石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.4 ガールファイト』感想

ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.4

ドラマCD ヤングガン・カルナバル VOL.4

  • アーティスト: イメージ・アルバム,保志総一朗,柚木涼香,平田宏美,高城元気,泰勇気,伊藤静,松来未祐
  • 出版社/メーカー: フロンティアワークス
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
銃と百合で有名なアクション小説『ヤングガン・カルナバル』のドラマCD第4弾です。ちなみに今回はサブタイトルが「ガールファイト」ってことで、本編もミニドラマも女子中心のお話となっています。

ミニドラマすげええええええ

「温泉宿に集まったヤングガン女性陣が、王様ゲームならぬ女王様ゲームを繰り広げる」という設定なのですが、ここまでやるかと爆笑。「かなりの暴走」「ヤバい所はカット/フェイドアウトした」(ゲストコメントより)とのことですが、カットしてなおかつこの淫靡さってどういうことですかわはははは。あんな命令しか出さないあの人や、それに恥じらいながら答えるあの人、そしてノリノリで応えるあの人など、面白すぎます。ちなみに弓華の

「やっべ、ちょっとだけうらやましいと思ってしまった」

という台詞に共感してしまいましたよどうしよう。あと、ミニドラマ内でもゲストコメントでも、誰ひとりとして「女同士であること」に疑問を感じてないあたりも楽しかったです。

本編もすげええええええ

何がすごいって、のっけから描かれるバイオレンスシーン。聖火ママ登場ということで、おそろしく強烈な場面からお話が始まるんですよ。エグい暴力シーンが苦手な方は回避推奨。って、いないか、ヤングガンにそんなファンは。ちなみに、女子ばっかりのお話の中にゲスト的に出演している塵八も、今回は銃でなく格闘シーンで見せ場を作っていてかっこよかったですよ。

ちなみに本編の内容はヴェルシーナ・ファイルを巡るもので、伶が事件に巻き込まれ、弓華はまた己の恋に悩むことになります。クライマックスでの伶のあのド直球な台詞には、弓華ならずともノックアウトされること必定。いやー、あれはずるいよ。反則だよ。でも、弓華のカノコへの想いもまた本物であることがきちんと伝わってくるシナリオ&演技なので、「もうポリガミーってことで3人仲良くつきあいなさいアンタたち」とか思ってしまいました。それこそ弓華の好きな『いおの様ファナティクス』状態で。いや、でもそれはカノコと伶が嫌がるか。ううむ。苦労するなあ、弓華。

まとめ

本編はヤングガンらしいハードなバイオレンス描写、ミニドラマはこれもヤングガンらしい女同士のエロシークエンス、と、大変お買い得感のある1枚でした。これでドラマCDも最終回とは、寂しい限りですね。