読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャー。

米ドラマ『スーパーガール』第3シーズン制作決定

CWがドラマ『スーパーガール』の第3シーズン制作を発表しました。よかった、これでまたサンバース(本作品のバッドアスな女性同士のカップル)の活躍が楽しめるわ。本屋で泣いてしまったあのレズビアン(たぶん)の女の子のためにも、本当によかった。

三角関係に(ついに)進展が!!!!(※追記あり)―"Princeless: Raven the Pirate Princess Book 3: Two Boys, Five Girls, and Three Love Stories" (Whitley, J., Higgins, R. & Brandt, T. Action Lab Entertainment) 感想

クィアな海賊娘レイヴンの活躍を描くグラフィックノベル、第3巻。女同士の三角関係についに大きな進展がみられる一方、続刊への引っ張り方もお見事。差別や不平等への反発も相変わらずパワフルで、新キャラ・レイラニの決め台詞が特に痛快です。

Google JapanのCMに「彼に気持ちを伝えたい」男性登場

Google Japanが2016年12月31日に発表したCM「Google アプリ:今年は『やりたい』からはじめよう 篇」の中で、新年の抱負を述べるさまざまな人に混じって、若い男性とおぼしき人物が「彼に気持を伝えたい」と表明しています。

ブラジルのゲイ大学生、卒業式にドレスとヒールで出席し大学のホモフォビアを告発

ブラジルの航空技術大学(Instituto Tecnológico da Aeronáutica/ITA)で同性愛嫌悪的ないじめを受けていたゲイ生徒が、卒業式に真っ赤なドレスとハイヒールを着用して出席し、同大学のホモフォビアを批判しました。

『スーパーガール』のプロデューサー、グレッグ・バーランティとサッカー選手ロビー・ロジャースが婚約

ドラマ『スーパーガール』、『ARROW / アロー』、『ドーソンズ・クリーク』などで知られるプロデューサーのグレッグ・バーランティ氏が、米国のプロサッカーチームLAギャラクシーのロビー・ロジャース選手との婚約を発表しました。

ニューヨーク新地下鉄駅に既婚ゲイカップルの壁画登場

2017年1月1日(日本時間で2日)に米ニューヨーク市で新たに開通した地下鉄路線「セカンドアベニュー線」の駅のひとつに、手をつなぐ男性同士のカップルを描いたモザイク壁画が設置されました。モデルをつとめたのは、実在の既婚ゲイカップルです。

レズビアンのUFC女子チャンプがロンダにKO勝利

UFC女子バンタム級王者アマンダ・ヌネスが、2016年12月31日のUFC207でロンダ・ラウジーと戦い、KO勝ちでベルトを守りました。ヌネスは同性愛者であることを公表しており、UFC初のオープンリー・ゲイの王者と呼ばれている選手です。

サミラ・ワイリーとローレン・モレッリが「Out Magazine」の表紙に

ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』プッセイ役の米女優サミラ・ワイリーと、同作品の脚本家でサミラの婚約者のローレン・モレッリが、米誌『OUT Magazine』2017年2月号の表紙に。写真もいいし、ふたりへのインタビューも面白いよ。

彼氏がいる野球少年と、その家族の物語。コダックのショートフィルム"Understanding"

コダック映画フィルム(Kodak Motion Picture Film)がYouTubeで発表した3分弱の動画"Understanding"が泣かせます。同性の恋人がいることが家族にばれてしまった男の子の話で、映像だけで全ての意味がわかるようになってます。

ファンサービスとサスペンスたっぷり―ドラマ『センス8』クリスマススペシャル感想

Netflixオリジナルドラマ『センス8』のクリスマススペシャルを見ました。以下、箇条書きでざっくりと感想など。

ダニエル・ブルックス(ft.ウゾ・アドゥバ)のクリスマスソングメドレー

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のテイスティ役、そしてミュージカル『カラーパープル』のソフィア役で大人気のダニエル・ブルックスによるクリスマスソングメドレーをどうぞ。さりげなく横でウゾ・アドゥバも歌ってます。

