石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

PCゲーム『悪霊学園レイコ Remix』(Herb Soft)レビュー

悪霊学園レイコ Remix悪霊学園レイコ Remix

ハーブソフト 2003-02-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

偏見てんこもりの古臭い退魔レズゲー

この『悪霊学園レイコRemix』は、『悪霊学園レイコ』(1997年発売)と『悪霊学園レイコ2 比目島天女伝説』(1999年発売)の2本をひとつのパッケージにおさめた廉価版です。分類としては退魔もののSMレズゲーということになるのですが、どちらの作品も「レズビアンに対する偏見てんこもり」「絵が不気味すぎる」「システム今いち」「主人公に魅力なし」「全体的に古臭い」などの点が共通しており、あたしにとっては超ハズレでした。

偏見ひどすぎ

まず、この地の文をご覧ください。

礼奈は、自分がレズであるがゆえの、皮肉で陰惨な笑みを浮かべた。

(『悪霊学園レイコ』より)

何なのよこのクソ失礼な表現はー!? あたし自身がガチなレズビアンで、二丁目とかにも出入りしてて、レズビアン友達もいっぱいいるけど、「『レズであるがゆえの』皮肉で陰惨な笑み」なんて見たことも聞いたこともないわよっ! そもそもレズビアンだろうとヘテロだろうとゲイだろうと、嫌な奴は嫌な奴だし、いい奴はいい奴だっつーの。セクシュアリティと個人の人格を混同して、変な決め付けしやがるんじゃないわよ!

これ以外でも、とにかく終始レズビアンを邪悪なセックスモンスター扱いする表現ばかりが多用されていて、胸糞悪いったらありゃしませんでした。主人公の玲子自ら、レズビアニズムのことを「気持ち悪い」とか「そういう『趣味』はない」とか言いまくってるしね。

絵が不気味すぎ

絵柄がやたらとおどろおどろしく、『妖怪人間ベム』とか『うしろの百太郎』とか『ドロロンえん魔くん』のノリなのがエロゲとしては致命的。特に、主人公をはじめとする女のコキャラがしょっちゅう『うしろの百太郎』テイストの三白眼になるのには閉口しました。ちょっと驚いただけですぐ三白眼。女同士のセックス中にも三白眼。白目をむいて、あるいは焦点が合ってない不気味な目をしながらまぐわってるシーンというのもありましたね。いくら退魔ものだと言っても、ここまでホラーチックにする必要はあったんでしょうか。ていうかこれ見て興奮できる人っているんでしょうか。

ちなみに男性キャラはさらに気持ち悪く描かれています。『レイコ2』で村のブサイク男衆(もちろん全員三白眼)が三人折り重なって「家政婦は見た」状態で物陰からこちらを「んじー……」と覗いてるシーンなど、嫌がらせとしか思えない不気味さでした。くどいようですが、このゲームで興奮できる人っているんでしょうか。

システム不便すぎ

インストール無しで気軽にプレイできるところはいいんですが、バックログがなく、メッセージスピードの変更もできないのは不便。セーブの仕方も、ファイルの置き場所やファイル名をいちいち自分で指定してやらなければならないという独特なもので、面倒でした。

主人公に魅力なさすぎ

『レイコ』でも『レイコ2』でも、主人公のやってることと言ったら「はっ!!? 人の気配・・・!!?」と怖い顔をするか、なんでもかんでも「波動を感じた」「波動の力が」とご都合主義的に説明しながらうろうろするかだけです。波動波動って、おまえは怪しい健康グッズのセールスマンか。そのくせいざ戦闘となると簡単に催淫剤打たれて秘密をペラペラ喋ったりしてて、ヘタレすぎますこの主人公。

表現、古すぎ

「ルンルンしながら行っちゃった・・・」とか、「ス○バ○刑事みたいですぅ~!」とか、「○ボさんみたいな霊能力者」とか、全体的に表現が古臭すぎ。レイコ1が1997年のゲームだということを割り引いて考えても、やっぱり古すぎ。林真理子の『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーになったのは1983年、『スケバン刑事』がドラマ化されてブームになったのは1985年、宜保愛子のブームだって1990年代の半ばには終わってます。

まとめ

「レズは邪悪なセックスモンスター」というふっるい時代の偏見のままに作られた駄作。絵も可愛くないし、表現はカビ臭いし、主人公に魅力もないしで、いいとこなしでした。SMレズゲーなら『エスカレーションHARD CORE-DVDPG』を、伝奇物レズゲーなら『アトラク=ナクア』『アカイイト』をプレイした方がよっぽど楽しめると思います。