石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

「カリフォルニアの乱射事件は同性愛的衝動のせい」心理療法士がFoxニュースで珍説披露

Glock 34 with shallow depth of field
Glock 34 with shallow depth of field / ArtBrom

2014年5月23日、米カリフォルニア州で銃乱射事件が発生。容疑者は事前にYouTubeに投稿した動画でこれまで女性にもてなかった恨みを縷々述べていたのですが、ある「専門家」はなぜかこの犯行は彼の「同性愛的衝動」によるものと主張しています。

詳細は以下。

Fox News psychotherapist: California shootings were caused by ‘homosexual impulses’ · PinkNews.co.uk

まず乱射事件そのものについて、CNNから引用します。

カリフォルニア州アイラビスタ(CNN) 米カリフォルニア州南部アイラビスタで23日夜、男が車の中から銃を乱射した。地元捜査当局によると、この事件で6人が死亡、容疑者自身も銃撃による傷で死亡した。

容疑者は映画監督の息子とされる22歳の男で、単独犯とみられる。事件に先立ち、動画共有サイト「ユーチューブ」に「報復」と題した約7分間のビデオを投稿していたとされる。ビデオでは、過去8年間にわたり女性たちに無視されたり拒否されたりしたとして「おまえたち全員に罰を下す」「明日が復しゅうの日だ」などと話していた。

エリオット・ロジャー(Elliot Rodger)容疑者が投稿していたとされる動画はこちらです。


Teen Elliot Rodger 'Retribution Confession' Instagram Video before Santa Barbara Shooting Rampage - YouTube

はっきり「女の子たちは一度も俺に魅力を感じなかった。女の子が愛情を与えるのは他の男たちで、俺は22歳でもまだ童貞、キスもしたことがない」と言ってますね。

それがなぜか、保守系ニュース番組「Foxニュース」に登場した心理療法士(サイコセラピスト)のロビ・ルードウィグ(Robi Ludwig)博士によると、この事件は「同性愛的衝動」によって引き起こされたものだってことになるらしいんですよ! びっくり!

以下、PinkNewsより、ルードウィグ博士が番組内で披露した珍発言を引用します。

彼がしゃべるのを最初に聞いたときには、『ああ、この人は女性から拒絶されて怒ってるんだ』みたいに思いました。それから他の考え方をするようになったんです。これは、自分の同性愛的衝動と戦おうとしている人なのでは?」

「彼は女性たちが、彼から男性たちを奪い去って行くことに腹を立てていたのでは?」

“When I was first listening to him, I was like, ‘Oh, he’s angry with women for rejecting him’, and then I started to have a different idea: Is this somebody who is trying to fight against his homosexual impulses?”

“Was he angry with women because they were taking away men from him?

「彼は男性たちに、自分を選ばないことで腹を立てていたのでは?

“Was he angry at the men for not choosing him?

動画を見ればわかることですが、容疑者はそんなこと一言も言ってないんですよ。バルカン半島の洪水に引き続き、またしても「悪いことはなんでもかんでもゲイのせいにするマン」登場というわけ。いや、女性だから「悪いことはなんでもかんでもゲイのせいにするウーマン」か。いずれにしても、うんざり。

ちなみにロジャー容疑者はビデオの他に141ページもの声明文を遺しているのですが、The New Civil Rights Movementのデイヴィッド・バダシュ(David Badash)氏によれば、「ロジャーは、ビデオでも声明文でも、彼がゲイだったか、またはセクシュアリティと格闘していたといういかなるほのめかしも示唆も残していない」とのことです。