石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

王子と王子が愛を発見。ゲイ絵本『The Princes and the Treasure』、世界各国で発売中

The Princes and The Treasure

ふたりの王子の愛と冒険を描くゲイ絵本『The Princes and the Treasure』(訳すと『王子たちと宝物』)がおもしろそうです。先日紹介した騎士と王子の絵本もいいけど、こっちも読みたいぞ。日本でも買えるし。

詳細は以下。

One Book to Change Them All | Advocate.com

これはジェフリー・A・マイル(Jeffrey A. Miles)氏による絵本で、冒険中に出会ったふたりの王子が恋に落ち、最終的に結婚する物語。王子の片方「ギャラント」は強くて勇敢、競争好きなキャラ。もうひとりの「アーネスト」は物静かで内気で本が好きなキャラ。さらわれた王女を救うため力を合わせて奮闘する2人が、そのうち「国じゅうでいちばん大切な宝物」に気づいていくという筋立てらしいです。

そんなゲイゲイしい話を子供に読ませていいのかって? 上記リンク先の記事を書かれたフランク・ロウ(Frank Lowe)さんは、この本を他のいろんなおとぎ話と同じように息子さんに読み聞かせてみたそうですが、「息子はぜんぜん区別(差別)をしなかった」と書いておられますよ。続けて、「すべての親が同じようにしたならば、次世代の子供たちに多様性についての教育が行き渡り、ホモフォビアがなくなる可能性があるのでは」とも。これはほんとにそうだと思います。

ほら、日本人って外国の青いケーキを「生理的に気持ち悪い」なんて言うわりに、緑色のクリームソーダは平気で飲んでいたりするじゃないですか。あれだって異文化圏から見れば相当不気味にうつるらしいですぜ(『放射性元素を含んだおしっこみたい』という形容を聞いたことがあります)。結局これって「生理的な(≒本能的な)」嫌悪というより、単に「小さい頃から見知っていないものにはなんとなく抵抗感をおぼえやすい」というだけの話だと思うんです。だからこそ、小さい子にヘテロエンドのお話だけ画一的に与えて育てるのはどうかと思うんですよね。その子がこれから出会う人の中にも非ヘテロは絶対いるのに、わざわざ世界が異性愛者だけで構成されているかのようなウソを刷り込んでどうすんのよ。

以下、Advocateから作者のマイル氏へのインタビュー要約です。(※かなりはしょってあるので、詳しくは元記事を見てくださいね)

  • この作品を思いついたきっかけは。
    • 遊園地で王子と王女が登場するライブショーを見ていて、子供時代に王子さまが好きだったことを思い出し、「どうしてゲイの王子やレズビアンの王女がいないんだ? 囚われの姫が美しいお姫さまに助けられちゃいけないのか?」と思ったのがきっかけ。
  • 異性愛者の親たちからの反応はどうですか。
    • ストーリーが気に入ってもらえています。小さい子に同性婚について話すときに助かるそうです。この話はロマンティックだけれど性的ではなく、ギャラントとアーネストは手をつないだりハグしたりするだけで、キスもしません。だから小さい子に向いているとのこと。
  • 子供たちからの反応は。
    • 他の有名なおとぎ話と同じぐらい気に入ってもらえています。子供たちは、愛はカップルのジェンダーと関係なく起こり得るものなのだとわかっているようです。
  • この本は主要書店やAmazonで買えますか? 本屋からの抵抗に遭ったことは?
    • 世界137ヶ国で買えます。kindleなど電子書籍もあります。ハードカバー版も、Amazonやバーンズ&ノーブルなど、ほとんどすべての小売店で買えます。
  • この本が売れたら、ギャラントとアーネストが家族をつくる話を書きますか。
    • 続篇『The Princes and The Dragon』(『王子たちと竜』)をもう書き始めています。1作目の1年後という設定で、ふたりは双子の子供たちを育てています。
  • ギャラントとアーネストはどちらがタチでどちらがネコですか。
    • どちらも等しく才能に恵まれていると言っておきましょう。あとは読者の想像におまかせします。

ちなみにこの絵本、日本のAmazonでもハードカバー版とkindle版が両方手に入りますよ。現時点でハードカバー版は1774円から。kindle版は700円。

The Princes and the Treasure

The Princes and the Treasure

The Princes and The Treasure

The Princes and The Treasure

できたら、2作目でメインカップルのキスも描いてくれるとうれしいな。白雪姫も眠り姫もシンデレラも王子さまとキスしまくってるのに、男同士だけキスシーンなしのままだと、結果として「異性同士なら愛だが、同性同士だとわいせつ」という世の二重基準に荷担しちゃいそうなので。あと、「囚われの姫が美しいお姫さまに助けられ」るお話、非常に読みたいので誰か描いてください。紙の本でもkindle書籍でも買うよ!