石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的メモ。

ドラマ『スーパーガール』S2ブルーレイ/DVD(日本語版)発売開始 日本での放送は2017年10月14日(土)深夜0時から(追記あり)

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ  コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

(※2017年10月2日追記:その後AXNの公式サイトで、日本でのシーズン2(二か国語版)放送は「2017年10月14日(土)深夜0時から」という発表が出ました。以下、それに合わせて古い情報を修正しました)

女性同士の恋愛要素が大いに反響を呼んだ米ドラマ『スーパーガール』シーズン2の日本語版ブルーレイ/DVDが、2017年9月6日に発売されました。さっそく入手したので、特典映像の内容や日本での放送予定などについてちょっと書いておきます。

ブルーレイBOX特典映像(計6種)

  1. 「監督&脚本家による音声解説(第9話)」
    • S2E9「マルドリア」(原題"Supergirl Lives")の音声解説。今シーズンでのレズビアンのストーリーラインや、それに対する反響(あの書店で泣き出してしまった女の子の話など)、カイラー・リーとフロリアナ・リマの好演などについての言及がたっぷり含まれています。
  2. 「『スーパーガール』‟ファイト・クラブ”」
    • S2E4「ファイト・クラブ」(原題"Survivors")で描かれた、異星人をさらってきて戦わせる地下闘技場に関する話あれこれ。「僕らが描きたかったのは社会的に無視された人々だ」と、脚本のエリック・カラスコが語っています。
  3. 「エイリアンの造りかた」
    • S2ではより多くの宇宙人を登場させることで、アメリカで起きている現実を反映しているという話。人間は異質な相手に不寛容であり、好意的な人の中にも偏見はあって、宇宙人排斥派のリリアン・ルーサー(ブレンダ・ストロング)は「現実世界の大多数と同じ見解を示してる」という指摘など。
  4. 「コミコン2016」
  5. 「『スーパーガール/フラッシュ』2つの世界をまたいで」
    • 『スーパーガール』と『フラッシュ』を両方手掛けているクリエイターのアンドリュー・クライスバーグとケヴィン・スミスが、この2つのドラマのCGの違いなどを語ります。
  6. 「スーパーガール トリビア!」
    • スタッフとキャストが番組のちょっとしたトリビアを教えてくれるコーナー。赤ちゃん時代のスーパーマンを演じた子役の秘密、デイヴィッド・ヘアウッドがクリスチャン・ベイルのアドバイスで衣装につけた注文、カーラとアレックスがアイスクリームを食べる場面でカットされていた面白台詞などが明かされます。

吹き替えキャスト

  • スーパーガール/カーラ・ダンバース 小松未可子
  • ジェームズ・オルセン 田村真
  • アレックス・ダンバース 樋口あかり
  • ウィン・ショット 小林親弘
  • ハンク・ヘンショウ 広瀬彰勇
  • マギー・ソーヤー 桜木可奈子

「レズビアン要素だけ見たいんだけど……」という方へのアドバイス

  1. シーズン1は見なくて大丈夫。S2からいきなり見ても、じゅうぶん話についていけるはず。
  2. シーズン2も、マギーの登場回(S2E3)からの視聴で大丈夫。
  3. カーラとモン=エルのぐだぐだなヘテロ恋愛の部分は、全部早送りで飛ばしちゃって大丈夫。

シーズン2の日本での放映について

ブルーレイBOXの帯には「海外ドラマ専門チャンネルAXNにて10月放送決定!」とあります、さっそくAXNの公式ページで放映スケジュールを確認してみたところ、2017年10月15日(日)からシーズン2の放送が始まるようです。2017年10月2日現在の情報では、シーズン2は「10月14日(土)スタート 毎週土曜 深夜0:00am」となっています。録画派の方はぜひチェックを。

SUPERGIRL/スーパーガール<ファースト> コンプリート・セット(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール<ファースト> コンプリート・セット(3枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ  コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

SUPERGIRL/スーパーガール <セカンド・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

ドラマ『スーパーガール』関連記事

シーズン2感想

これぞヴォーギング! 米ダンス番組、ル・ポールの曲でキレッキレのパフォーマンスを披露

Call Me Mother [Explicit]

米国のダンス番組『アメリカン・ダンスアイドル』(原題" So You Think You Can Dance")が、2017年8月29日放映分で、ル・ポールの曲"Call Me Mother"でのすばらしいパフォーマンスを披露しました。

詳細は以下。

The cast of So You Think You Can Dance teamed up with RuPaul to make something fantastic / LGBTQ Nation

動画はこちら。

あまりにキレッキレなポーズの数々に一瞬「ジョジョっぽい……!」と思ってしまいましたが、よく考えたらヴォーギングもジョジョ立ちも両方『ヴォーグ(Vogue)』などファッション誌のモデルのポーズから生まれたものなんですから、似ているのは当たり前ですね。後半の、扇子や花びらなどドラァグ的なテイストを盛り込んだ振り付けも華やかでよかったと思います。このパフォーマンスは同番組のオープニング・ルーティーンとして披露されたもので、過去4週間の中でも人気トップだったようです。

ル・ポールも喜んでたみたい。よかった、よかった。

トランプタワー売店にトランプ批判の「フェイクおみやげ」 仕掛け人はNYCのアーティスト

trump tower
trump tower / Krystal T

2017年8月28日の午後にニューヨーク・シティーのトランプタワーのおみやげ屋にこっそり並べられた、「フェイクおみやげ」が話題になっています。

詳細は以下。

Russian Election Hacking Efforts, Wider Than Previously Known, Draw Little Scrutiny - NYTimes.com

「おみやげ」の画像は以下をどうぞ。

白い頭巾のパッケージには、こんなことが書いてあるようです。


トランプの白頭巾

「父が使っていたブランドです!*1」(ドナルド・J・トランプ談)

  • すばらしい人々用
  • 君の誇りを示せ!
  • フリーサイズ!

