石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ゲイシャ笑奴』(森奈津子、ぶんか社)感想

ゲイシャ笑奴

ゲイシャ笑奴

こいつはエロいぜ!(褒め言葉)

同作者の同系列の官能短編集『電脳娼婦』はあまり合わなかったあたしですが、こちらには感じ入りました。全編にわたってとにかくエロいわ、小気味よくひねりはきいてるわで、すげー好きな一冊です。

特に強く心を動かされたのは、「人形たちの秘め事」と、「わたしの人形はよい人形」の2編です。まず前者は、男性と女性・女性と女性・両性具有者と男性などのありとあらゆる組み合わせの官能が描かれるところはもちろん、セクサロイドという要素が非常に効果的に使われているところがとても良かったです。そして、その直後に配置されている「わたしの人形はよい人形」が、「セクサロイド・テーマの小説をよく書くバイセクシュアルのSF官能作家」を主人公とするお話であるところがまた心憎いったらありません。

「わたしの人形はよい人形」の最後の1ページを読み終わったとたん、「人形たちの秘め事」の生体人形たちのみならず、森奈津子さんがこれまでに描かれたセクサロイドたちすべてが――それこそ、短編「哀愁の女主人、情熱の女奴隷」(『西城秀樹のおかげです』に収録)に登場する素っ頓狂なアンドロイドのハンナや、「マゾ界転生」(『踊るギムナジウム』)に収録)のコミカルなマゾのセクサロイド・ハンスまでも――新たな馥郁たる官能の香りとともに行間から立ち上がってきてしまいました。やられた。ハァハァするやらドキドキするやらで大変ですよ、もう。

その他の作品もみんな良かったのですが、特に好きなのはレズビアン小説「姉様の翼」かな。思春期の少女のレズビアニズムへの目覚めを描いた小説、というと、「片思いしつつ煩悶し、初恋の成就とともに己のセクシュアリティを肯定する」なんていうのがよくあるパターンだと思いますが、このお話はそれとまったく違う斬新な切り口で書かれているんですよ。特に、オチのひねりのつけ方には唸らされました。

『電脳娼婦』との違い

『電脳娼婦』の方は、6編中5編に男女の性器結合セックスが登場するのに比べ、『ゲイシャ笑奴』では6編中2編だけです(表題作をどう取るかは意見の分かれるところでしょうが、あたしはこれをヘテロセックスだとは解釈しませんでした)。なので、「男性器の勃起→女性器への挿入→射精」というありふれたパターンに飽き飽きしている方には、前者より後者の方が合うのではないかと思います。また、マゾヒズムの描写も『ゲイシャ笑奴』の方がきめ細かいし、女性同士の性愛や、それにともなう心理描写については、圧倒的に『ゲイシャ笑奴』の勝ちだと思いました。そのへんですね、違いは。