石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『教艦ASTRO(1)』(蕃納葱、芳文社)感想

教艦ASTRO 1 (まんがタイムKRコミックス)

教艦ASTRO 1 (まんがタイムKRコミックス)

熱いぜ烏丸先生!

メインキャラが全員高校教師という変り種の4コマ漫画。百合キャラ・烏丸かなめ先生の強烈に熱い片思いっぷりが素敵です。この人の熱さとガチ度は、『落花流水』(真田一輝、芳文社)の秋穂や『ストロベリーシェイクSWEET』(林家志弦、一迅社)の樹里亜に匹敵するものがあると思いました。さらに、暴走して突っ走るだけじゃなく、時にえらくいじらしいところをみせるあたりがまたいいんですよね、烏丸先生は。たとえば修学旅行や教生時代のエピソードには、思わず「おもしろうて、やがて悲しき烏丸先生」と一句詠んでしまいそうになりました。そんなわけで、この人を見るだけでも百合漫画として買った甲斐があったぜ! とほくほくしました。

ドSな乙女キャラもいい

特筆すべきは、『教艦ASTRO』は百合ギャグ以外も秀逸だということ。いや、むしろ、百合ギャグはこの強烈な世界のほんの一角をなしているにすぎず、ほかの要素もじゅうぶん楽しいんですよこの漫画。特に養護教諭・荒井準名(せつな)(♀)の「ドSにして乙女」なところは必見です。あんなにドSで猟奇好きで暴力的でゲーオタなくせに、中身はすっげー可憐な乙女なんですもん、全世界のギャップ萌えな人(含むあたし)を悶絶させるために生まれてきた人だとしか思えません。準名はヘテロなんですけど、もうこの際そんなことはどうでもいいです。眼鏡の奥で頬染めるあの表情を見ただけでメロメロのヘロヘロのへにゃへにゃです。

唯一の難点

絵柄のせいか、予備知識ゼロで読むと一部のキャラの男女の区別がつきづらいこと。実を言うと、牧(主人公、♀)のお兄さんがレギュラー入りして「そうか、この作者さんの男性の描き方はこうなのか」と腑に落ちるまでは、微妙に混乱しながら読んでました。それぐらいでしょうか、難点は。

まとめ

見どころは「百合キャラ」と「ドSな乙女キャラ」。別に百合なんかぜんぜん興味ない人でも、後者は必見だと思います。準名とつきあってる牧の兄ちゃんは幸せ者ですよ、まったく。