石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

アメリカの反ゲイ団体、嘘だらけの不気味なアンチ同性婚CMを作成(追記あり)

Box Turtle Bulletin ≫ No California Doctors Were Harmed In The Making Of This Commercial

いやはやこれはひどい。アメリカのアンチゲイ団体National Organization for Marriage(NOM)が2009年4月8日に発表したところによると、同団体は同性婚に反対するこんな不気味なCMをCNNやらFox Newsやらで流す予定だそうよ。

こんな暗い画面でのっけから「嵐が威力を増しつつある」「雲が黒い」「怖い」「私の自由が取り上げられてしまう」などなど、お電波満載なところがまずすごいです(いったい何の自由が取り上げられるっていうんだろ。同性愛者を迫害する自由?)。でも、一番笑えるのは、その後でクローズアップされる3人のキャラの台詞。あまりにもツッコミどころ満載なんですよ、これ。冒頭でリンクした記事によるツッコミがたいへん面白かったので、台詞の訳と共に要約文を載せてみます。

ケース1:「カリフォルニアの医師」

CMキャラの台詞

“I’m a California doctor who must choose between my faith and my job.”

「私は、信仰か仕事のどちらかを選ばねばならないカリフォルニアの医師です」

ツッコミ(要約)

この台詞が指し示しているのは、去年カリフォルニア最高裁が出した「人工授精を行う医師は、サービスを提供する相手をえり好みしてはならない」という判決。同性婚とは何の関係もない。おまけに、もしこの判決が逆だったら、医師は「宗教的信念に反するから」という理由を持ち出せばLGBTへのどんな医療サービスも(つまり、病気や怪我の治療も)断れることになってしまう。

ケース2:「教会グループの一員」

CMキャラの台詞

“I’m part of a NJ church group punished by the government because we can’t support same-sex marriage.”

「私は、同性婚を支持できないという理由で政府から処罰されたニュージャージーの教会グループの一員です」

ツッコミ(要約)

この「教会グループ」とはOcean Grove Camp Meeting Association (OGCMA)のこと。この団体は宗教的なものではあるが、教会ではない。OGCMAは建物を公共の用に役立てる(使いたい人に貸し出す)代わりに免税措置を得ていたが、2007年3月にレズビアンカップルのシビル・ユニオン式のための貸し出しを拒否したため、州の公民権局に訴えられ、免税措置を失っている。

ちなみにニュージャージー州は、別にこの団体の同性愛に対する信念を問題にしたわけではない。州は単に、「公共のための設備はすべての人々に対して開かれていなければならない」と判断しただけ。

ケース3:「困惑する親」

CMキャラの台詞

“I’m a Massachusetts parent helplessly watching public schools teach my son that gay marriage is OK.”

私はマサチューセッツ在住の親で、公立学校が息子に同性婚は良いことだと教えるのをなすすべもなく見守っています。

ツッコミ(要約)

これは多様な家族像を教える本を生徒達に配った学校を訴えたDavid Parker氏のこと。本の中には同性カップルの親についても書かれていた。Parker氏は学校区に、「自分の宗教的信念に合うよう、同性カップルの子育てや、同性愛者の子供についてはカリキュラムから除外しろ」と要求。しかし、学校には実際にゲイやレズビアンの子供がいるのに、その親を教師が無視するわけにはいかない。Parker氏は連邦裁判所に訴えたが敗訴し、最高裁は上告を棄却した。ちなみに連邦裁判所の判決はこんな。

公立学校には、宗教上の理由で不快感を感じる可能性のある考えから個々の生徒を守る義務はない。特に、学校が生徒にそうした考えに賛同しろと強要せず、また、そうした考えについての討論への参加さえも押しつけていない場合には、そのような義務はない。

なお、この学校は別に「同性婚は良いことだ」とは教えていない。単に、世の中には同性婚というものがあり、そうした家庭の子供たちも学校に来ていて、同性婚を理由にそういう子たちに意地悪をしてはいけないと教えていただけ。

みやきち感想

よかった、「悩める医師」や「処罰された教会のメンバー」や「困惑する親」はいなかったんだ! つまるところ、このCMに出てきているのは以下のような人たちだけです。

  • 同性婚と関係ない話題を持ち出し、LGBTへの医療サービスを拒否したくてたまらない人
  • 「公共のため」という名目で免税を受けておきながら、LGBTを「公共」の枠組みから排除したくてたまらない人
  • ゲイペアレントの子供が学校で他の子供たちにいじめられてもいいと思っている人

……ていうかさ、よくこれだけ自分たちの狭量さをさらけ出した広告作るわよね。いくら同性婚OKの州が増えてきて焦っているにしても、ここまで強引なこじつけでひたすら被害者ぶってみせて、それで共感を得られると思ってるところが怖いわ。LGBTが戦ってる相手はここまでお脳が気の毒な方々だったのかと、なんか今、脱力感でいっぱいです。

おまけ

元CMの嘘八百に冷静にツッコミを入れるタイプのパロディー動画が作られています。


2011年2月7日追記

CM動画の日本語字幕付きバージョンを発見したので、貼っておきます。