そしてプーチンの写真入り絵葉書には、こう。


ウラジミール・プーチン

第45代アメリカ合衆国大統領

他に店内に置かれたのは、「トランプのリモコン」(『FOXとCNNにプリセットされています』と説明あり)、「トランプのアメリカ国旗」(中身はロシア国旗で、パッケージには『操り人形ではありません! 操り人形ではありません!』とロシア語で書かれています)など。

ちなみにトランプ・タワーで通常売られている正規品のおみやげは、トランプの名前入りカフリンク(45ドル)や金色の貯金箱(20ドル)、トランプのゴルフタオルなどだそうです。その中にこれらのフェイクおみやげを紛れ込ませたのは、ニューヨーク・シティーで活動している2人のアーティスト。そのうちのひとりはGothamistに対し、トランプ・タワーのオフィシャルおみやげはトランプの実際の人となりを反映していないため、特に海外からの観光客に、この大統領がどんな人なのか全部知ってもらいたいと思ったのだと話しているとのことです。

トランプは最近、シャーロッツビルの一件での白人至上主義擁護であれだけ批判された後でさえ、多数のヒスパニック住民を不当に拘束して有罪判決を受けていた元保安官に恩赦を与えたり、子供時代に親に連れられて入国した移民の救済措置(DACA)を撤廃すると発表したりしています。ロシアの大統領選関与疑惑に関しても、以前の想定より広範囲でハッキングされていたとする報告が上がっています。こういう形での批判が出てくるのも、当然なんじゃないですかね。

*1:訳注:なぜ父親の話が出てくるのかについては、こちらをご参照ください。Reports confirm Donald Trump's dad was arrested at Klan rally, and that those arrested were "berobed" / Boing Boing

エレン・デジェネレスがハリケーン「ハーヴィー」被災者に寄付 視聴者にも寄付呼びかけ

Home

米トークショー『エレンの部屋』司会のコメディエンヌ、エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)が、テキサス州を襲った大型ハリケーン「ハーヴィー」の被災者支援のため自分と番組からそれぞれ2万5千ドルを寄付したと発表しました。

詳細は以下。

Ellen DeGeneres donates thousands to support Texas flood victims & wants your to help too / LGBTQ Nation

エレンからのメッセージはこちら。

Texas, I love you. #HoustonStrong

Ellenさん(@theellenshow)がシェアした投稿 -

エレンの番組では上記以外でも、NFLのJ. J・ワット(J.J. Watt)選手が立ち上げた「ヒューストン洪水救済基金(Houston Flood Relief Fund)」にウォルマートからの百万ドルを贈っています。

保守派コメンテーターキリスト教右派の面々がハリケーンをLGBTの人々のせいにしてはしゃいでいる間に、当のセクマイはより現実的な被災者支援に取り組んでいるというのはなんとも皮肉な話。そういえばルビー・ローズ(Ruby Rose)もLGBTQセンターのハリケーン被災者基金に1万ドル寄付してましたよね。彼女らに続けとお思いの方は、赤十字や上記の基金、SPCA of TexasLGBTQ被災者を支援する各種活動などにぜひ寄付をどうぞ。

今週の未紹介LGBTニュース(2017年9月3日)

f:id:miyakichi:20170903192559j:plain

異性愛者は立ち入り禁止 米ミシガン州の「ヘル(地獄)」町

The Mayor of Hell, Michigan Has Banned All Straight People from Entering the Town | PRIDE.com

ミシガン州の「ヘル」("hell"つまり『地獄』)という集落の新町長が、同集落への異性愛者の立ち入りを全面的に禁止したというニュース。まずは「町長」によるこちらのツイートをどうぞ。

部分的に訳すと、「ミシガン州ヘルの町長として、ここにわが町への異性愛者の立ち入りをすべて禁ずる」、「わが町はまた、ヘテロの住民で、異性愛を公然と非難し、他の住民のようにゲイになりたいと思っている者には、性的指向を変える治療プログラムを提供する」、「治療を受けないヘテロ住民は緋文字の『H』をつけなければならない」てなことが書いてあります。タネ明かしをすると、この新町長ことイライジャ・ダニエル(Elijah Daniel)氏はコメディアンで、この日はヘルの観光イベントの「1日町長」をやっていたのでした。つまり彼の一連の発言は、普段同性愛者がさんざん「おまえは地獄落ちだ」と言われ、「治療」を強要され、公に辱められてきたことを裏返しにしたギャグだったというわけ。ははは。

ゲイ男性とバイセクシュアル男性の収入はヘテロ男性より少ない(独研究)

A new study found that gay and bi men make less than straight men / LGBTQ Nation

ドイツの研究で、年齢、教育水準、業界の違いなどの要素を取り除いて比較した場合、ゲイ男性とバイセクシュアル男性の収入はヘテロ男性のそれより1時間につき2.64ユーロ(約340円)少ないという結果が得られたというニュース。レズビアンとバイセクシュアル女性の収入も、異性愛者女性より1時間あたり2ユーロ(約260円)少なく、ゲイ男性やバイセクシュアル男性と同程度だったとのこと。ということは、「LGBTは子供がいないから金が余っているはず! LGBTマネーを狙えば大儲け!」みたいないかにもシスヘテロ的な発想は、少なくともこの研究によれば間違いだってことですね。

豪カトリック校生徒、校章をレインボーマークで覆いアンチゲイな司教に抗議

Catholic school students take on homophobic Bishop by covering school crest with rainbows · PinkNews

政府が同性婚への賛否を問う郵送調査を9月から実施するオーストラリアで、カトリック校の司教が生徒たちに対し、反対と答えるようにと求めました。これに対する抗議として、生徒の間で、制服の校章の部分をレインボーマークのイラストで覆うという運動が起こっているのだそです。やるなあ若者。

豪州の反同性婚CMがあまりにひどくて批判噴出

Australia same-sex marriage vote: 'No' advert draws criticism - BBC News

政府が同性婚への賛否を問う郵送調査を9月から実施するオーストラリアで、同性婚反対派が出したCMがオフェンシブだとして批判されているというニュース。CMの実物は以下をどうぞ。

上記動画の内容は、さまざまな女性が「学校がうちの息子に来年はドレスを着ていいと言った」、「海外のように同性婚法が可決されれば、この種のプログラムが強制されてしまう」などと述べるというもので、誤解を招きやすく不適切だとして批判されています。確かに、性的指向と性自認とその人がどんな服を着るかはそれぞれ別個のものなのに、そこをごっちゃにして反対票を稼ごうというのは不誠実よね。

このCMへの反論として作られたCMがこちら。

そして、パロディーがこちら。「学校がうちの息子に、来年は鳥になっていいと言ったんです」「鳥ですよ」「うちの子を鳥に変えたければ、アタシを殺してからにしなさいよっ」などのジョークが大真面目に展開されています。


