石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『少女セクト(1)』(玄鉄絢、コアマガジン)感想

少女セクト (メガストアコミックス)

少女セクト (メガストアコミックス)

絵が綺麗。エロいけど下品すぎないレズマンガ

今商業作品のレズマンガの中でいちばん注目してる作品です。

こういう、絵が綺麗で、エロいけど下品すぎないレズマンガって個人的にはとても好きです。これぐらいのエロ濃度の作品は、エロマンガ市場の全体的な傾向からするとマイナーなんだろうけど、ニーズは確実にあるはずなので健闘してほしいと思います。とはいえ、コミックメガストア掲載だけあって、「エロマンガ慣れしてないお嬢さんが読んだら、鼻血出すかも」ぐらいには濃いんですけどね。

あと、エロマンガというのはファンタジーの世界だけど、どこか一箇所でもリアルな感覚をひっかけるフックがないと、ただの妄想の空回りになっちゃうと思うのよ。『少女セクト』は、そのフックのかけ方が非常にうまいですね。ガチな人の目から見ても。

ちなみに1巻は、描きおろしエピソードのきーちゃんと柴ちゃんがいい感じだし、同エピソード内での意外に(そうでもないか)神経細い思信さんも可愛いしで、お買い得感満点でした。ストーリーやキャラクタがつかみにくい作品ですが、そのつかみにくさを楽しむもよし、可愛い女の子たちのいちゃいちゃや絡みにハァハァするもよし。ちなみにエロシーンは、ガチな人の目から見てもほとんど違和感無く萌え萌えできるぐらい良くできてますぜ旦那。冬に出るらしい2巻が今からとても楽しみです。