SNL「ダイク&ファッツ」のクリスマス動画

あっという間にもうクリスマスイブ。てなわけで、ケイト・マッキノンとエイディ・ブライアントのSNLでの人気シリーズ「ダイク&ファッツ」の、クリスマス編をどうぞ。

リブート版『ゴーストバスターズ』、IMDbの「2016年ベスト映画10」8位に輝く

『ゴーストバスターズ(2016年)』が、映画・テレビ・スターの大手データベースサイトInternet Movie Database(インターネット・ムービー・データベース/IMDb)が選ぶ2016年の映画ベスト10の8位に輝きました。

「ウォーウィック・ロウヤーズ」、トランプとマイク・ペンスにヌードカレンダーとメッセージを贈る

ヌードカレンダーで有名な英ウォーウィック大学ボート部、通称「ウォーウィック・ロウヤーズ」が、米国の次期大統領ドナルド・トランプと次期副大統領マイク・ペンスへのビデオメッセージを発表しています。

ドラマ『センス8』クリスマススペシャル公式トレイラー

Netflixオリジナルドラマ『センス8』の、2時間のクリスマススペシャル(2016年12月23日配信)の公式トレイラーが発表されました。

『スーパーガール』のアレックスとマギー、MTVの「2016年ベストTVカップル17組」トップに輝く(ネタバレ)

米TVドラマ『スーパーガール』のレズビアンカップル、アレックスとマギー(シップネームは『サンバース』)が、MTVが選ぶ「2016年ベストTVカップル17組」の第1位に選ばれました。選評がまたいいのよ。

オーストラリアのショッピングモール、サンタの代わりにドラァグクイーン招致

豪州メルボルンのショッピングモール、チャペル・ストリートが、今年のクリスマスに向け、伝統的なサンタではなくクリスマスカラーの衣装を着たドラァグクイーンのパフォーマンスを手配したそうです。

「同性愛は霊障」スピリチュアル団体が主張

あるスピリチュアル団体が、「ゲイ男性が男性に魅かれるのは女性の霊に憑りつかれているため」と主張しています。では、レズビアンは? もちろん「男性の霊に憑りつかれている」んですってよ

シカゴ・ブルズの試合会場でゲイカップルがプロポーズ NBA史上初

2016年12月8日、NBAのシカゴ・ブルズ対サンアントニオ・スパーズの試合会場で、ゲイ男性が同性パートナーにプロポーズし、婚約を果たしました。

これちょっと欲しいかも。「死せるレズビアンの会」("Dead Lesbian Society")のピンバッジが発売に

米国のTVドラマなどでレズビアンやバイセクシュアル女性のキャラが安直に殺され続けていることを皮肉る、「死せるレズビアンの会("Dead Lesbian Society")」のピンバッジが、Autostraddleから発売されました

成宮寛貴、「セクシャリティな部分もクローズアップされ」引退発表

俳優の成宮寛貴氏が発表した引退表明文の内容に衝撃を受け、うちひしがれています。詳しくはハフポスト日本版の以下の記事をどうぞ。

BBCのクリスマス広告で男性同士がキス

BBCの2016年版のクリスマスCMで、男性ふたりがヤドリギの下でキスをしています。しかも、少なくとも現時点では、どの保守的メディアからも苦情は出ていないんだそうですよ。

ケイト・マッキノンがコメディ映画『The Lunch Witch(原題)』で主演決定

米国の女優でコメディエンヌのケイト・マッキノンが、アンブリン・エンターテインメントのコメディ映画『The Lunch Witch(原題)』で主役の魔女Grunhildaを演じると発表されました。

Netflix、ドラマ『センス8』のクリスマススペシャル&シーズン2の配信日を発表

Netflixが、ドラマ『センス8』のクリスマススペシャルとシーズン2の配信日を公表しました。クリスマススペシャル(2時間)は2017年12月23日に、シーズン2(全10話)は2017年5月5日に配信開始するとのこと。

日本マクドナルド、男性から男性へのキスを「罰ゲーム」として描くCMをリリース(追記あり)

日本マクドナルドが、公式TwitterアカウントおよびYouTubeチャンネルで、男性から男性へのキスを「罰ゲーム」として描くCMを発表しました。

スーパーガール(のアレックス)、またしても少女を助ける。しかも、現実世界で

米国インディアナ州のコミック書店員、メアリー(@sapphicgeek)さんが、ある日お店で起こったすばらしいことをTwitterで報告しています。創作作品におけるLGBTのキャラ表象が大切なのは、こういうことがあるからなんだよ!

