石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『極上ドロップス(2)』(三国ハヂメ、一迅社)感想

極上ドロップス (2) (IDコミックス 百合姫コミックス)

極上ドロップス (2) (IDコミックス 百合姫コミックス)

セックスありの♀♀恋愛を丁寧に追う良作

風変わりな女子寮「はらいそ館」に入寮してしまった「前園小鞠」の物語、第2巻。キスが多発するぷちハーレム状態だった1巻からがらりと趣向を変え、小鞠と雪緒のセックスありのラブストーリーを驀進していくところが非常に面白いです。女のコ同士のセックスがごく当たり前のこととして描かれている点がとてもいいし、恋の障害として安易にホモフォビアを持ち出さないところも安心できます。あと、メインカップルの関係を大切に描きつつも、そこで単純にモノガミー礼賛に陥ったりしないところも共感できました。身体の関係ありの百合/レズビアンものをお探しの方に強力におすすめです。

女のコ同士のセックス=当たり前のこと

2巻でもっともよかったのがこの点。小鞠と雪緒にとってセックスは日常的なことであって、いちいち「女の子同士なのに……!」とか言って大騒ぎするような非常事態ではないんですよ。いやらしくて気持ち良くて、大好きな人とするととても楽しいことではあるけれども、そこに「悪いこと」「特殊なこと」というニュアンスはゼロなんです。また、逆にセックスを「両想いになってセックスまでたどりつけば全てうまくいく!」みたいな都合のいい万能薬扱いしていないところも、地に足がついていていいなあと思いました。

あと、「本当に全年齢向けでいいんですかコレ」と言いたくなってしまうような官能描写の数々もすばらしかったです。表紙だけでも十分エロいのに、中身ときたら質量ともに表紙どころの騒ぎではないところがすごい。特筆すべきはやわらかくて繊細な乳の描き方で、これはもう「見てください」としか。

ホモフォビアも皆無

1巻もそうでしたが、誰もいちいち女のコ同士の恋や身体の関係を特別視しない空気が心地良いです。一番ウケたのは保健室のエピソード。保険の先生もお気の毒に。

単純なモノガミー礼賛(あるいはロマンティック・ラブ礼賛)色はなし

冒頭でも書きましたが、2巻では1巻に比べてハーレム要素が減り、小鞠と雪緒のカップルによりウエイトを置いた展開になっています。しかし、だからと言って「1対1の排他的な性愛関係こそ至上、後は全部ダメ」みたいな一面的なモノガミー礼賛(あるいはロマンティック・ラブ・イデオロギー礼賛と言ってもいいかも)には陥らないのが、この漫画の心憎いところ。具体的には、第15話での美夜と小鞠の会話がいいよ、ってことなんですけどね。えちくて深い、よいシークエンスでございました。

小鞠みたいに単純じゃないの

と言う(p. 105)美夜の複雑な事情が、今後お話の中で描かれていくといいな、と思います。

難点を挙げるとすれば

あえて難点を挙げるとすれば、雪緒のお家の事情がやや陳腐に見えなくもないこと。ただし、雪緒の性格の背景としては十分説得力ある設定ですし、今後メインカップルの恋の障害となっていくにしても、これなら納得できるかも。あのお家なら「女同士など許さん」って展開になってもおかしくはないですものね。

まとめ

あまあまなキス連発の1巻に対し、今度はあまあまなセックスがいっぱいと、さらにパワーアップしている1冊でした。女性同士の行為を「悪いこと」とも「魔法の万能薬」とも規定しない落ち着いたまなざしがとてもいいです。また、それでいてどこまでもエロエロでラブラブな官能描写もすばらしい。小毬と雪緒の恋はまだまだ前途多難ですが、恋の障害を「同性同士であること」に求めず、雪緒の家柄ネタを持ってくるところも面白かったです。というわけで、今回もすっごくおすすめ。