メルボルンでアンチゲイなネオナチのポスターが(またしても)発見される

Another Anti-Gay Poster From A Neo Nazi Group Has Surfaced In Melbourne

2017年8月27日、豪州メルボルンのRMIT大学で、ネオナチグループによる同性婚反対ポスターが貼られているのが発見されたというニュース。同地では約1週間ほど前にもまた別のアンチゲイなポスターが発見されているとのこと。オーストラリアでは現在、政府による同性婚の是非を問う郵送調査がきっかけでLGBTIライツをめぐる議論が白熱しており、その影響ではないかと言われています。

豪州で自殺防止ホットラインへの電話急増 原因は同性婚についての郵送調査

Australians Are Calling The National Suicide Hotline About The Postal Survey

オーストラリア政府による「同性婚に賛成か反対か答えろ」という郵送アンケートが引き金となって、同国の自殺防止ホットラインへの電話が急激に増えているというニュース。そりゃ、特にクロゼットな人にとっては郵送調査そのものがプレッシャーになるだろうし、毎日毎日「ノーと回答せよ」という同性婚反対キャンペーンを目にしていたら、自殺企図も高まるよね。なお困っているのは同性愛者だけではなく、トランスジェンダーの子を持つ母親たちから、「同性婚反対派が流している性的指向と性自認をごっちゃにしたCMを見て、子供が怯えてしまった」という声も上がっているそうです。

中国系女性がFacetimeで両親にカミングアウト

WATCH: This Chinese woman came out to her parents over FaceTime

中国杭州市出身で、現在は米国在住のMengwen Caoさんが、Facetimeを通じて両親にカミングアウトしたというニュース。より正確には、手紙でカミングアウトしてから、ビデオレターを見てもらったのだそうです。そのときの映像がこちら。

Mengwen Caoさんはこのカミングアウトでご両親から受けた質問をHERE WE AREで公開していますが、「おまえは男役なのか女役なのか」、「本当に気の迷いではないのか」、「子供はどうするのか」、「年をとったら誰がお前の面倒を見るのか」等々、典型的なアジアのヘテロ両親と言った感じで、勝手に親近感をおぼえてしまいました。なおMengwen Caoさんは、このカミングアウトによって「間違いなく両親との距離が縮まったと思います。両親もそう感じていると思います」と話しているとのこと。

米大学フットボール選手がマイク片手にカミングアウト

This gay Division 1 college football player came out to his team with a mic on a stage - Outsports

米国のバトラー大学フットボール部のラインバッカ―、ゼイヴィア・コルヴィン(Xavier Colvin)選手がステージ上でマイクを持ってチームメイトにカミングアウトし、暖かく迎えられたというニュース。ネガティブな反応はまったくなく、カミングアウト後、まったく知らない生徒までもが握手を求めにやってきて、「僕たちがついてるよ」「誇りに思う」などと言ったとのことです。

カナダが公的書類でサード・ジェンダー容認

カナダ、公的書類に第3の性の選択肢「X」容認へ

カナダ政府が公的書類の性別欄に「男」でも「女」でもない「X」の項目を設けると発表したというニュース。日本も早くそうすればいいのに。

「自分にこれが起こるのなら、誰にだって起こる」白人至上主義者に殺されかけたゲイのアダルト俳優が注意喚起

Gay Adult Film Actor Jessie Colter Says Two Men in SF for White Supremacist Rally Planned to Kill Him - Towleroad

ゲイのアダルト映画俳優でセックスワーカーのジェシー・コールター(Jessie Colter)が、サンフランシスコで白人至上主義者ふたりに計画的に呼び出され、殺されそうになったとTwitterで明かし、注意喚起しているというニュース。警察によると、加害者たちは白人至上主義者の集会に参加するためにサンフランシスコに来ていたとのこと。

ツイートの全文は以下をどうぞ。

英国で10代トランス男性が自死

UK trans teen commits suicide in his own bedroom after coming out to family

英国で15歳のトランスジェンダー男性、リオ・イスリントン(Leo Etherington)君が自室で遺体となって発見され、検視官に自死と判定されたというニュース。リオ君がトランスジェンダーであることをカミングアウトして以来、家族や友達は彼を支援していたのですが、リオ君の通っていた学校は「16歳になるまで名前の変更は認めない」と主張していたとのことです。

アンチゲイ団体代表、自分たちをナチスに迫害されるユダヤ人になぞらえて悲憤慷慨

Triangle rose : La persécution nazie des homosexuels et sa mémoire

米国のアンチゲイな極右法律団体「リバティ・カウンセル(Liberty Counsel)」の会長が、同団体を憎悪団体と呼ぶのはナチスドイツによるユダヤ人迫害と同じだと発言しました。この団体って、反同性愛法や同性愛治療を支持することで積極的にゲイを迫害してるんですけどね。

詳細は以下。

Mat Staver: Anti-Gay Hate Groups are Persecuted Like Jews in Nazi Germany - LISTEN - Towleroad

リバティ・カウンセルは、ウガンダの反同性愛法(別名『ゲイを殺せ』法)成立に尽力して「人道に反する罪」で訴えられた米国人のスコット・ライブリー(Scott Lively)牧師を熱心に弁護してきた福音派キリスト教団体です。そして会長のマット・ステイヴァー(Mat Staver)氏は、LBGTQの若者は「小児性愛者による虐待」が原因で混乱しているのだという自説のもと、同性愛の「治療」を認めよと主張している人。ステイヴァー氏はまた、ケンタッキー州で同性カップルの結婚を邪魔し続けて訴えられたキム・デイヴィス(Kim Davis)書記官の弁護士でもあります。このステイヴァー氏が、キリスト教ラジオ局VCY Americaのインタビューで、同団体が南部貧困法律センター(Southern Poverty Law Center)からヘイトグループとして分類されたことについて以下のように語ったのだそうです。

「これは行き過ぎであり、これ以上許してはなりません。(引用者中略)1930年代までさかのぼれば、ユダヤ人が最終的にどうなったかというと……(引用者中略)公職から追放され、私企業でも働けなくなり、身分証明書にダビデの星をつけられ、パスポートにダビデの星をつけられ、収入を得る機会を制限されました。しまいにどうなったかはご存知でしょう、わたしたちはこのことについて第二次世界大戦を戦わなければならなかったのです」

“I think we’ve crossed the line and we can’t let this go any further[...]if you go back into the 1930s, what ultimately happened back then with the Jews—[...]they began to ultimately ban Jews from public employment, then ban Jews from their private employment, then put a Star of David on their ID and a Star of David on their passport, restrict their travel, restrict their income opportunity, and eventually you know what happened, we had to fight a World War II over that issue.”

