石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『シーツの隙間/LOVE VIBES』(桜沢エリカ、祥伝社)感想

シーツの隙間/ラブ・ヴァイブス (祥伝社コミック文庫)

シーツの隙間/ラブ・ヴァイブス (祥伝社コミック文庫)

男がらみの浮気と三角関係がぐだぐだと続く♀♀もの

「……あんまりレズビアン漫画っぽくないなあ(かといってバイセクシュアル漫画っぽくもないし)……」というのが正直な感想です。

別に、メインキャラの女のコたちが男と寝るから気に入らなかった、というわけではないんですよ(森奈津子さんのバイセクシュアル小説とかなら大好きですもん、自分)。そうではなくて、「シーツの隙間」も「LOVE VIBES」も、登場する女のコたちの大半がいろんな意味でとにかくオトコのことが気になって気になって仕方がない、という点で、クィア性に欠けている気がするんです。ちなみにどちらの漫画でも男と女はすぐ寝ますが、女と女のセックスシーンは一冊通してたった一回だけ。それもキスしてる顔のアップだけ。そんなこんなで、個人的にはあまり合いませんでした。以下、各タイトルの簡単な感想など。

「シーツの隙間」

えーと、なんですかこの劣化版『ルームメイト』は。いや、映画『ルームメイト』と違って誰も死なないしサスペンスでもないのですが、「主人公美名子が、親友サキのことが好きだからサキの男と寝てみたくて次々寝取って行く」、というストーリーがどうもいただけないなと。オサレな都会のラブストーリー風にパッケージされているからまだ抵抗感は少ないものの、これって昔からよくある「変態レズストーカー物」の系譜っぽい気がします。オチも結局は異性愛に帰着しつつ、美名子の「サキになりたい」という願望全開で終わっていて、ちょっとこれは同性愛とか両性愛とかのカテゴリとは違うなあと思いました。

「LOVE VIBES」

こちらは一応女のコ同士のラブストーリーなのですが、なんとも隔靴掻痒の感が。どのへんが隔靴掻痒なのかというと、男女はすぐセックスありの関係になだれ込むのに、女女だとそうではないところ。キスまでしても「仲良しの友達」どまりで、えっらく話が進んだ後でも「私だって麻子ちゃんを抱きたいよ!」とか叫んでたりして、こちらとしては「まだ寝てなかったのかよこいつら!」と驚愕しましたよもう。これが元ノンケ同士のカップルとかならともかく、クラブのレズビアンナイトで知り合った女のコ同士という組み合わせでさえも、キスシーンは描かれるのにセックスはひとつも描かれず(ていうか、たぶんしてない)、ずいぶんページが進んでから「私たちちゃんと友達になろうよ」とか言ってるのには心底脱力しました。

ちなみに、一応終盤あたりに一か所だけ女性同士のセックスシーンとおぼしきものがあることはあるのですが、冒頭で書いた通り、そこに描かれているのはキスしてる顔のアップだけ。こんなにも女性同士の性を回避しよう回避しようとする(野郎とのエロはいきなり全裸騎乗位ロングショットでばばーんと描かれたりしてるのにー)この物語構成はいったい何なんだろうと疑問に思ってしまって、うまくお話の中に入っていけませんでした。レズビアンイベントの描き方なんかは、雰囲気があってとてもよかったんですけどね。

まとめ

女のコ同士のちゅーもハグも愛らしきものも(そしてごくごく稀にセックスも)あることはある一冊なのですが、あたしにはどうもクィア性が非常に低い漫画としか受け取れませんでした。残念。