石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『正義研究会セレナード(1)』(よこやまなおき、キルタイムコミュニケーション)感想

正義研究会セレナード 1 (ヴァルキリーコミックス)

正義研究会セレナード 1 (ヴァルキリーコミックス)

ちょっとエロくてコミカルな、戦隊ヒロイン百合漫画

女のコ好きの変身ヒロイン「セレナ」と、セレナをお姉さまと慕う剣術少女「かの」、そしてヘタレでオタクな変身ヒーロー「蒼也」などが織りなすコミカルな戦隊モノ漫画。百合についてはマジ恋愛というより、ありがちな「萌え&ちょいエロ」路線なのですが、かなりラブい大ゴマもあったりするので今後に期待。また、全体的にギャグテイストな作品でありつつ、「正義とは何か?」というテーマがさりげなくお話全体を引き締めているところもよかったです。さらに何より嬉しかったのが、戦闘ヒロインたちが「男性キャラを喜ばせるための添え物」扱いされず、きっちり主役を張って強さ&かっこよさを発揮しまくっているところ。まとめると、「すげー面白かったので2巻も楽しみです!」ってことになります。

百合要素について

セレナは可愛い女のコなら誰にでもモエモエするという、わりと古典的な多情タイプの百合キャラ。一方、かのもセレナに「憧れのお姉さま」的な思慕を抱くというたいへん古典的なパターンを踏襲しています。というわけで、正直、百合要素に関しては目新しさはあまりないです。ちなみに、ちょいエロな絡みシークエンス(複数)も「蒼也の妄想の中で」とか「敵に捕まって拘束されて」とかいうものばかりで、当人たちの愛や欲情とは100パーセント無関係なので、その点も今ひとつ。

ただ、やたらとラブいおでこチューの場面があるんですよ。お好きな方ならこれだけでごはんが3杯。ていうか、1冊につき1回ぐらいこういう場面を入れてもらえれば、あとは今の路線のままでも納得して買うぞ、とあたしは思いました。もちろん2巻以降でセレナとかのの仲が盛り上がっていけばもっと嬉しいんですが、そちらに関してはとりあえず様子見ですね。

あと、男性が女性同士のセックスに「僕も混ぜてくれー!」と乱入しようとすることがものすごくアホな行為として描かれているところに大変ウケました。こういうのを「当たり前の展開」みたいに描いちゃうエロ漫画も多い中、しっかりギャグに仕上げて笑い飛ばしてくれるというのは嬉しいなあ。

「正義とは何か?」というテーマ

百合とかヲタとか触手とか幼女とか水着とかぱんつとかぱんつとかぱんつとかいう方向にはっちゃけているにもかかわらず、あざとい印象は非常に少ないんですよこの漫画。これは、お話のバックボーンである「正義とは何か?」というテーマが、要所要所でストーリーをそっと引き締めているからだと思います。言い換えるなら、大上段に構えたらかえって伝わりにくい「正義とは?」というテーマを、エンタテインメイントという形でさりげなく表現してみせているのがこの作品なのではないかと。その奥ゆかしさがなんだかとても好きですね。

ヒロインたちは添え物じゃない

「戦うヒロインの女女カップル+ヘタレ男子」という組み合わせは一見『カプレカ』(ネツマイカ[画]/松本真[原作]、ジャイブ)と似ています。しかし大きく違うのは、蒼也はあくまで脇に徹したギャグ担当のキャラクタであること。いつの間にかヒロインが「男性キャラを興奮させる役」チックなポジションに落としこまれてしまった『カプレカ』とは違い、こちらはあくまで女のコたちが主役を張ってガンガン戦う話であるところが楽しかったです。普段はおバカっぽいセレナが絶体絶命のピンチで

「またあとでね」

と不敵に笑ってみせるところ(p154)や、かのが

「お姉さまは 私が守るッ!」

とまなじりを決するところ(p93)など、かっこよすぎてもう惚れそう。ちなみに戦闘シーンもパワフルでいいし、セレナとかの以外の女性キャラクタも皆味わい深くて素敵ですよ。

まとめ

戦闘ヒロイン好きで、かつ百合好きな方にはこたえられない作品かと。ヒロインたちのかっこよさも、エロやギャグに隠れた骨太なテーマも、とてもいい感じです。今のところ百合要素がやや新味に欠けるところは残念ですが、それでもあのおでこチューには一見の価値ありだと思います。