本当に歴史を振り返るならば、ナチスに公民権を奪われ、印をつけられて強制収容所にぶちこまれたのはキリスト教右派ではなくて同性愛者のはずなんですけどね。ゲイの人権を奪おうとしている自分たちが、同じようにゲイの人権を奪っていたナチスドイツと同列だとは考えず、迫害されるユダヤ人のポジションにおさまろうとするとは厚顔そのもの。差別行為をしたため店をボイコットされたことを自分たちへの「いじめ」だと言っているカリフォルニア州のパン屋と共通するものがあると思います。「寝言は寝て言え」以外、かける言葉が見当たりませんな。

カリフォルニアのパン屋が同性カップルへのウエディングケーキ販売拒否

Personalized Mrs and Mrsウェディングケーキトッパー、Lesbian Couple Bridesシルエットケーキトッパー、Girl Girl Love Romantic Wedding Cake Decor。

米カリフォルニアのパン屋が同性カップルへのウエディングケーキ販売を断って批判され、「わたしたちをいじめるのはおかしい」と主張しています。ちなみに同州では、会社やお店が客の性的指向を理由として設備やサービスの提供を拒否するのは法律違反です。

詳細は以下。

Gay Couple Rejected By California Bakery Gets A Surprise Treat | NewNowNext

このパン屋は、同州ベイカーズフィールドの「テイストリーズ・ベイカリー」(Tastries Bakery)。2017年8月、ウエディングケーキの試食を予約していたアイリーン・デル・リオ(Eileen Del Rio)さんが同店を訪れたところ、彼女の婚約相手が女性だと知った店主のキャシー・ミラー(Cathy Miller)氏が、サービス提供を拒否しました。デル・リオさんによれば、店主は同店のライバル店でケーキを焼いてもらうようにと言い、デル・リオさんの情報を全部その店に送りたがっていたとのこと。

デル・リオさんがこの件についてFacebookに投稿したのと同じ日に、サム・サラザー(Sam Salazar)さんという男性もまた、この店でほとんど同じ経験をしたとFacebookで主張しています。これを機に同店のボイコットを呼びかける声が上がっていることについて、ミラー氏は以下のように主張しているとのこと。

本当に傷ついています。信仰が理由でわたしたちがいじめられるのはおかしいと思います。

“I’m really hurt by this. I don’t think we should be picked on because of our beliefs,”

ゲイ差別をやめろと言われると、自分たちが当然持っているはずの「同性愛者を差別していい権利」が侵害されたと感じて被害者ぶりはじめるという、キリスト教保守派にありがちな反応ですね。

なおミラー氏によれば、同店は過去5年間ずっと同性カップルには同じ対応をしてきたのだそうです。よくこれまで訴えられなかったもんだわ。

ちなみに米国では、2013年にレズビアンカップルからのウエディングケーキの注文を断ったオレゴン州のパン屋「スイート・ケイクス・バイ・メリッサ」(Sweet Cakes by Melissa)が、差別を禁じた州法に違反するとして賠償金13万5千ドル(約1650万円)の支払いを命じられています。2012年に男性同士のカップルにウエディングケーキを売らなかったコロラド州の「マスターピース・ケイク・ショップ」(Masterpiece Cake Shop)行政裁判で負け連邦最高裁での審理を控えているところです。ニューメキシコでは、同性カップルのウエディング写真撮影を断った写真家が州最高裁で負け、上告するも連邦最高裁に棄却されました。ワシントン州の最高裁もまた、花屋が同性同士の結婚式用の花を販売拒否したのは差別であるとの判断を示しています。おそらくこのカリフォルニアのパン屋も、訴えられたら負けるんじゃないかな。店主はそれも「いじめ」だとしか受け取らないのかもしれませんけどね。

同性間の恋を描く短編アニメ『In a Heartbeat』をお年寄りに見せてみた。こうなった。

f:id:miyakichi:20170901163217j:plain

YouTubeチャンネル「FEB」が、男の子同士の恋を描いた短編アニメ『In a Heartbeat』を計9人のお年寄りに見せたときの反応をまとめた動画を発表しました。子供たちのみならず、お年寄りの反応もいいんですよこれがまた。

詳細は以下。

‘In a Heartbeat’ Animators Adorably React to Elders Freaking Out Over Their Film | PRIDE.com

『In a Heartbeat』は、米フロリダ州にあるリングリング・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインの最上級生、エステバン・ブラボ(Esteban Bravo)さんとベス・デイヴィッド(Beth David)さんがYouTubeで発表した3DCGアニメです。内容は「男の子に片思いしている男の子が自分のハートに振り回され、意外な結果を迎える」というもの。まだ作品をごらんになっていないかたは、まず以下をどうぞ。

そして、この作品を見たお年寄りの反応がこちら。

みなさん作品そのものもお気に召したようだし、ゲイの生徒を教えたことのある方や、アニメーターの娘がいて業界の事情に詳しい方もいらしたりして、キッズの反応とはまた違った角度からの見方が出てくるところが面白いですね。ちなみに、この反応を見るベスさんとエステバンさんの動画も、合わせて公開されています。

以下、動画内のお年寄りの反応や意見などをダイジェストでまとめてみました。

作品鑑賞中の発言あれこれ

冒頭場面

  • この若者はあの若者が好きなんだな。
  • ああ、この子あの子に片思いしてるのね。

ハートがドキドキし始め、ついに主人公の胸から飛び出すシーン

  • 彼は彼のことを好いてるとか?
  • 彼のハートね。あらまあ!
  • ほらね、自分のハートは自分でコントロールできないものなのよ。

偶然手をつないだり、抱き合ってしまったりするシーン

  • これ好きだわ。
  • どうしてこの動画がネットで流行したのかわかったよ。これはいいね。

校舎の中で、みんなに白眼視される場面

  • ああー。他の子たちが見てる。
  • ヘイターよ、ヘイター。やめなさいよ!

