石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

『クロハネ』第1〜3話感想

カタハネカタハネ

タルト 2007-01-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

期待の百合ゲー『カタハネ』の発売日が間近に迫っているので、慌てて先日ダウンロードした『クロハネ』編をプレイしています。ていうか『クロハネ』も『カタハネ体験版 シロハネ』もまったくプレイしないうちから既にAmazonで本編を予約してしまっている自分もどうかと思いますが、やってみたらすごく面白かったです、『クロハネ』!

まずココが超絶可愛いです。あのきゅっぱきゅっぱした足音といい、読点の位置が独特なしゃべり方といい、たまりません。キャラクタの口調を特徴あるものにするには、語尾に「にゃ」だの「にゅ」だのと珍妙な文字をつけるという安直な方法がよく使われるものですが(そしてユーザ側は『またこれか』『うぜえ』とうんざりしがちですが)、読点の位置で差別化するっていうのはすごく新鮮で、読んでいてとても楽しかったです。子どもみたいな性格にもわざとらしさやあざとさが全くなく、ただ幼稚なだけではないことがわかるので、読めば読むほどココが好きになっていきました。一家に一台(いや、『一人』かな?)ココがいればいいのに。

クリスティナやエファももちろん可愛いし(ココには負けるがな!)、緻密で綺麗な背景も良いし、プレイヤに常に小さな謎(「『あのあと』って何の後?」「『おばあちゃん』って誰?」「ユッシは過去に何を見たの?」など)とその謎解きを味わわせてくれる展開もとても面白いです。全体的に、よく練られた会話と絵だけでお話の背景がしっかり伝わってくるような構成になっていて、第3話で『クロハネ』というタイトルの意味が暗示されるシーンなんて、ゾクゾクしました。なんとか26日金曜日の『カタハネ』発売までに全11話をクリアしたいです。