石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

レズビアンの警察署長を解雇した町長に抗議殺到

f:id:miyakichi:20140421102558j:plain

米国サイスカロライナ州の小さな町の町長が、勤続20年以上の警察署長をレズビアンだという理由で中傷した上で解雇し、住民や町会議員から抗議されています。

詳細は以下。
Mayor Who Fired Lesbian Police Chief Caught On Tape In Homophobic Tirade

この小さな町、ラッタ(Latta)のアール・バラード(Earl Bullard)町長が、オープンリー・レズビアンの警察署長だったクリスタル・ムーア(Crystal Moore)さんを解雇したのは2014年4月15日のこと。表向きの解雇理由は、彼女が7回戒告処分を受けていること……なんですが、妙なのは、ムーアさんは4ヶ月前にこのバラード氏が町長に就任するまで、1度もそのような戒告を受けていなかったということ。

そもそもムーアさんに出された戒告の内容自体がおかしいんです。彼女は町長が雇い入れた職員が免停であるにもかかわらず町所有の車に乗っていたことに気づき、雇用の際の身元調査が不十分だったのではと疑問を呈したそうなんですが、町長はそれが気に入らず、「権威者の許可なく身元調査をした」「町長の権限に疑問を呈した」としてムーアさんを戒告処分にしてしまったんですって。意味がわかりません。

ムーアさん本人は、町長からはこれまでいやがらせや挑発を受けてきたと述べ、解雇されたのは自分が同性愛者だからだと話しています。また、ジャレド・テイラー(Jared Taylor)町会議員は、バラード町長の以下のような発言を録音したものをWBTWのニュース番組に提供しました。

誰の前ででも堂々と言えるが……子供たちの周りに置いておくなら、いかがわしいライフスタイルを送っている人間より、うちの子の面倒を見られないほど酒を飲みまくった人の方がまだましだ。

"I would much rather have ... and I will say this to anybody's face ... somebody who drank and drank too much taking care of my child than I had somebody whose lifestyle is questionable around children.

ふたりの女がそのへんで立って手をつないでいて、それにうちの子供が気づくなんてことはさせないぞ。ふたりの男でもだめだ。
そんなことはさせない。世界はそんな風には行かないんだ。

今じゃこういった連中がどんどん現れて言っている、「ああ、それは違ったライフスタイルで、そうしていいんだ」と。なるほど結構。だがわたしがそれを見る必要はないし、うちの子は近づけたくないね。

I'm not going to let two women stand up there and hold hands and let my child be aware of it. And I'm not going to see them do it with two men neither. I'm not going to do it. Because that ain't the way the world works.

Now, all these people showering down and saying 'Oh it's a different lifestyle they can have it.' Ok, fine and dandy, but I don't have to look at it and I don't want my child around it."

ラッタの住民はムーアさんの解雇に怒り、町役場の周りなどで彼女の復職を求める抗議運動が展開されたとのこと。以下、抗議のために集まった人たちの様子です。

Change.orgの署名ページを見ると、この元署長が地元の皆さんからいかに愛されているかわかります。人口約1400人の町なのに既に800人を超える署名が集まり、コメント欄にはムーアさんを慕う声がいっぱい。また町議会は、町長の権限を弱めるための住民投票の開催を6対1で可決したそうです。

WBTWによると、サウスカロライナ州の市町村というのは首長の権限が強いところが多い(270市町村中140)らしいです。しかし偏見持ちが首長の座についたら最後、気に入らない人間の職を好き勝手に奪えるというのは、いくらなんでも政治システムとして問題なのでは。やはり、アップルのティム・クックCEOも訴えている通り、Employment Non-Discrimination Act(雇用差別禁止法、LGBT労働者への採用および雇用上の差別を禁じる法案)を早いとこ成立させた方がいいんじゃないでしょうかねえ。