石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『曲がり角のボクら』(中村明日美子、白泉社)感想

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

中村明日美子による少女漫画作品集(百合話あり)

収録作「さくらふぶきに咲く背中」が、女のコ同士のお話です。ひとことで言うとこれは「規範外の恋または熱情をどうとらえるか?」というテーマのお話だと思うのですが、インセスト(兄妹)要素がごく軽くからめてあるところがユニークだし、クライマックスでの主人公の台詞、そしてあたたかい結末など、非常によかったです。ちなみに群像劇である表題作にもレズビアンキャラが登場しており、「年の差種族性別乗り越えて構築される混戦模様な相関関係」というカバー裏の文句通りの作品集であるところがナイス。少女漫画ということで、概して毒や妖しさを抑えた絵柄になっているものの、いつもの流麗なタッチと独特の構図が健在なところもよかったです。

「さくらふぶきに咲く背中」について

面白いですねコレ。表層だけ見ると単なる女のコ同士のラブストーリーなのですが、その陰に、

  • 規範外の恋や熱情をどう扱うか?
  • カテゴリそのものにダメ出しして匙を投げるか、それとも個別な「自分の想い」を大事に持ち続けるか?

というテーマが潜んでいるところが心憎いです。そこで「規範外」の例として、同性愛だけでなく近親愛の要素が絡めてあるところがまたうまい。これによって、陳腐な「ホモフォビアを乗り越えて幸せになりました、パチパチ」というだけのお話とはまた違う、汎用性のある物語になっていると思うんですよ。

「まりちゃん」の、

フツーにフツーの男と女じゃなきゃ ずっと一緒なんてほとんど無理だよね

…同じことじゃん 兄妹とか女同士とか スキになっちゃいけない人スキになって もうれつに
もう一生これを越える恋なんてない 呪われてるみたいなもんじゃん 同じようなもんじゃん

などの台詞は、一見「規範外の恋を等しくタブーの範疇に押し込めて思考停止するストレート的態度」とも受け取れますが、実はそうではないのではないかとあたしは思います。これは単なる、軽い「絶望」の表出なんじゃないかな。それも、かなり子供っぽい(10代で『もう一生これを恋なんて(略)』とかねー……)絶望。で、それに対するアンチテーゼが、クライマックスでのレズビアンキャラ「ヨウちゃん」の熱い台詞なわけですよ。ネタバレ防止のためここでは詳しく触れませんが、あの台詞に込められているのは、

  • 恋はカテゴリでくくられるものじゃなく全部個別な熱情、カテゴリだけで(私の)熱情を否定してもらっちゃ困る!

という想いだと思います。発話そのものはとてもシンプルなのに、カテゴリによるステレオタイプ化の否定でもあり、規範に対する反旗でもあり、同時にまりちゃんへの堂々の熱愛宣言(ヨウちゃん本人にそのつもりはなかったにせよ)にもなっているあのシークエンス、大好きです。それに続く優しいハッピーエンディングも、よかった。

その他の収録作について

男同士(しかも片方は吸血鬼)だったり、女教師と生徒だったり、ほのぼのとしたファミリーものだったり、そして表題作の男女4人のうちひとりがレズビアン(これがまたいいキャラなんですよ)だったりと、なんとも多様な世界が描かれていて面白かったです。全体的に「カオスだけどまったり」という雰囲気が漂っているところも楽しかった。

絵柄について

『鶏肉倶楽部』で初めてこの作者さんの作品に触れた自分としては、「中村明日美子さんで少女漫画?」とびっくりしたのですが、蓋を開けてみたら本当にきっちり少女漫画しているのに2度びっくり。いつもの美しいタッチと構図はそのままに、あえて毒気を抑えてみせた、親しみやすい絵柄だと思います。ちなみに女のコ同士のキス未遂の場面のエロティシズムなんて、すごくいいですよ。

まとめ

買って悔いなしの1冊でした。特に、百合作品「さくらふぶきに咲く背中」の、ステレオタイプ化をきっぱり否定する恋情のありかたがよかったです。セクシュアリティの線引き云々といったところを越えて、あくまで「自分の」「個別の」熱情を肯定しきってみせる物語であるところがステキでした。おすすめ。