石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ディアマイン(1)』(高尾滋、白泉社)感想

ディアマイン (1) (花とゆめCOMICS)

ディアマイン (1) (花とゆめCOMICS)

傑作百合読み切り「散らない花」を収録

年の差男女カップルを描く「ディアマイン」そのものも面白いのですが、百合スキーさんならぜひ1巻収録の読み切り「散らない花」にご注目を。過去の女生徒同士の心中(未遂)事件というモチーフを扱いながら、決して古臭い「レズ心中の悲劇」みたいなメロドラマには陥らず、逆に「好きな人のことを思い続ける勇気の大切さ」を訴える爽やかなお話です。丁寧でわかりやすい話運びもいいし、美しいキスシーンやあたたかな読後感もナイスでした。ちなみにこの「散らない花」、文庫版の『ディアマイン』には収録されていないので、そこだけご注意を。

「散らない花」について

このお話、主人公の少女の名前が「勇気(ゆうき)」なのは決して偶然ではないと思います。というのは、お話のテーマが、「かなわぬ恋でも愛し続ける勇気の大切さ」にあるから。そういう作品だからこそ、レズビアンカップルの心中エピソードについても、他人ごとのように大げさに可哀想がって終わり、という描き方はされていません。むしろそれとは逆に、「一途に好きな人のことを想っていられたら、生きて幸せになる道もあったのかも」という解釈がなされているんですね。要するに、「同性同士=悲恋=なんて不憫な!」みたいな一面的な見下しは皆無で、男女恋愛にも女女恋愛にも共通したまなざしを真摯に投げかける作品なんです。そのあたりが、読んでいてとても気持ちよかったです。

あと、ミステリアスなボーイッシュ美少女「息吹(いぶき)」がすごくよかった。「散らない花」のあたたかく爽やかな読後感は、このキャラクタの存在によるところが大きいと思います。息吹本人の美しさや優しさがまず魅力的だし、そんな彼女を介して過去の心中のエピソードや「年代物」のドレスなどの伏線を丁寧に張りめぐらせ、クライマックスできちんと回収していくという構成も、ほんとうにみごとでした。2度登場するキスシーン(もちろん、女性同士の)も、美しくかつ色っぽくてステキでした。

まとめ

ホモフォビアも変な上から目線もなく、さらに恋愛をいちいち異性同士か同性同士かで分けて大騒ぎすることもなしに、「好きな人を一途に思い続けることの尊さ」を描いた良質な百合作品でした。女のコ同士のキスシーンも綺麗だし、何より息吹のキャラがえらく魅力的です。おすすめ。