石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ストレイリトルデビル(全5巻)』(森小太郎、メディアワークス)感想

ストレイリトルデビル 1 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 1 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 2 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 2 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 3 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 3 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 4 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 4 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 5 (電撃コミックス)

ストレイリトルデビル 5 (電撃コミックス)

天使と悪魔の物語

「突如『天魔界』なる見知らぬ世界に引きずり込まれた中学生パムは、悪魔研修生となって一人前の悪魔を目指すことになるのだった。天魔界で元の世界の親友凛花にそっくりな天使リンファに出会い、友達になろうとするパムだったが……」というお話です。

ただの友情百合漫画と思わせておいて、実はもっと濃い

途中までは「漫画としては面白いけど、百合漫画/同性愛漫画としてはえらく薄口だよねえ」という感じだったんですよ。で、友情百合漫画ってことでレビューしましょうと、頭の中で文面まで考えていたのですが、5巻(最終巻)を読んで目ん玉飛び出しました。友情どころの話じゃないですよもう! 大興奮ですよ! ああ、ネタバレしたい。したいけど頑張ってこらえながらこれを書いています。それにしても、4巻まで「キスシーンぐらい入れればいいのに、無理だろうなー」とか思っていたのですが、まさか、こうくるとは! いい意味で、めっちゃくちゃ予想を裏切られましたよ。興奮のあまり鼻血出るかと思いました、ほんとに。

神話の新たなバリエーション

昔っから、天地創造の神話というと男神と女神がどーたらこーたらってパターンがけっこう多いですよね。それはそれでいいんですが、そればっかりだと寂しいわけですよレズビアンとしては。『ストレイリトルデビル』は、そんなあたしに「じゃ、こういう神話はどうよ?」と新たなバリエーションを見せてくれた楽しい作品でした。全年齢向けだけあって表現そのものは微エロ(とは言え全裸ですよ全裸)なのですが、ある意味、凡百の汁だくセックスシーンより色っぽいわ壮大だわで、堪能いたしました。

まとめ