ハートが壊れる場面

  • 目の表情がすごいね。
  • だめ!
  • かわいそうに。ハートが壊れちゃった。
  • おおおおお。(泣く)

ハートが元に戻り、恋が実る場面

  • ここで元に戻ったのね。(笑う)
  • はー……(無言ですすり泣く)
  • 励まされた!
  • いい結末だ。

鑑賞直後

  • すごくパワフルだった。
  • アカデミー賞ものだわ。
  • 昔からアニメが好きだったが、これはよくできてる。ハッピーなアニメだ。
  • 男の子に恋をしてる男の子がこれを見たら、気分がよくなると思う。これって恐ろしいことじゃないんだと感じるのでは。
  • とても正直な話だった。人は何か決めるとき、頭か心のどちらかに左右されるものだけど、幸せになりたかったら心にまかせるべき。

視聴後の質疑応答

問「このテーマが重要なものとして扱われているショートフィルムが人気になったり、称賛されたりしているのを、子供時代または昔にご覧になったことはありますか?」

  • いいえ。このアニメみたいな気持ちの小さな男の子はきっといただろうと思います。でも、それはまったく受け入れらないことだったんです。
  • 今なら明らかに違うのでしょうが、昔は決して受け入れられなかったと思います。
  • 規範から外れたことは肯定的には見られていませんでした。
  • (そういう作品があったとしても)称賛されはしなかったでしょうね。昔は「どこか悪いのでは」と思われていました。変態だと思われていたんです。
  • そういう恋愛があるということすら理解されていなかったのではないかと思います。そのような関係は、完全に隠されていたんです。
  • (昔は)同性愛者は完全にクロゼットの中にいました。10年か15年前、同性愛者の生徒がいて、ひどく取り乱していたんですよ。彼が取り乱していたのは、両親におまえは地獄で焼かれると言われたからでした。当時はカミングアウトしている人が本当に少なかったから、こういうことに対処するのは大変でね。この10年間で良くなったと思います。
  • 今の若い世代は、年寄りが受け入れられない、または受け入れたくないと思って心を閉ざしてしまうようなとてもたくさんのことを受容できていると思います。時代が変わったんですよ。

問「作者のベスとエステバンへのメッセージは?」

  • すばらしかったです。今後もがんばって。
  • すばらしい作品で、わたしは受け入れるよ。わたしはそう若くはないが、受け入れます。
  • これを出してくれてよかったです、だって本当に必要なものですからね。わたしたちは愛に変わりはなく、ハートに決断をまかせるべきだということを忘れてはなりません。おふたりに拍手を。
  • あなたたちはとても良いことをしたと思います。自分の気持ちを表せず、不安で悲しい思いをしている男の子たちに、その感情は正当なものなんだと伝えたんですからね。とてもポジティブなメッセージが出ていて、すばらしい出来栄えだったと思います。
  • ありがとう、ありがとう、ありがとう、世界で実際に起きていることを、こんなにすてきで、愛にあふれていて、思いやりがあって、リアリスティックな見方で描いてくれて。

これらの反応を見た後の、ベスさんとエステバンさんの声

  • 人はお年寄りを見ると、年齢を理由に「理解してくれないだろう」とか、「こういう表現に慣れている世代ではない」とか、「ネガティブな反応をするだろう」とか思ってしまいがちですが、この人たちはみんな優しかったです。
  • お年寄りは、わたしたちのような人にとって昔はどんなに状況が違っていたかを、また別のレベルで理解できるんです。
  • (この作品がヴァイラルになったことで起こった、もっともクレイジーな、またはもっともすごいことは何だったかと訊かれて)これです(笑)。本当にクール。
  • (動画のお年寄りにメッセージをと言われて)ありがとうございます。みなさんの反応を見てうれしく思いました。どの反応も大好きです。泣かせてしまった方もいらしてごめんなさい、でも、泣いてくださってありがとう。

なおベスさんとエステバンさんは今後それぞれ別のアニメーション会社で活動していくとのことですが、いつか監督になって、『In a Heartbeat』をもっと大きな作品に広げたいと考えているそうです。その日が来るのが、今から楽しみです。

同性間の恋を描く短編アニメ『In a Heartbeat』を子供たちに見せてみた。こうなった。

f:id:miyakichi:20170901131954j:plain

YouTubeチャンネル「FEB」が、男の子同士の恋を描いた短編アニメ『In a Heartbeat』を6歳から13歳までのキッズ計9人に見せたときの反応をまとめた動画を発表しました。これがなかなかかわいくって、かつ深いんです。

詳細は以下。

Kids Reacting to 'In A Heartbeat' Will Give You Hope for the Future | PRIDE.com

『In a Heartbeat』は、米フロリダ州にあるリングリング・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインの最上級生、エステバン・ブラボ(Esteban Bravo)さんとベス・デイヴィッド(Beth David)さんがYouTubeで発表した3DCGアニメです。内容は「男の子に片思いしている男の子が自分のハートに振り回され、意外な結果を迎える」というもの。作者ふたりは、この作品を通じて子供たちに愛と自己受容のメッセージを送りたいと言っています

『In a Heartbeat』自体をごらんになっていないかたは、まずこちらをどうぞ。

そして、この作品への子供たちの反応はこちら。

率直に「キモい(weird)」などと言っている子もひとりだけいますが、全体的には非常に好評だったみたいですね。それぞれ驚いたり喜んだり、泣きそうになるのを一生懸命がまんしたりしているところがかわいらしいし、こうしたコンテンツに対する大人たちの姿勢を彼らが正確に見抜いているところも面白いと思います。実際のところ、先述の子がこれを見て「キモい」という理由が、いみじくもほかの子の発言でわかるようになっていたりするんです。

以下、場面ごとに子供たちの言っていることをざっくり抜き出して訳してみました。

作品鑑賞中の発言あれこれ

冒頭場面

  • これ、『In a Heartbeat』だ。
  • 『In a Heartbeat』。見たことある。
  • ぼく、これ見たら泣くかも。
  • この子、誰かから隠れようとしてるの?
  • この子があの子を好きだってことなんだと思う。
  • なんで隠れようとしてるのかわかった。
  • ちょっと待って、男の子同士なの? あの子、男の子に恋をしてるの?

ハートがドキドキし始め、ついに主人公の胸から飛び出すシーン

  • シーッ。ハートをおとなしくさせないと、めちゃめちゃにされちゃう。
  • おもしろーい!
  • わかんない。

偶然手をつないでしまい、ドタバタに展開するシーン

  • ヒーッ!(息をのむ)
  • どうなるの?

