石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

伊インラインホッケー選手ニコール・ボナミノ、レズビアンとしてカミングアウト

f:id:miyakichi:20140308114152j:plain

2014年2月、イタリアのインラインホッケー選手、ニコール・ボナミノ(Nicole Bonamino)がレズビアンとしてカミングアウトしました。同国でトップレベルのスポーツ選手が同性愛者であることを公表したのは、これが初なのだそうです。

詳細は以下。

Italy's first openly lesbian sports star: 'My coming out will help' | Gay Star News

ボナミノ選手は22歳で、イタリア北部のアレッサンドリア県出身。こんな人です。


Le cose cambiano - Nicole Bonamino - YouTube

この動画は『Le Cose Cambiano』(直訳すると『物事は変わる』)という、LGBTのティーンエイジャーを支援するプロジェクトの一環としてアップロードされたもの。イタリア版『It Gets Better』みたいなものかな。

バロミノ選手のインラインホッケーでのポジションはゴールキーパーで、伊代表チームでも活躍しています。カミングアウトしたときには「イタリアじゅうに衝撃が走った」とのこと。

「自分がレズビアンだということはずっと前からわかっていました。18歳のとき彼女がいて、家族にカミングアウトしました。イタリアでのスポーツ環境はいまだにホモフォビックですが、イタリアの社会はもっとホモフォビックです。わたしにはゲイやレズビアンのスポーツ仲間がたくさんいますが、彼らはカミングアウトしたいと思ってはいません。キャリアを危険にさらすのが怖いのです」

彼女はまた、すべてのゲイやレズビアンのイタリア人が直面している課題について話した。

「ゲイ男性の方が暮らしやすいと思います」と彼女は述べた。「レズビアンであるということは、ほとんどの時間無視されているということです。もちろんゲイ男性は陳腐な決まり文句に取り囲まれて生活していますが、それはつまり、社会から認識されているということです。レズビアンについての陳腐な決まり文句はなく、これはさらに悪いです」

‘I’ve always known I was lesbian. I came out to my family when I was 18, while I was in a relationship with another girl.‘The sports environment in Italy is still homophobic, but not more so than Italian society. I know a lot of gay and lesbian sportsmates, but they don’t want to come out, they fear they will endanger their careers.'

She also spoke about the challenges facing all gay and lesbian Italians.

‘For gay men life is easier, this is what I think,' she said. 'Being lesbian means being ignored most of the time. Gay men live surrounded by clichés, of course, but this means recognition. There are no clichés for lesbian women, and this is even worse.’

この状況はなんだかちょっと日本に似ているかも、と思いました。日本では、良くも悪くもTVにオネエキャラがたくさん出ていることもあって、たとえステレオタイプなものであれ「ゲイ男性とはこういうもの」というイメージが存在しますよね。だからノンゲイからの言及もそれなりにある。でも、レズビアンの場合、まだそこまで存在自体が認識されていない気がします。最近ようやく、本を出したり海外メディアに取り上げられたりする人が出てきたぐらいで、実質的にはまだまだ不可視の存在に近いんじゃないかと思うんですよね。

さて、このようにいまだホモフォビアが残るイタリア社会でカミングアウトしたボナミノ選手はどうなったか。なんと好意的なメッセージが押し寄せ、Facebookもファンからのコメントでいっぱいになったそうです。

「こうなるとは予期していませんでした。カミングアウトは、思っていたより簡単でした。そうですよね、今は2014年なんですものね……スポーツ界のイタリア人初のカミングアウトが、ちょっと遅かったのです。でも、誰もカミングアウトしないよりはまし」

‘I did not expect it. Coming out is easier than I thought. Of course, we are in 2014… and the first Italian coming out in sports has come a bit late. Better than nothing, however.’

ちなみにボナミノ選手は今後彼女を作って家庭と子供を持ちたいと考えているそうです。我こそはと思わん方、今からでも遅くない、イタリア語を勉強するのよ!