石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

『にじぷり(3)』(橘あゆん、双葉社)感想

にじぷり(3)  (アクションコミックス)

にじぷり(3) (アクションコミックス)

なんだか唐突な最終巻

女子校寄宿舎百合コメディ最終巻。サブキャラの単発エピソードをいくつか並べた後、唐突に麗華の留学話が浮上し、葛藤を経てハッピーエンドへという展開でした。いくつかのネタが不完全燃焼なままに終わってしまっているところを見ると、打ち切りだったんでしょうかね、これ。オチに軽くひねりが効かせてあるところは目新しいものの、それ以外はちょっと物足りない1冊でした。

打ち切りだったんでしょうか?

何しろ麗華の留学話がテンプレすぎ、しかも唐突すぎです。また、美羽の妹の言動などを見る限り、本当はもっと先まで続く話だったのではないかとも受け取れます。やはり、打ち切りだったんでしょうか。ラスト3話だけでばたばたとお話が畳まれてしまうため、物足りない印象がないと言ったら、嘘になります。

オチのひねりは新鮮

この展開で「結局留学をやめました」でも「相手を追いかけていって海外でラブラブ」でもないハッピーエンディングというのはちょっと新鮮。欲を言うと最後ぐらいもう少しいちゃいちゃさせてほしかったと思わないでもないのですが、それをやると「起承転結の『転』のみならず『結』まで陳腐」という最悪の事態を招いた可能性もあり、結局この終わり方がベストだったのかもしれません。「じり貧の中での最後の抵抗」みたいなオチのつけ方だったと思います。

まとめ

「ありがちな寄宿舎百合に見えて実はそうではない」というところが面白い作品だったのに、ここまできて超ありがちな留学ネタで幕を閉じるところにちょっとがっかり。美羽が最後に下した判断だけは一風変わっていてよかったのですが、できればそこまでの物語全体の流れにもう少し整合性が欲しかったです。特に道留の気持ちとか、ほんと、投げっぱなしジャーマン状態ですもん。今さらハダカとか出さないでいいから、そのへんをもう少しなんとかして欲しかったです。