石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

ダニエラ・イラスコ=シュトルツ、ソチ五輪女子ノーマルヒルで銀

Sochi 2014 at the Global Sports Forum Barcelona
Sochi 2014 at the Global Sports Forum Barcelona / Global Sports Forum

オーストリアのスキージャンプ選手でオープンリー・レズビアンのダニエラ・イラスコ=シュトルツ(Daniela Iraschko-Stolz)選手が、2014年2月11日(日本時間で12日)、ソチ五輪女子ノーマルヒルで銀メダルを獲得しました。

詳細は以下。

Gay ski jumper Daniela Iraschko-Stolz makes a point to Putin by scooping silver medal in Sochi Games | Mail Online

同選手は2011年の世界選手権優勝者。今回の、五輪史上初の女子ノーマルヒルでも優勝候補のひとりでした。1回目のジャンプでは5位に終わったものの、2回目は104.5メートルを記録し、銀メダルに輝きました。

先日の記事でも紹介しましたが、イラスコ=シュトルツ選手は同性愛者であることを公表しており、2013年に女性パートナーのイザベル・シュトルツ(Isabel Stolz)さんと結婚(厳密に言うと、シビルパートナーシップ制度に登録)もしています。

結婚時の写真はこちら。左側がイラスコ=シュトルツ選手ね。

イラスコ=シュトルツ選手はソチ五輪での競技前、自分にとっては「とてもよいジャンプをすること」がプーチンが去年導入したアンチゲイな法律に対する声明となるだろうと話していました。実際、104.5メートルというのは今回の女子ノーマルヒルで最長の飛距離だったとのことで、彼女はみごと有言実行を果たしたことになります。銀メダルおめでとうございます!