石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

『失楽園(4)』(尚村透、スクウェア・エニックス)感想

失楽園(4) (ガンガンコミックスJOKER)

失楽園(4) (ガンガンコミックスJOKER)

中だるみ。または息切れ。

男尊女卑が横行する学園で女の子を救おうと頑張る「騎士」・緋本ソラの物語。百合としても学園アクションとしても、今回は取り立てて見るべきところはないかなあ。1〜3巻の間、少しずつ話のテンションが上がってきていたのに、ここに至って息切れしているような印象が。いや、お話を「男VS女」から「岩聖VSアンチ岩聖」に持って行こうとしているのはわかるんですよ。でも、そのわりにはまだまだジェンダーという大枠に拘泥しているふしがあって、今ひとつピンと来ないんです。オネエキャラの御手洗が徹頭徹尾「カマ」呼ばわりされているところもひっかかりますし、読んでてあまり楽しくない巻でした。

百合としての『失楽園(4)』

今回の百合シークエンスは、序盤でヒヨがソラにベタベタしている場面ぐらいのもの。でも、そのベタベタには裏があるし、キスシーンにも深い意味はなく、百合百合しいとは到底言い難いかと。ソラとツキとの関係性の方がよっぽど百合なんですが、この巻では登場頻度が少なく、物足りないです。

学園アクションとしての『失楽園(4)』

巻末の「失楽園1 特別編」を読んでようやくソラが体力バカという設定を思い出しました。裏を返すと、本編にはその設定が生かされるような場面が見あたらなかったということです。4巻のソラは、実際、「キメ顔で綺麗事を言っているだけでなぜか自動的に勝利がついてくる」というご都合主義的キャラにしか見えません。何かもう少し目をひくアクションのひとつも欲しかったところ。

主語は大きいわ「カマ」連呼だわ

3巻の墨田に引き続き、今回は東岌の内面描写に力が注がれています。その背後にはお話を単純な「男VS女」から「岩聖VSアンチ岩聖」にシフトしていこうという姿勢が見て取れ、そこは面白いと思いました。ただし、男子を絶対悪として描写しなくなった一方で、「男子は」「女は」などの大きな主語が相変わらず多用されているところがひっかかります。男=悪という構図を崩したところで、結局個体差よりもまずジェンダーで人を区切るというところがたいへん大味でした。

また、御手洗の登場シーンの擬音が「カ★マーン カ★マーン」「カマカマカマ」だというところにも、うんざりさせられました。面白いと思ってやってんですか、これ。狙ってかそうでないのかはわかりませんが、

  1. 「男」「女」のジェンダー大好き
  2. ジェンダーを越境するものは「カマ」のレッテルを貼って嘲笑する

という構図になっちゃってますよこの漫画。

まとめ

百合っぽさも希薄だし、主人公はキメ顔と綺麗事ばっかだし、ジェンダーに拘泥しつつ「カマ」連呼だしで、あたしにはひたすら合わない巻でした。今後もこのノリだったら、読み続けるのがかなり辛いかも。