偶然抱き合ってしまい、さらにドタバタになるシーン

  • わーお。
  • ふたりは親友ってことじゃないよね。それ以上。実は、愛。
  • 私もキュートだと思う男の子といるとき、「やらかしちゃダメ」って思うんだけど、つまずいて転んじゃって「だ、大丈夫。大丈夫」って感じになるんだよねえ。
  • 台詞なしで内容が伝えられるのってすごいよね。

校舎の中で、みんなに白眼視される場面

  • 何が問題なのよ?
  • このくそったれども。気持ち悪いものを見る目で彼らを見るな。
  • あのさ、なんでこの人たちビビッてんの? この子たちは、ただ……この子はただあの子が好きなだけなのに。
  • 作者がこの動画を面白いだけじゃなくてシリアスな感じにもしたのは、とても好き。

ハートが壊れる場面

  • ハートが壊れちゃう!
  • ああ、やめて!
  • だめー、だめ!
  • ハート、壊れちゃったみたい。
  • 悲しい。
  • これ悲しい! すごく悲しい!
  • ということは、これって男の子が好きな男の子なのね?
  • うああああ(とうめきながら)、ぼく今、泣かないようにがんばってる。

ハートがつなぎ合わせられ、ふたりが並んで座る場面

  • おおお。
  • ちょっと待って、これってあの子がこの子を好きになったってこと?
  • すごくかわいい。このハート、とってもかわいい。
  • なんか、両想いみたい。
  • とてもハートウォーミング。

エンディング

  • すごーい。すごーい。
  • これ、気に入った。かわいかった。
  • ハートはいつでも望むものを手に入れるんだっていう話だった。
  • キモかった。(どうしてキモいと思うのかと聞かれて)そのへんを歩いてて、男の子ふたりが目を見つめ合いながら「愛してる」とか言ってるのを見たら、なんか変だし。(もし本当にそれを見たとして、あなたはキモいと思うだろうかと訊かれて)たぶんね。

視聴後の質疑応答

問「男の子が好きな男の子や、女の子が好きな女の子のキャラがいるアニメを何か思い出せる?」

  • ううん。
  • いいえ。
  • いいえ。
  • いいえ。映画やアニメにはそう出てこない。
  • 『ザ・ラウドハウス』。メインキャラの友だちの両親がゲイだよ。それから、その子の姉妹のひとりが女の子に片思いしてる。

問「実生活では同じジェンダーの人に恋をする人がいるのに、どうして子供向けのアニメやTV番組や映画では、男の子が男の子に恋をしたり、女の子が女の子に恋をしたりするお話が作られないんだろう?」

  • これまでに例がないから。ふつうテレビではやらないことなんだよ。だから、やったらすごい。
  • (子供向けのアニメやTV番組や映画は)ふつうの恋愛しか見せたくないんだよ。それ以外の恋愛は、あんまり見せたくないんだ。

問「作品の中で人と違う人を見せるのはいいこと?」

  • 世の中には「うわー、だめ。うちの子はそれを知るには早すぎる」みたいな人もいるよね。それでそういう人って、「だめ、見ちゃいけません」って感じなんだよ。
  • いまだに心が狭いままで、そういうのを見ると嫌な気持ちになる人がたくさんいるんだよ。で、映画や動画を作る人たちは、誰も怒らせたりとかしないようにしなきゃいけない。「男が好きな男や、女が好きな女を映画に出してはいけません」という法律はないよ。
  • こういうアニメをもっとたくさん見られたら本当にすてきだと思う。ゲイやレズビアンであってもいいんだ、だって、それって全然いいことなんだから。ボーイフレンドとガールフレンドがつきあうのと同じことで、単に同じジェンダー同士で好きなだけなんだから。
  • 子供っていろんなことをまだ知らないでしょう。子供は、自分がひょっとしたらゲイかもしれないってことがわからない。自分がどんな人なのかわからない。わかってる子もいるけど、そうじゃない子もいる。それで、大人は子供に何か押し付けたくないって思ってるんじゃないかなって時々思うよ。でも実際には、(アニメなどで同性愛を見せたからといって)押し付けになんてならないんだけど。

問「おとなは何が子供にとっていちばんいいのかついていろいろ考えていますが、子供としてはどう思いますか?」

  • この動画はとってもためになると思う。こういうことについて考えたことってなかったの、手がかりが全然なかったから。
  • 子供には見せるべき。今すぐ話をするべきだよ。
  • 子供には知識を与えるべき。というのは、大きくなっても知らないままだと、「なんであんなことしてるの? キモい。あんなこと許されるの?」みたいになっちゃうから。でもちゃんと教えれば、誰かがああいうふうにしていても、「やあ、どうも」で済んじゃう。「うえええ、何やってんだよ?」みたいにはならない。

この子たちの未来に幸あれ。

アン・コールターがハリケーン「ハーヴィー」を同性愛のせいにする。Twitterで大喜利始まる

In Trump We Trust: E Pluribus Awesome!

米保守評論家アン・コールター(Ann Coulter)が、大型ハリケーン「ハーヴィー」がテキサス州ヒューストンを襲ったのは同市が以前レズビアンを市長に選んだからだと示唆する意見を披露。Twitterユーザーたちが激しくツッコミはじめ、大喜利状態となっています。

詳細は以下。

Twitter Had the Best Responses to Ann Coulter's Ridiculous Hurricane Harvey Tweet | PRIDE.com

アン・コールターは「共和党のバービー人形」と呼ばれる保守派コラムニストで、「やつら(訳注:イスラム教徒のこと)の国を侵略し、指導者を殺し、キリスト教徒に改宗させねばならない」、「女性は選挙権を持つべきでない」などの発言で知られる人です。その彼女が2017年8月29日にしたためたツイートがこちら。

訳:「ハリケーン・ハーヴィーが、ヒューストンがレズビアンの市長を選んだことに対する神の罰だとは思いません。でも、その方が『気候の変動』より説得力がある」。

説得力て一体。ここで言う「レズビアンの市長」というのはヒューストン初のオープンリー・レズビアンの(元)市長、アニス(アニース)・パーカー(Annise Parker)氏のことだと思われますが、パーカー氏が市長だったのは2015年までのことです。なんで今さらハリケーンが来るのよ。

以下、これをきっかけに始まった大喜利状態のツイートを4つだけ訳してみます。(もっと見たい方は元記事をどうぞ)