ケイト・マッキノンとアレック・ボールドウィンが2016年の巨大ツリー点灯式担当

ケイト・マッキノンとアレック・ボールドウィンが2016年11月30日、ニューヨークのロックフェラーセンターで、恒例の巨大クリスマスツリーの点灯式を担当しました。

マイク・ペンスの近隣住民、家にレインボーフラッグを掲げてペンスに抗議

米次期副大統領マイク・ペンスの近隣住民たちが、LGBTの権利に関するペンスの考え方に反対していると示すため、自分たちの家にレインボーフラッグを掲げています。

トランプ勝利後10日間で約900件のヘイト事件が勃発

米国の公民権団体が、ドナルド・トランプの勝利となった米大統領選後の10日間で、全米でヘイト事件が900件近く報告されたと発表しました。

第22回放送映画批評家協会賞(クリティクス・チョイス・アワード)にケイト・マッキノンがノミネート

米女優ケイト・マッキノンが、映画『ゴーストバスターズ』で、第22回放送映画批評家協会賞(クリティクス・チョイス・アワード)コメディ部門最優秀女優賞にノミネートされました。

ジリアン・マイケルズが素手でリンゴを引き裂くところがかっこよくてもう

米国のTV番組「ハリウッド・トゥデイ・ライブ」に出演したジリアン・マイケルズが、素手でリンゴをあっさりふたつに引き裂く荒業を披露してます。やだ、ちょっと惚れそう。

公式が最大手―ドラマ『スーパーガール』2x08感想(盛大にネタバレ)(追記あり)

もう何なのこのドラマ! あらゆるファンガールの妄想と想像を超えて、どんな薄い本も追いつけない速度で公式が突っ走ってるわよ! それでいて構成は手堅いし、レズビアン視聴者が共感せずにはいられないツボをガッシガッシ押さえてくるし。大好き。

豪シドニーでトランプ支持者がゲイ男性に暴行

豪州シドニーのマクドナルドで列に並んでいたふたりの男性が、ホモフォビックなトランプ支持者から暴力をふるわれて出血するけがを負い、ひとりが救急車で病院に搬送されました。警察は、暴行罪と闘争罪の疑いで18歳と21歳の男を逮捕したと発表しています

トランプの大統領選勝利の日、Twitterでホモフォビックな語が激増

Twitterでのホモフォビックな語の使用数を観測&表示するWebサイト、NoHomophobes.comにより、ドナルド・トランプが第45代米大統領に当選した日、ホモフォビックな単語が爆発的に増えたことがわかったそうです。

アレックスの見せ場に拍手。でもガーディアンはいらん―ドラマ『スーパーガール』2x07感想

先週はずいぶん凹んでいたアレックスですが、今週は面目躍如たる見せ場が複数出てきます。一方、ガーディアンのプロットや、カーラの新たなヘテロロマンスの気配が妙に雑なのがひっかかるところ。

ハーシー・キスチョコの感謝祭CMがゲイ・ファミリーをフィーチャー

ハーシーのキスチョコの、2016年の感謝祭シーズン用CMに、ゲイカップルがお母さんと一緒に料理をする心温まる風景が登場しています。

エレン・デジェネレスが大統領自由勲章を受章

ホワイトハウスで2016年11月22日、米国で文民に与えられる最高位の勲章「大統領自由勲章」の授与式がおこなれました。受賞者21人の中には、われらがエレン・デジェネレスが!

レズビアンのタコスがけなげでいいぞ―映画『ソーセージ・パーティー』感想

食材が主人公のお下劣CGアニメ。単なるおバカ映画のようでいて意外と骨太の問題提起があり、サルマ・ハエック演じるレズビアンのタコスの描写も秀逸でした。クリステン・ウィグの芸達者ぶりにも拍手。ただ、人種ネタのあまりのベタさは人を選ぶかも。

マギーさんやっぱり鬼や―ドラマ『スーパーガール』2x06感想

アレックスからカーラへのカミングアウト回。前回の感想で「腰が抜けそうな急展開」と書きましたが、今回も「ローラーコースターの終点で降りたと思ったら、そこはバンジージャンプ会場だった」ぐらいの起伏が待ち受けており、素で3回ぐらい叫びました。

