石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

『HONEY CRUSH(2)』(椿あす、一迅社)感想

HONEY CRUSH 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)

HONEY CRUSH 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)

なんとも場当たり的。消化不良な最終巻

幽霊・霊感少女・天然美少女の3人が織りなすドタバタ百合ストーリー、最終巻。「新キャラ連発で場つなぎするも間が持たず、強引にカップル成立させて終わり」というなんとも消化不良感だだよう1冊でした。ただし絵はとても可愛らしいので、絵柄目当てで買うという手はありだと思います。

新キャラ多すぎ

1巻で唐突に座敷わらしが登場したときも「え?」と思いましたが、2巻ではさらに無定見に新キャラが連発されています。正直言って、「誰と誰をどうくっつけるかが定まらないまま、新キャラを使って時間稼ぎをしている」ようにしか見えません。途中からは一応、あの人とあの人をくっつけるためのテコ入れ役として新しいキャラクタを登場させている部分もないではないんですよ。でも、その割にはストーリーは迷走気味で、テコ入れがテコ入れとして機能していないように思います。

カップル成立が強引すぎ

ひたすら説明台詞を並べたてた「私の気持ち発表会」を経て、ようやく最終的なカップル成立。このぎくしゃくした話運びは、『さんぶんのいち。(3)』(松沢まり、芳文社)を思わせるものがあります。

これはやはり、1巻で基本的な話の軸を構築しないままだったツケが回ってきているのでは。プロットの練り込み無しに玉虫色の展開を重ねてきた帳尻合わせが、この強引なオチなんだろうなと思います。

ただし

独特のタッチで描かれる絵は可愛らしいし、山場の1コマ1コマだけを抜き出して見るならば、単一の萌えシーンとして十分観賞可能だと思います。前後のストーリーには脈絡がなさすぎるとしても、個別のイラストとして見るならあり、みたいな。

まとめ

新キャラが多すぎてごちゃごちゃしていますし、ストーリーも相変わらず場当たり的。特に、強引にオチに持って行くための説明台詞連発はキツいものがありました。絵柄のファンならば買いかもしれませんが、整合性あるラブストーリーを味わいたい方にはおすすめしません。