石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

LGBTへのいじめに抗議する「デイ・オブ・サイレンス」、今年で19周年に

National Day of Silence
National Day of Silence / [insert stereotypical label here]

2014年4月11日は、LGBTユースへのいじめに抗議するため1日沈黙して過ごすという運動「(ナショナル・)デイ・オブ・サイレンス」の19周年でした。参加者の写真がたくさんネットに上がってきています。

詳細は以下。

LGBT Students, Teachers Embrace Day of Silence | Advocate.com

「デイ・オブ・サイレンス」は、1996年に米国バージニア大学で始まった、学校でのLGBTいじめを可視化するためのキャンペーン。現在ではGLSEN(ゲイ、レズビアン、ストレートの教育ネットワーク)によってオーガナイズされています。参加者は1日じゅう沈黙して過ごし、メッセージを書いた紙などを人に見せることで、いじめによって沈黙を強いられているLGBTについて考えてほしいとうながします。

以下、今年の参加者の写真など。

「ナショナル・デイ・オブ・サイレンスに参加中」

「これはゲームじゃない。毎日数多くのLGBTユースがいじめられて沈黙させられている。永遠に黙らされてしまう子もいる。(中略)いじめと自殺はジョークじゃない」

「わたしははっきり意見を言い、あくまでがんばり、みんなにありのままの自分でいていいんだ、そのままで美しいんだと示すことで沈黙を終わらせます」

壁にポスターを貼った人も。「LGBTユースの自殺企図は3倍 あなたはどうやって沈黙を破る?」

「LGBT生徒の10人中9人が、学校でいやがらせを受けたことがある」

みんなでレインボー。

ロシアからも参加者が。

▶ ДЕНЬ МОЛЧАНИЯ 2014 - YouTube

ロシア語がわかんなくてくやしい! と思ったら英語字幕がついていたので、動画内で皆さんの掲げているメッセージをいくつか日本語に訳してみます。

  • 「しばしばメッセージを受け取ります。『おまえは病気だ。死んでしまえ!』」
  • 「去年の夏、地下鉄の中で聞いたことば。『電話を切れよオカマ野郎、おれがお前に話しかけてるときはな!』」
  • 「わたしは『お前らを縛り首にして土に埋めるぞ!』と叫ぶナショナリストの群れの前で立っていた」
  • 「気が狂っていると言われた」
  • 「家族に言われた。『おまえが薬物中毒ならよかったのに、それなら少なくとも治療ができるもの』」

動画の最後に出てくるメッセージは、こんな。

「早く誰もこんなことばを聞かなくて済む時代にしたいです。親愛なるLGBTQユースのみんな! わたしたちはあなたたちの味方です。愛しています」

「デイ・オブ・サイレンス」が始まった1996年にはまだTwitterもInstagramもYouTubeもなくて、あたし自身こんな運動があることを知りませんでした。今では米国のみならず世界中の人が参加して、しかもSNSでメッセージを共有しているのですから、すごいものです。いちばん肝心な、学校に通っている年齢の子供たちに、うまくメッセージが届いてるといいな。