石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『水色シネマ』(乙ひより、一迅社)感想

水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)

水色シネマ (IDコミックス 百合姫コミックス)

芸能人とパンピーの、ほんわか百合ラブストーリー

美少女芸能人「唯」とおっとり田舎娘「多恵」のラブストーリー。おだやかで優しいお話です。

「素朴な少女が芸能人に見初められて恋仲に」という筋立てそのものは、ヘテロものの少女漫画で既に何度も使われていると思います。それを乙ひよりが百合で描くとこんなにも新鮮になるのか、と思いました。これはとどのつまり、多恵にとって唯との恋が「自分の箔付け」として使われていないところによるものが大きいと思います。よくある少女漫画だと、芸能人との恋愛が「冴えない自分」から「こんなに人気のあるカレを独り占めできる自分」へのクラスチェンジのツールになっているというパターンが多いような気がするんです。つまり、「恋愛ものの形を借りたナルシシズム充足漫画」という構図ですね。でも、『水色シネマ』の多恵には、そんな自己愛はナッシング。そこが爽やかでいいなあと思いました。

唯の過去の恋人が女性だという設定も面白いです。「ずっと一緒」とか「恋人同士」とかいう言葉のむなしさをさらりと描いているところも。子犬どうしがじゃれ合うような初恋ピュアラブストーリーもそれはそれで面白いんですが、こういう形で軽く陰影をつけたお話も出てきてくれるというのが、昨今の百合業界のいいところだなと思いました。

あえて難点を挙げるとしたら、おだやかでのんびりなお話すぎて、今ひとつフックが弱いということ。同時発売の『オレンジイエロー』の表題作とも共通することですけれども。追いつ追われつする恋心とか、手をつないで眠る場面とか、好きな箇所はいっぱいあるんですが、贅沢を言うと、どこかにもう少し強烈に目を引くような見せ場が欲しかったと思います。いや、もちろん「そんなもんはいらん、この終始まったりとした雰囲気こそがいいのだ」という声もあるのは承知の上で。このへんは人によって意見が分かれるところでしょうね。

まとめ

あたたかくて可愛らしいラブストーリーでした。芸能人との恋という設定が、キャラクタの自己愛を満たすためのツールとして使われていないところがユニークです。また、片方に女性との恋愛経験があるところも、お話にさりげない奥行きを与えていて、よかったと思います。とは言え、お話のどこかにもう少しインパクトが欲しい気がするのも事実。絵でもエピソードでもいいから、何かうわっと意表をつくような部分が仕込んであったら、もっと嬉しかったと思います。