石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ULTRA SWORD』(林家志弦、コアマガジン)感想

ULTRA SWORD (ホットミルクコミックス)ULTRA SWORD (ホットミルクコミックス)
林家 志弦

コアマガジン 2004-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ふたなりは……邪道!」「指と舌! 指と舌!」

18禁エロ漫画。爆裂ギャグ百合漫画『はやて×ブレード』の作者・林家志弦氏の、成年誌系初単行本です。ほとんど予備知識無しで作者名買いしたんだけど、

「ふたなりは……邪道!! (中略)大体ねえっ なっちゃいないのよ愛撫が! もっとこう! 指と舌! 指と舌!! なまじチンチンなんて生えてるから細かい気配りが」

という一部で有名なキャプ画像が出回ってる漫画はこれだったのね!! この1ページ(大好きだー)だけで値段のもとがとれるってのに、強烈にバカバカしい(←誉めてる)エロティックギャグとキャラ立ちまくりの女の子たちの言動が丸々1冊分楽しめるんですから、これはお買い得ですよ。

なお、この漫画にはお約束的男女エロやふたなりエロも登場するのですが、だからと言ってこの作品を「ふたなりであって百合じゃない!!」とか決め付けるのはどうかと。成年誌連載でちんこ出すなっていう方が無理なんであって、その制約の中でこれだけ沢山アホらしくレズレズしい/百合百合しいシーンを詰め込んでくれているってことに、むしろ拍手喝采すべきなんでは? つーか、作品中で雪さんがあれほど熱くふたなりやニセちんこを糾弾してるのを無視して、「ふたなり漫画」って枠にだけ閉じ込めようとすること自体がそもそも変よ。

あと、ガチレズなあたしの目から見ると成年漫画ってたいてい「ちんこ好き好きモード」で描かれてて*1、「はいはいわかったわかった」とうんざりする感じなのですが、林家漫画にはそれがないのがいいですね。ちんこ(または偽ちんこ)×まんこセックスの描写にどこか「照れ」が含まれていて、押し付けがましくないというか。そもそもラスボスを倒したあの剣の扱われ方を見ていれば、作者さんがちんこマンセー漫画描きさんじゃないのは一目瞭然で、そこがなんかすごく面白かったです。というわけで、『はやブレ』とかから読み始めて「この作者さんのエロ描写ありの漫画が読みたい」って思ってる方におすすめしときます。

*1:男子ってたとえノンケでもちんこ大好きだよねえ。頭の中に谷川俊太郎の「男の子のマーチ」がエンドレスで回ってそうだよね。そういう層が対象だから、エロマンガはやたらとちんこ礼賛モードになりやすいんでしょうね多分。