石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

マイケル・サム、史上初のオープンリー・ゲイのNFL選手に

f:id:miyakichi:20140511212843j:plain

2014年2月にゲイとしてカミングアウトしていたアメリカンフットボール選手、マイケル・サム選手が、5月のドラフトでセントルイス・ラムズに指名されました。史上初の、オープンリー・ゲイの現役NFL選手の誕生です。

詳細は以下。

Michael Sam drafted by the St. Louis Rams - Outsports

サム選手はこんな人。1990年生まれで、ミズーリ大学出身。ラムズではディフェンシブエンドを務める模様。

ドラフトで指名されたと連絡が入った瞬間。

上記のESPNの放送、動画はこちらです。


The First Gay Athlete Ever Drafted: Michael Sam Reacts To Being Drafted By The Rams! - YouTube

Outsportsによると、サム選手は別に2月まで完全にクロゼットだったというわけではなく、ミズーリ大のチームメイトにはカミングアウト済みだったのだそうです。公にカミングアウトしてからも周囲から絶大な(Overwhelming)支持を受け、今回ついに史上初の同性愛者の現役NFL選手となったとのこと。

本人のTwitterより。訳すと「セントルイス・ラムズと、セントルイス市全体に感謝します。偉大なことを成し遂げるため、このチャンスを全力で生かします!」。

おめでとうございます!

上の方のTwitterコメントにもありましたが、ESPNというスポーツ専門局がサム選手とパートナーのキスを堂々と放送したというのは大きいと思うんですよ。メディアの中に、目に見える同性愛者像があるのって、とても大切ですから。これで米国中のゲイの小学生が、「NFL選手にだってゲイはいるんだ」「男同士でキスしたって別にたいしたことじゃないんだ、異性愛者の選手が彼女とキスするのと同じなんだ」と気づいてくれると嬉しいな。