石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ぽぽんが劇場』(のぞみ侑海、コアマガジン)感想

ぽぽんが劇場 (ホットミルクコミックスシリーズ)

ぽぽんが劇場 (ホットミルクコミックスシリーズ)

少女漫画寄りの18禁エロ漫画(百合あり)

少女漫画風のノリとさっぱりした絵柄のため、全体的にはあまりいやらしくない1冊。冒頭に収録されている百合エロ短編「天使は笑う」が非常にいいですね。少女同士の愛とエロスがしっかり描き込まれている上に、ダークな雰囲気がお話全体をうまく盛り上げていると思います。

「天使は笑う」について

「エリス」と「ディアナ」という2人の少女が共謀して悪い大人を殺すというファンタジー。少女たちの絡みのシークエンスに、初々しさも頽廃も愛もすべて込められているところに脱帽。あと、なんと言ってもハダカの描写が綺麗だし、毒と甘さが入り混じったオチもとてもよかったです。甘ったるいだけの百合ものに飽き飽きしている方にぜひ読んでいただきたい逸品ですね。

他の♀♀要素について

「魔性」に女性同士の凌辱が、そして「AND THEN…」と「とってもふかいうみのそこ」に3Pがらみの♀×♀シークエンスが出てきます。が、これらの3話はどれも兄妹の近親要素を柱にしているため、百合目当ての人には物足りないかも。あと、どの話でも「お兄ちゃん」があまりにも都合よくもてすぎるところが今ひとつ。

ヘテロ物について

ヘテロ物については、ペドからファンタジー、そしてラブコメまで、わりあい守備範囲が広い感じ。全体的に淫靡さは少なめですが、その一方で少女たちの内面描写には少女漫画風の細やかさが見られます。エロを重視するかコミカル&リリカルな少女漫画のノリを重視するかで評価が真っぷたつに分かれそうな作風だと思いました。

まとめ

とにかく「天使は笑う」にとどめをさします。百合/レズビアン漫画好きなら、この1作のために買っても惜しくはないかも。その他の収録作については、エロエロ汁だくの作品をお求めの方には向かないものの、少女漫画っぽいあっさりした作品がお好きな方には向いているんじゃないかと思います。