石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

アルメニアとアゼルバイジャンの少年が主人公のゲイ小説、物議をかもす

Novel on gay love sparks discussion

アルメニア人とアゼルバイジャン人のふたりの少年の愛を描いたゲイ小説、Artus and Zaurが物議をかもしているというニュース。著者はアゼルバイジャン人のAliekper Aliyevさんで、彼はこの小説を書いたことでアルメニアとアゼルバイジャンの両方から脅迫を受けているそうです。で、このAliyevさんの発言が面白いんだ。

(訳注:脅迫を受けても怖くない、という話の中で)南カフカス地方の共和国は、未解決の殺人事件の数にかけては右に出るものがありませんからね。ライバルはアフリカと、南米の独裁主義国だけ。

先進国では、誰もこんな話題(訳注:同性愛小説の話題)では驚きません。でも、アゼルバイジャンやアルメニアは隠れゲイの国なんです。どちらも伝統主義で、排他的で、保守的なんです。

私は戦争のロマンティシズムより同性愛のロマンティシズムを擁護します。二人の男が殺し合うのは受け入れられるのに、その二人が寝たら罪なんですか?

(訳注:アルメニアの新聞に載った記事について)記事の筆者は、アルメニアには同性愛はなく、そんな性的倒錯はアゼルバイジャンにだけ見られるものだ、と書いていました。こんな言説は、21世紀には何の意味もなさないものだと思います。

なんとも肝の太い人だと思いました。ちなみにArtus and Zaurのあらすじはこんな感じ。

アルメニア人のArtushとアゼルバイジャン人Zaur(ともに男子生徒)は、アゼルバイジャンの首都バクーで恋に落ちる。やがて両国の間に戦争が起こり、ArtushはZaurの元を離れて家族とともにアルメニアに移住。Zaurは街を歩き回り、Artushとの思い出の場所を訪れて過ごす。何年もたった後、ふたりは再開し、改めて恋が始まる。


既に英語とグルジア語とフランス語に翻訳されることが決定しているそうです。読んでみたい。