訳:「レズビアン女性としては、わたしたちにはハリケーンの魔法が使えると認めることができます」。

訳:「バイセクシュアルとしては、熱帯暴風雨を召喚する力しか持ってません」。

訳:「もしわたしたちがLGBTsだからという理由でハリケーンや、地震や、竜巻や、飢饉や、干ばつ等々を作り出すパワーを持っているのなら……どうしてわたしたちを敵に回すわけ?」。

訳:「科学を信じていないのなら、ツイートなんてしてていいの? それとも、あなたの電話とその信号波って、魔法の力で動いてるの?」。(蛇足ですが、よく見たらこの人、女優のエヴァン・レイチェル・ウッドですね)

大きな災害が起こるたびに「同性愛者に対する神の怒り(または罰)」だと言いたがる人はたくさんいて、過去にはハリケーン・カタリーナもハリケーン・サンディも東日本大震災の津波もゲイのせいにされています。そういえば、アンチゲイ団体のリーダーが、2015年のハリケーン・ホアキンは米国が同性婚を認めたことへの「天罰」だと主張したのち、皮肉にも翌年のルイジアナ州の洪水で自分の家を流されるという一件もありましたね。あたりまえですが、自然災害は同性愛者にも同性愛嫌いの人にもまったく平等にふりかかってくるものなので、いくら甚大な被害を見て恐怖にかられたからと言って、いちいちゲイに責任をなすりつけてストレス解消しようとするのはやめてほしいものです。

おまけとして最後にひとつ動画を貼っておきます。この手のニュースを見るたびにいつも思い出す、レズビアンのスタンダップコメディアン、Suzanne Westenhoeferのパフォーマンスです。フロリダ州でハリケーンなどが起こったのはディズニーワールドで『ゲイ・デイ』が開催されているせいだというカンザス州のアンチゲイな牧師に、彼女はこうやって言い返すんです。「おっしゃる通り。あーはいはい、ほーんと、そうですとも。あたしらを怒らせるんじゃないよっ。カンザスを滅ぼすよっ!」。

米ミネソタのレズビアンカップル宅に脅迫状 家を焼く、娘に危害を加えるなど予告

f:id:miyakichi:20170831182643j:plain

先日フロリダ州の市議候補がKKKに脅されたと思ったら、今度はミネソタ州の同性カップル家庭宛てに脅迫状が送られたというニュースが。文面はこのカップルの家を焼く、娘に危害を加えるなどというもので、弁護士が全文をFacebookで公開しています。

詳細は以下。

Anonymous Letter Threatens to Burn Gay Couple's Home, Kill Their Daughter - Towleroad

この手紙は手書きではなく、タイプしてプリントアウトされたもので、同州セント・ピーターのこの家まで郵便で送られてきたとのこと。ムカつくので手紙の全文は訳しませんが、前半は日本のヘイターの皆さんがよく口走っていることとたいして変わりません。「オカマ("FAGGOTS")でいたけりゃサンフランシスコへ行け」、「おまえらは精神的な病気」、「おまえらのせいで、うちの子たちにおまえらのオカマ主義("FAGGOTISM")のライフスタイルのことを説明させられるはめになって大変なんだよ! だからおまえらのオカマ生活をもっと大変なものにしてやる!」等々、サンフランシスコを新宿二丁目等に置き換えれば、基本的に日本語圏のネットでも特に珍しくないものばかりです。

ただ、その後の脅迫の部分がいささか剣呑なんですよね。だいたいこんなことを言ってます。

  • 「自分がおまえらだったら背後に気をつけるだろうね……」
  • 「おまえらオカマどもは殺さねばならん」
  • 「家を燃やしてやることもできるし、おまえらを殺すのに銃を使ってもいいな」
  • 「ああ、それから、おまえらの哀れな娘!(中略)娘も背後に気を付けなきゃな……どこの学校に行ってるかはわかってるんだ!」

セント・ピーターではこのような事件は最近他に例がなく、現在警察が捜査しているところだそうです。

子供に同性愛について説明できないのは自分の知識不足と言語能力不足によるもので、同性愛者のせいじゃないのに、逆恨みもいいところだわ。"FAGGOTISM"なんていう妙な造語(こんな単語は英語にはありませんし、そもそも"faggot"はレズビアンではなく男性同性愛者を指す罵倒語です。このあたりの言葉遣いがあまりに変なので、弁護士さんはそれを手がかりに犯人を捜せないかと考えているみたい)までひねり出して同性愛者に当たり散らする暇があったら、Amazonで絵本でも買って与えとけばいいのに。とりあえず上記のFacebookポストに地元の皆さんがこのカップルへの支援を表明するレスをたくさんつけているのは幸いですが、一刻も早く犯人が捕まってしかるべき裁きを受けるよう願っています。

「おまえの住所を知っているぞ……」オープンリー・ゲイのフロリダ市議候補にKKKから脅迫状

16KKKwCross-burning
16KKKwCross-burning / Image Editor

フロリダ州ケープコーラル市議選に立候補したジェイムズ・シュナイダー(James Schneider)氏の住居の戸口に、KKKからの脅迫状が置かれていたと警察が発表しました。スナイダー氏はオープンリー・ゲイで、脅迫状を発見したのは氏のパートナーだとのこと。

詳細は以下。

KKK allegedly threatens Cape Coral political candidate - NBC-2.com WBBH News for Fort Myers, Cape Coral & Naples, Florida

南部貧困法律センター(Southern Poverty Law Center)によれば、この手紙の差出人はKKKのケープコーラル地区のグループ「クー・クロス・ナイツ」(Ku Klos Knights)の会員で、文面はこんなだったとのことです。

「おまえがどこに住んでいるのか知っているぞ、ホモ野郎。勝つのは俺たちだ……今すぐ(立候補を)やめろ。おまえらオカマちゃんどもがまったく予期していないときに、ここに楽しい訪問をしてやるぞ。スモアは好きか?」

“We know where you live faggot. We are going to win...Quit now. When you girls least expect it, We will be here for a nice visit. Like s'mores?”

念の為補足しておくと、スモアというのはキャンプファイアで焼いたマシュマロなどで作るお菓子のことです。そして、この手紙がほのめかしている炎は、おそらくキャンプファイアのことではありません。なお、手紙の映像は、以下の動画で見ることができます。

大統領があの有様ではKKKはさぞや調子づいていることだろうよ、と思っていた矢先にこの事件。どうすんのよアメリカ。スモア以外のものが焼かれてからじゃ、遅いのよ。

以下、シュナイダー氏の弁。

「わたしたちはこの手紙が置かれた場所から25フィートのところで眠っていたんです」とシュナイダーは語った。「これが本物だろうとそうでなかろうと、誰がしたことであろうと、震え上がりましたよ」

“I mean literally we were sleeping 25 feet from where they dropped this thing off,” Schneider said. ” Whether it’s real or not whoever did it they shook us up.”