シスターフッドとアクション満載の第2巻―"Princeless: Raven the Pirate Princess Book 2: Free Women" (Whitley, J., Higgins, R. & Brandt, T. Action Lab Entertainment) 感想

クィアな海賊娘レイヴンと個性豊かな女乗組員たちがついに海に出て、最初の試練に直面します。アクションも笑いも百合なロマンスも好調で、相変わらず男社会への皮肉が強烈。女を励ますと称して脅してばかりの日本社会に今必要なのは、こういう物語なのでは。

米大統領選後初のSNLの、ケイト・マッキノンによるオープニングがすごい

ヒラリーがあたしの心のプレジデントだとしたら、ケイト・マッキノンは永遠にあたしの心のクイーンです。とにかく『サタデー・ナイト・ライブ」のこちらの動画をどうぞ。

クィアな海賊娘の痛快グラフィックノベル―"Princeless: Raven The Pirate Princess Book 1: Captain Raven and the All-Girl Pirate Crew" (Whitley, J., Higgins, R. & Brandt, T. Action Lab Entertainment)感想

先日紹介したグラフィックノベル"Princeless: Raven The Pirate Princess"があまりに面白いので、もう少し詳しい感想をまとめてみました。女子好き女子の冒険活劇に目がない人なら必読の一冊なのよ、これ!!

ドラマ『スーパーガール』の余波、続報。この番組がきっかけで、8歳のレズビアンのために編まれたブックリストをどうぞ

ドラマ『スーパーガール』のおかげで親にカムアウトできた13歳少女の話を先日紹介しました。実はこれ、前例があったんです。同番組を見て自分はレズビアンだと気づいた8歳児のために、Autostraddleがお薦め本リストを作ってあげてたんでした。

まさかの急展開に腰が抜けそう―ドラマ『スーパーガール』2x05感想(盛大にネタバレ)

前回の感想でアレックスについて、「今後彼女の恋の行方がどうなるにせよ、彼女はクィアなキャラとして描かれていくのでは」と書きました。今後も何も、今回早くも腰が抜けそうな急展開が来ましたよ! レズビアン・フィクション史に必ずや残るよこの回は。

マギー・ソウヤー! この小悪魔ああああ!!―ドラマ『スーパーガール』2x04感想

思った通り、主人公の姉、アレックスとマギー・ソウヤー刑事との間が大変なことになってます。どう見てもデートのお誘いにしか見えない会話が複数回あり、手は繋ぐわ指は絡めるわの急展開……なんだけど。マギー! 最後の最後にあれって、どういうことよ!?

「トランプ支持のLGBT」の大半が白人ゲイ男性

米大統領候補、ドナルド・トランプが2016年10月30日、レインボーフラッグを手にLGBT擁護をアピールするパフォーマンスを披露。しかし実のところ、「トランプ支持のLGBT」を名乗る人というのは、そのほとんどが白人ゲイ男性なのだそうです。

タイムズスクエアでレズビアンカップルが殴られ、割れた瓶で切りつけられる 犯人は逮捕

米NYのタイムズスクエアでレズビアンカップルをナンパしようとした男二人組が、相手がレズビアンだと知るや殴る蹴るの暴力をふるい、あげく割れたガラス瓶で切りつけてけがをさせたとして逮捕されました。

デラウェア大学の学生、ゲイ編集者によるトランス差別扇動に抗議

差別主義者として有名な米国の編集者、マイロ・ヤノポロス氏がデラウェア大学を訪れ、トランスフォビアを扇動しました。同大学の学生たちは一日中看板を掲げて同氏のヘイトスピーチに反対し、トランス・コミュニティへの支持を訴えたとのこと。

シカゴの小学校、フロリダ州銃乱射事件のLGBTクラブに見立てたお化け屋敷を中止

シカゴの小学校が、2016年10月末に同校で予定されていた「クリスチャンの」お化け屋敷企画を中止しました。そのお化け屋敷ではフロリダ州のLGBTナイトクラブでの銃乱射事件が再現される予定で、広告には「地獄への旅」などと書かれていたとのこと。

「女性のあり方は、どんな風だっていい」: 米デオドラントCMが非シスジェンダー女性を主人公に

米国の女性用制汗剤・デオドラントのブランド「シークレット」が、トランスジェンダー(またはジェンダークィア)の女性を主人公とするCMをリリースしました。