利団体プラウドが、公募で寄せられた「どんな性別でも使えるトイレのマーク」のうち一次審査を通過した12点への一般投票を募っています。フォームにチェックを入れて送信するだけで誰でも投票でき、応募締め切りは2015年12月20日。

第7回香港プライドパレードに約1万人が参加

2015年11月7日に開催された第7回香港プライドパレード(香港同志遊行)に、約1万人が参加しました。香港ではそのわずか2日前、カトリックの聖職者が同性婚や反差別法を「世界をひっくり返してしまう」ものとして非難したばかりです。