石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『夢見るレンタル・ドール 恋の章』(森奈津子、徳間書店)感想

夢見るレンタル・ドール 恋の章

夢見るレンタル・ドール 恋の章

愛と官能と、極上の大団円の1冊

いやー、堪能したー! 上巻『色の章』で展開された絢爛たるエロスの世界を、今度は愛理と花奈子の恋を主軸にして鮮やかに紡ぎ直し、極上の大団円につなげていくという素晴らしい完結編でした。『色の章』で、「えー、雪彦×愛理なの? それじゃ男女ものじゃん」と思って敬遠していらした方、全っ然そんな話じゃないのでぜひご一読を。「結局愛理と花奈子の話になるの? やっぱりバイが否定されて終わりか」とお思いの方、やっぱり全っ然そんな話じゃないので、ぜひご一読を。愛理と花奈子で1対1の百合カプが成立するところまでは事実なんですが、それと同時に両性愛もSMも複数恋愛も全部肯定してみせる、パワフルなラブストーリーなんですよこれは。ちなみに性愛小説としても濃厚にして甘美と、実に愉しい1冊でございました。

愛理と花奈子の恋

上巻では禁欲的なまでにプラトニックな関係だったこの恋が、やはりというべきか、性愛ありの関係に突入していきます。その突入具合がまた面白いんだ。同作者さんの『先輩と私』(徳間書店)の光枝と阿真理のパターンを少しだけ思い出させる構成、と言えば、わかる人にはわかるかも。花奈子を守り抜こうとする愛理のけなげさが相変わらずいいし、花奈子のレズビアニズムへの目覚めの、ふるえるような初々しさといやらしさもとてもよかったです。あと、ふたりの心が初めてつながる場面のあの巧みな(そしてエロい)状況設定にも唸らされました。

多様な性愛をきっちり肯定

愛理と花奈子の愛が柱になるとは言え、女性同士のモノガマスな関係のみを持ち上げて終わりなんてことはまったくないんですよ、この小説。両性愛もSMも複数恋愛も、それらの場となるサテュロスの会も、最後までとても大切なものとして扱われており、安心して読むことができました。これだけのハラハラ感とカタルシスを提供しながら誰も悪役にせず、さらに時事ネタ的な今時のセクマイ事情をも絡めてハッピーエンディングに着地していくという離れ業には、ただ驚嘆するばかりです。

あと、非常に面白いのは、いくら多様な性を肯定するとは言え、この小説には決して「欲望なら何でも可」的なルーズさは存在しないということですね。より正確に言うと、「愛とリスペクトのある好色さを肯定する」小説なんですよこれは。性別の組み合わせや人数がどうであろうと、そしてSMセックスであろうと非SMセックスであろうと、パートナーへの愛情と賛美のない関係はひとつも登場しないんです。言うならばこれは、非常に厳しい美意識に裏打ちされて初めて成立する性のパラダイス。最後までゆるがないその厳しさが、非常に心地よかったです。

濃厚なエロスについて

これはもう、「♀♀セックスがツボな方よ、喜べ!」としか。愛理と花奈子の恋情がテーマの1冊ですから、質も量も大変なことになってますよ。カップルとなったふたりの微笑ましい仲良しっぷりが光っているだけに、それとコントラストをなすかのような濃密な官能描写もいっそうきわだっていると思います。ちなみに男女エロや男男エロに関しても、決して悪くなかったですよ。特に、すっかり乙女と化してヒィヒィ言わされているあの人とか、いたいけでよかった。幸せな奴隷のあの人も。

その他

あとがきに共感することしきりでした。要約すると、「バイセクシュアルでありマゾヒストであることを公言して以来、こちらを蔑みつつ性的な期待を抱く人、自分の興味を満たしたい一心で失礼な言動をとる人、何かを誤解していきなり敵意を向ける人などが近づいてくるようになった」という趣旨の文章なのですが、LGBT女性ならうなずけることも多いのではないでしょうか。『夢見るレンタル・ドール』は、そんな「うんざりするような現実」(p. 308)を知るセクマイ女性にこそおすすめしたい逸品。この小説の中では、性的少数者であるだけで蔑視や敵意や無礼な言動を向けられることは一切なく、キャラたちはむしろ、セクマイであるがゆえの豊かな生と性を享受しています。この贅沢な桃源郷に足を踏み入れない手はありません。

まとめ

濃厚な性愛小説であると同時に、けなげでいたいけなラブストーリーでもあるという、非常に美味しい作品でした。女のコ同士の関係を主軸に据えつつ、それ以外の性愛関係を決して下に見ないところがよかったし、人を貶めたり軽んじたりするような貧相な「性」が最後まで登場しないところもナイス。上巻『色の章』と合わせて、すっごくおすすめです。