石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『ハニー★カルテット』(所ケメコ、一迅社)感想

ハニー★カルテット (IDコミックス 百合姫コミックス)

ハニー★カルテット (IDコミックス 百合姫コミックス)

小粒ながらよくまとまった百合ラブコメ

女子高生忍者4人の愛とドタバタを描く百合ラブコメ。忍者という要素があまり生かされていないところはちょっぴり残念ですが、キャラがよく立っていて、おバカなギャグと恋愛要素とがうまくまとまっていたと思います。淡泊ながらえっちシーンもしっかり盛り込まれているし、ゆるギャグ系の微エロラブコメがお好きな方におすすめ。

ギャグがよかったです

ゆるくてアホなギャグの数々が脳に心地よかったです。シリアス絵とデフォルメ絵の落差も楽しかった。ギャグの中ではなんと言っても第7話の大麻(おおあさ)様が最高です。キャラたちの表情といい台詞といい、腰砕けるかと思いました。仮にも乙女同士のラブストーリーで大真面目にコレをやってみせるという思い切りの良さが好きです。

ラブ要素とキャラ立てもよかったです

カップリングの成立までにひねりがきかせてあるところが新鮮。ありがちな片想い話かと思わせておいて、そこから意外な方向にお話を広げ、カップル2組のラブラブ話に着地していくという変化のつけ方がみごとでした。メインキャラ4人の性格づけがはっきりしているため、読んでいて混乱することもなく、最後まで楽しく読めました。

えっちシーンについて

回数は豊富ですが、していることは割合おとなしやかです。でも、メインカップルの初セックス中に、タイトルにつながる発言がちらりと出てきたりするところなんかはかなりエロティックでした。そうか、そういう意味で『ハニー★カルテット』なのか。

忍者ネタは今ひとつ

生徒が全員忍者な中高一貫女子校という設定はユニークですし、冒頭の

やだーっ 授業で使う手裏剣忘れちゃったぁーっ

なんていうつかみの部分(p. 5)も面白いのですが、お話全体では今ひとつ「忍者」という要素が生かし切れていないような気が。日常生活の描写が普通の女子校ものとほぼ変わらない上に、メインキャラたちがまかされる任務もあまり忍者っぽくないところが残念でした。一般的な女子校百合との差別化という意味で、どこか一箇所ぐらい、忍者らしいカッコ良さとか大技とかを見せつける場面があるともっとよかったかも。

まとめ

脱力系のギャグが楽しい百合ラブコメだと思います。女子高生忍者という設定こそ不完全燃焼気味ですが、全体的には愛と笑いをそつなくまとめてみせた良作かと。比較的マイルドな描き方とは言えキスもセックスも複数回登場しますし、エロありのクスリと笑えるコメディとしておすすめです。