石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「五十鈴のカウンター」(玄鉄絢、コアマガジン「コミックホットミルク」2007、vol.01)感想

COMIC HOT MILK (コミック・ホットミルク) 2007年 10月号 [雑誌]COMIC HOT MILK (コミック・ホットミルク) 2007年 10月号 [雑誌]

コアマガジン 2007-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コミカルでポリアモラスな百合エロ短篇

「五十鈴のカウンター」は、8Pの短篇。百合エロ漫画として既に定評のある『少女セクト』のスピンオフ作品です。ストーリーは、夜ごと街道に現れる女性専用のリムジンバーを秘密の合図で呼び止めると、中には『少女セクト』のあの人とあの人とあの人(伏せます)が乗っていておもてなしをしてくれるというもの。たまたま乗せた客(当然女性)に彼女たちがあんなことやこんなことをされてさあ大変、という展開のエロ漫画なのですが、相変わらず複数の女性が絡むセックスシーンを綺麗にかつ色っぽく描く作家さんだなあと思いました。あと、うまい(性的な意味で)人が本当にうまく見える描写とか、女のコの感じてる表情がすごく可愛いところとかは完全に『少女セクト』の系譜ですね。コミカルなオチも楽しくてよかったです。モノガミー至上主義でない百合エロ好きさんにお勧め。