石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『アップル・デイ・ドリーム(2)』(城之内寧々、一迅社)感想

アップル・ディ・ドリーム 2巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)

アップル・ディ・ドリーム 2巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)

良い方に大化けした完結編

アパレル業界が舞台の百合4コマ、第2巻。『コミック百合姫』と『小百合姫』での連載分に、描き下ろしエピソード「そしてそれから」を加えた最終巻です。読んでびっくり、1巻のそこここに顔を出していた異性愛主義が雲散霧消し、メインカプの恋心も全面に押し出されて、きちんと女のコ同士のラブコメとして機能するお話になってます。これだよ、こういう展開が読みたかったんだよ。ラブ部分では、特に由真の強気なデレ具合がよかったです。紋切り型のツンデレとは違う、魅力的なキャラ造形だと感じました。

異性愛主義は消えてます

1巻では同性愛を否定する(あるいは疑問視する)ことでオチをつけるパターンが散見され、百合漫画としてそれはどうよと思ってたんですよ。ところがこの2巻では、そうした要素はほぼ皆無。むしろ薫のレズビアン性がはっきりと肯定されている上、薫と由真以外の女性同性愛者カップルも好意的に描かれていたりして、安心して読める内容になってました。

メインカップルの恋心について

今回は単なる巨乳萌え・ツンデレ萌えの枠を超え、女性から女性への恋愛感情がはっきりと描き出されていると思います。由真と薫はいつの間にかデートする仲になっているし、「好きだよ」というド直球の発言もあれば、「寒い日につないだ手をコートのポケットに突っ込む」なんていうラブラブ場面もあったりして、恋愛色はかなり濃厚。ヘタレなりに必死で距離を縮めようとする薫と、そんな薫を翻弄しつつ実は相当ラブい反応をしている由真、という取り合わせも微笑ましく、楽しく読めました。

由真の魅力について

由真は1巻ではわりあい定石的なツンデレキャラだったと思うんですが、この2巻ではデレの部分にオリジナリティがあってよかったです。「べ、別にアンタのために○○したんじゃないんだからねっ」みたいな手垢のついたパターンを使わずに超然とデレてみせるというハイテクニックに脱帽。そう、キーワードは「超然」あるいは「平然」。普段ツンツンしておきながら、顔色ひとつ変えずに殺し文句を言い放つ彼女の姿が、大変に魅力的でした。

まとめ

1巻に見られたヘテロセクシズム臭がほぼ消え去り、薫と由真のラブ度も急上昇とあって、安心して読める1冊でした。由真のほどよくひねりが効いたツンデレ具合もよかったです。こうなると2巻で終わりというのが惜しいなあ。次回作に期待したいです。