石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

『トランジスタティーセット〜電気街路図〜(3)』(里好、芳文社)感想

トランジスタティーセット ?電気街路図? (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

トランジスタティーセット ?電気街路図? (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

もうぜんぜん百合じゃなくなってます

笑いと涙で秋葉原という街を描くほんわかコメディ、第3巻。もはやぜんぜん百合じゃなくなってきてますが、面白いです。最もツボだったのは第23話「夏と水着と真空管ラジオ」。メカ好き心をくすぐられ、いいぞいいぞと心の中で快哉を叫びつつ読みました。あたしは電子工作については疎いんですが、身の回りのバイクオタたちがみんなあんな感じなんですよ。動かないバイクをよってたかって修理しちゃうの。いいよね、機械バカ。

百合のかわりに今回目立っていたのは、(一見)近親(っぽく見える)要素やメイド萌え要素。どちらもお話のメインテーマというわけではなく、物語を盛り上げるための一種のフレーバーとして機能しています。してみると、これまでこの作品に時々見られた百合っぽさも、やはりフレーバーだったんだろうなと。お話の骨子があくまで「秋葉原のうつりゆく風景をノスタルジックに描く」というところにある以上、当然と言えば当然ですが、4巻以降にももう百合(っぽい)展開は出て来ないかもしれないと思います。とりあえず様子見かな。