石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

スコットランド、同性婚法制化へ

White and Blue
White and Blue / gorriti

スコットランド議会は2014年2月4日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決しました。これにより、英国では北アイルランド以外の全域で同性婚が可能となります。

詳細は以下。

スコットランド 同性婚認める法案可決 NHKニュース
Scotland Legalises Marriage Equality

以下、NHKニュースから引用します。

イギリス北部スコットランドの議会は4日、同性どうしの結婚を認める法案を賛成多数で可決しました。
イギリスでは去年7月、イングランドとウェールズで同性婚を認める法案が可決され、今回スコットランド議会が法案を可決したことにより、北アイルランドを除いて同性どうしの結婚が認められることになりました。
一方、カトリック教会は結婚を男女間のものとしていることから、同性婚を認める法案に反対していて、今回の法案では、同性どうしの挙式の受け入れを教会に強制しないとしています。

BuzzFeedによると、投票は賛成105票対反対18票だったそうです。可決時の動画を見ると、投票結果が発表された瞬間、大きな拍手がわきおこっているのがわかります。


Same-sex marriage becomes law after vote in Scottish Parliament - YouTube

ちなみに、スコットランドに先駆けて昨年同性婚法を可決したイングランドとウェールズで実際に同性同士で結婚できるようになるのは、2014年3月から。スコットランド初の同性婚がいつから可能になるかは、まだわからない模様。

なお、2月4日にこの法案が議会で審議されているあいだ、エディンバラには虹がかかっていたようです。アクティヴィストのピーター・マッコール(McColl)さんが、こんな写真をTwitterに上げてました。

そう言えばニュージーランドで同性婚法案が可決された日にも、空には虹が出てましたね。自然現象もたまには粋なことをするものです。