石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『クロハネ』第4話〜Story Final感想

カタハネカタハネ

タルト 2007-01-26
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(※『クロハネ』は『カタハネ』の中のお話で、『カタハネ発売前に無料Web配信されています)

Amazonで買った期待の百合ゲー『カタハネ』が届く前にと(発売日は今日です)、泥縄で残りの『クロハネ』を進めまくること数時間。たった今、最後のシーンを見終えたところです。

すっげえよコレーーーーーーーーーーーーー!! どんなゲームかもよく知らないうちから野生のカンで『カタハネ』を予約したあたしは正しかった! うおおお本編やるのが楽しみだー!!

ああもうホント、この興奮をどうやって伝えたらいいのかしら。緻密に張られた伏線が実に小気味良く機能しているところ、国と国との権謀術数を描きながらも決して冗長になっていないところ、そしてそして、このキャラクタたちの魅力といったら! ココの愛らしさについては既に先日の感想に書きましたが、クリスティナの覚悟、デュアの格好良さ、エファの一途さ等々、どれをとっても「すっげえよコレーー!」です。

最もすごいのは、肝心の百合部分。キスや抱擁のシーンだけでこんなに色っぽい描写が可能だなんて。そして、「愛している」というキーワードをこんな風に使うなんて! ちなみにWeb配信分の『クロハネ』には18禁描写はひとつもありませんが(※後日付記:製品版はWeb配信版とはちょっと違っていて、全裸シーンや絡みのシーンが付け加えられています。でも下品でない描き方で、これはこれで良くできてます)、あの抑制のきいた筆致のかもし出す色気は、そんじょそこらの汁まみれのエロゲーの百万倍すごいと思いました。やられた。ちなみに百合部分だけでなく、ストーリー自体もとても良くて、第8話やStory Finalのラストなんてどれだけ目頭が熱くなったことか。ああ、ダウンロードしてよかった。

こんなすごいもん無料で配信してくださってありがとうTarteさん。製品版で『シロハネ』編をプレイするのがとてもとても楽しみです。