石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『学園ナイトメア(2)』(方條ゆとり、スクウェア・エニックス)感想

学園ナイトメア 2 (ガンガンコミックスONLINE)

学園ナイトメア 2 (ガンガンコミックスONLINE)

どうにも中途半端

ネット上の都市伝説から生まれた霊・ネットロアを蒐集するクロエと、クロエに協力する鏡(キョウ)の物語。設定やキャラクタの薄さは相変わらずだし、百合描写もどこかピントがずれているしで、漫画としても百合ものとしても中途半端な印象を受けました。ただし絵柄は可愛らしく、萌え美少女がツボな方にはいいかもです。

既視感ありすぎ

1巻もそうでしたが、設定だのバトルシーンだのが既視感ありまくりで退屈でした。新キャラ「立花那子」も、「黒髪セーラー服+日本刀」というこれまで何百回描かれたかわからないタイプのキャラで、内面描写にも特にひねりは感じられません。もう少し「どこかで見たものの焼き直し」じゃない要素が欲しかったところ。

百合方面もズレてます

登場する「レズビアンカップル」(と呼ばれているカップル)の片方がオナベだというところに大きな違和感が。オナベとレズビアンって、ジャンルが違うと思うんですが。かぶっている部分がゼロだとは言いませんが、ニューハーフとゲイが別物であるように、オナベとレズビアンも基本的にはまったくの別物でしょう。それがいきなり一緒くたにされてしまっているところが、きわめて大味だと感じました。

オナベ以外のキャラたちのいちゃいちゃも、単に「同性同士であることを免罪符にベタベタしている(いきなり抱きつくとか、乳に顔を埋めるとか)」という域を出ず、今ひとつ。むしろ全然いちゃいちゃに荷担しない藤見さとりや白和泉亜紀菜のようなキャラたちの方が、見てて面白かったです。

絵は可愛いです

細めのペンタッチの、キレイめの萌え絵です。この絵柄で描かれる美少女が出てれば他には何もいらん、というファン層もいるのだろうなとは思います。

まとめ

ほぼ1巻と変わらない方向性の1冊で、あたしにはあまり合いませんでした。3巻以降を買うかどうか、悩むところです。