それでも彼は立候補をやめるつもりはないと述べています。

「ほとんどやめてしまうところでした。でも、もしそうしていたら、彼らの勝ちだということになってしまっていたでしょう。わたしは、自分は市議にふさわしい立候補者だと思っています」

“I almost quit which would’ve meant they won. I think I’m the appropriate candidate for the position.”

ちなみにKKKは先日、米国のスペイン語TVネットワーク・ユニヴィジョンのヒスパニック系ニュースアンカー、イリア・カルデロン(Ilia Calderón)さんをNワードで呼んで、「国から出ていけ」「おまえを焼き尽くしてやる」と脅したりもしています。ほんとにどうすんのよアメリカ。まさかこのまま50~60年代ぐらいの状況まで逆行しちゃうの?

ドイツで2017年10月から同性婚可能に。でも登録は当分「妻」と「夫」で

f:id:miyakichi:20170830205427j:plain

2017年6月に同性婚法が可決されたドイツでは、10月1日から同性同士の結婚が可能になります。しかしソフトウェアの都合で、向こう1年ほどの間、同性カップルが結婚許可証を手にするにはどちらかを異性として登録しなければならないのだそうです。

詳細は以下。

German same-sex couples will have to pose as 'man and woman' to get married

この不具合はドイツ全土共通のもの。ソフトウェアが同性同士では結婚できない仕様になっているため、同性カップルの場合どちらか一方を異性として登録するしかないのだそうです。

これまでに同性婚を法制化した国は20か国以上ありますが、他の国ではこういう話は聞いたことがない気がします。DWによると、ドイツ内務省は、このような政策転換の際は通常ソフトウェア開発者に9か月のヘッドスタートを与えるもの(だから、6月に可決されたことに10月までに対応することはできない)と説明しているとのこと。一方、同国最大のLGBT権利団体Lesbian and Gay Federationベルリン支部の見解はこちらです。

「21世紀にもなって、小さな修正がこんな問題を作り出すとは情けないことです」と、スポークスマンのJörg Steinertは言った。

"It is embarrassing that in the 21st century, a small adjustment would create such problems," said spokesman Jörg Steinert.

米国ケンタッキー州ローワン郡のキム・デイヴィス書記官の一件のように人力で結婚許可証発行を邪魔されるよりはましだとは言え、それでもやはり、この期に及んで異性カップルのふりをさせられるのは屈辱的だと思います。早いとこ修正しちゃってほしいものです。

ホモフォビックな争いを止めようとしたゲイ男性が殴られ骨折 米ブルックリンで

f:id:miyakichi:20170830195836j:plain

2017年8月26日、米国ニューヨーク市ブルックリンのファーストフード店で、6~8人の集団が27歳の同性愛者男性にアンチゲイな罵倒を浴びせ、あごの骨を折るなどの怪我を負わせました。警察はヘイトクライムの可能性があるとして捜査しています。

詳細は以下。

Man Speaks After Being Attacked In Suspected Anti-Gay Hate Crime « CBS New York

事件が起こったとき、被害者男性はたまたま友人といっしょに近くのナイトクラブから出てきたところだったとのこと。ことの始まりは、この友人がフルトン通りのファーストフード店「クラウン・フライド・チキン」で6~8人のグループが他のグループにホモフォビックな侮蔑語を浴びせているのを見つけたことにありました。この友人は店内に入って仲裁を試みたのですが、結局店の外まではみ出しての騒ぎとなって、アンチゲイなグループのひとりが被害者の顔面にパンチをくらわせたのだそうです。

「他の人たちはホモフォビックな表現や中傷や、殺すという脅迫まで叫び散らしていました。ほら、『てめえ今夜死にたいのか?』とか、そういうことを」と被害者は語った。

“Other people were screaming homophobic epithets and slurs and also death threats, like, you know, ‘Do you want to die tonight?’ and things like that,” the victim said.

殴られたゲイ男性は病院に運ばれましたが、あごの骨の位置を直してワイヤで固定する手術が必要な状態だそうです。加害者は現在逃亡中で、ニューヨーク市長のスポークスパーソンがTwitterでこの男の防犯カメラ画像を公開し、情報提供を呼び掛けています。

全米でもっともLGBTフレンドリーな街のひとつと言われているニューヨーク・シティーですが、実はこういうアンチゲイな暴力事件もけっこう報告されています。2017年だけでも、他にはこんな事件が起こっています。

共通点は、どの事件でも、加害者は同性愛者を中傷する罵倒語を叫びながら暴力をふるっていたということ。いくら青い州の大都市でも、人口が多ければ多いなりにホモフォーブも多いってことなんでしょうかね。まだまだ道は遠いね。

「ヴォーグ(Vogue)」イタリア版、2017年9月号表紙で同性同士のキスをフィーチャー

IMG_2302 copy
IMG_2302 copy / Karim D. Ghantous

ファッション雑誌「ヴォーグ」のイタリア版が、2017年9月号の表紙を同性同士のキス写真で飾りました。しかも男性同士と女性同士の両バージョンで。

詳細は以下。

'Vogue' Italia Doubles Down on Gay Kissing with Two Sexy September Issue Covers - Towleroad

表紙の画像はこちら。

より厳密に言うと、9月号の表紙は全部で3種あるようで、残りのひとつは男女のキス写真です。ちなみにこれらのカバー写真のモデルのうち、本当にカップルなのは男性同士の組み合わせ(Edoardo VelicskovとPablo Rousson)だけだとのこと。そのせいだけでもないと思うんですが、女性同士のキスは、ヴォーグ・イタリアがInstagramに上げたこちらの動画に出てくるものの方がホットな気がしますね。

イタリアって欧州の中ではゲイ・ライツに関して保守的な印象があるけれど、こうしてみると多少は風向きが変わりつつあるのでしょうか。わりと最近、シスジェンダーの異性愛者セレブを「ジェンダーフルイド」と称してしまって後から謝罪するなどのポカもみられた「ヴォーグ」ですが、がんばってほしいものです。