石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『倉庫の中の美しき虜囚』(森奈津子、KKベストセラーズ)感想

倉庫の中の美しき虜囚

倉庫の中の美しき虜囚

美しい女性にいじめられるお話&美しい男性をいじめるお話

「SM、監禁、レズビアン・セックス、ゲイ・セックス、近親相姦、少女愛」(帯より)がみっちりとつまったエロティック短編集。タイトルが暗示している通り、どの作品もSMと監禁(もっと言ってしまうと、『美しい女性にいじめられるお話』と『美しい男性をいじめるお話』)の要素が濃いのですが、かといって暴力的な小説では全然ないのが面白いところです。ちなみに女のコ同士のお話は2編あり、少女同士のSMセックスがツボな方ならこの2編だけを目当てに購入されても惜しくはないのではないかと思います。

レズビアン要素について

女の子同士のお話は「彼女への供物」「少女と少女」の2編。どちらも主人公の少女が美しい同級生からいじめられる(性的な意味で)というストーリーなのですが、両方とも「いじめる側は能動的、いじめられる側は受動的」みたいな退屈なパターンを脱しているところが非常に魅力的です。主人公たちが形の上ではサディスティックに嬲られつつ、実は主体的に官能(というか愛というか)を味わい受け入れているところがとてもいいし、何よりエロいし。また、彼女たちが起承転結の「転」の部分で見せる変化にもドキドキさせられっぱなしでした。

監禁とSMについて

上辺だけを見れば監禁もSMも暴力なんですけど、森奈津子作品の場合は根底に愛と崇拝があると思うんです。この本もやはり、愛と崇拝を根底においたミルフィーユのような多層構造の「支配⇔被支配」関係を描いたお話が多く、たのしく読めました。

その他

  • 時折のぞくホラー要素やSF要素にもぞくぞくわくわくさせられました。ただのエロだけでは終わらないこの作風、大好きです。特に「人形草」のあのちょっと怖くて奇妙な味わいなんて、たまりません。
  • 上で挙げた「彼女への供物」には主人公と男性キャラとのエロシーンがあります。俺の肉棒の味を知れば男が良くなるぜー、みたいなだっさい話では全然ないんですが、少しでも男性が出てくると嫌な方は回避推奨。

まとめ

レズビアンエロスもその他の要素もみんな良かったです。どのストーリーも、一貫して女性が主体的に性を受け入れ味わう(形の上では縛られたり嬲られたりあるいは誰かを嬲ったりといろいろですがー)お話であるところがすごく好き。おすすめです。