石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『猫飯』(逢魔刻壱、フランス書院)感想

猫飯 (Xコミックス)猫飯 (Xコミックス)
逢魔 刻壱

フランス書院 2001-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ALMOST HONEST」と「ダメ人間じゃん」がステキ

18禁エロ漫画。収録されている10本のうち、「ALMOST HONEST(前・後編)」と「ダメ人間じゃん」「ダメ人間じゃん2」が女のコ同士の愛とエロをがっつり描いており、よかったです。なんというか、愛やサスペンスを描くときの「間」のとり方が非常にうまい漫画家さんだなと思いました。

「ALMOST HONEST」について

近未来の裏社会で(おそらく)殺しを生業としているレオナは、そのことを隠したまま女性の恋人リサと暮らしている。レオナにはほかにもリサに隠していることがあり、幸せな日々の中にも罪悪感を抱いている。やがて組織を抜けようとしたレオナには抹殺命令が下され、リサの身すらも危なくなる。2人の愛の暮らしはどうなるのか? そして、レオナの言う『リサを傷つけてしまった本当の』とは何なのか?」

……というあらすじの、愛とサスペンスにあふれたお話。レオナとリサが本当にラブラブで仲良しなところがいいし、後編クライマックスのハラハラドキドキ感もすごかったです。特にp104~106のスリルと叙情性は、とてもエロ漫画のものとは思えないほどでした。冒頭にも書いたけど、「間」の取り方が絶妙なんですよ。

ちなみにエロについては前編が女女エロ主体(ラブラブあまあま)、後編が男女エロ主体(陵辱)となっています。男女エロが描かれる後編でもお話の背骨は一貫して「レオナからリサへの愛」であり、そこがとても良いと思いました。

「ダメ人間じゃん」について

  • 学校では真面目な優等生(おそらく)なのに、実は援助交際をしている「橋本さん」
  • 学校ではおとなしくて内気な子(おそらく)なのに、実は保険の先生(レズビアン)に調教されている「相原さん」

……のふたりがひょんなことから身体の関係を持ち、そのままなんとなく付き合い始めるというお話です。タイトル通りどこかダメ人間っぽいふたりですが、初セックスで仲良くなった後の、

結局その日は遅くまで話をした 好きな音楽
最近見た映画
最新ゲーム 占いの相性
クラスで嫌いなヤツ
飼ってる犬が
妊娠したこと くだらないこと
だらだら
ダラダラと……

というモノローグのコマに流れる、ゆるい「好き」感覚がとても新鮮でした。ふたりのゆるやかな「好き」感覚は後編にも持ち越されており、嫉妬や独占欲を描きつつもどこか優しくあたたかいラブストーリーに仕上がっています。ちなみに作者さんにとってもこの「ダメ人間じゃん」は「今回の収録作品の中では一番のお気に入り」(裏表紙カバー下より)なんだそうです。

なお、「bonus track」として巻末に収録されている「ダメ人間じゃん 2.5ぐらい」で、仲良く淡々とスキヤキをつつくふたりの姿もいいですよー。橋本さんがテレちゃったりしてるあたりがなんとも可愛らしくて、たまらんです。

その他

「ALMOST HONEST(前編・後編)」「ダメ人間じゃん(1・2)」以外の収録作は、すべてふたなりエロまたはふたなりエロ+男女エロです。そういうのが苦手な方は回避推奨。

まとめ

ふたなり物や男女物も含む1冊ではありますが、「ALMOST HONEST(前編・後編)」と「ダメ人間じゃん(1・2)」のためだけでも買う価値ありだと思います。もっと早く読めばよかったです。