石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『カタハネ』プレイ日記3:終盤に入りました。

カタハネカタハネ

タルト 2007-01-26
売り上げランキング : 164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
神ゲー決定。
なんかもうここんとこ日記=『カタハネ』プレイ日記みたいになってますが、いいんですそんなことは。この感動を書き留めておかないで(※もちろん、ネタバレしない範囲で、ですけど)どうする!
現在、セロ&ワカバED、アンジェリナ&ベルEDを順調に見てから、全ての謎が解かれるメインシナリオの終盤にさしかかったところです。アンジェリナ&ベルEDを見た時点で既に自分の中では神ゲー決定だったのですが(詳しくは後日レビューで書きます)、それでも「まだあの伏線とあの伏線はどうなったの?」という疑問は残ってたんですよ。それがメインシナリオに入ったとたん、気持ちいいほど全てが噛み合って謎が解けていくじゃないですか! この気持ちよさと言ったら、『アカイイト』で全ての謎が解けていくときのあの快感にも劣りません。この分だと、Web配信で先に『クロハネ』をやって、「あれ? ここまで整合性のある構成なのに、あの伏線だけが回収されてない……」と思ってたアレがとても大事な役割を果たしそうで、もうその期待だけで胸がはちきれそうになってます。
ともかく、ここまでストーリーを大切にした百合ゲーは、マジで神だと思います。買ってよかった。プレイできて幸せ。