石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。内容は主に(1)LGBTニュース、(2)ガール・オン・ガールのポップカルチャーなど。

スティーヴ・グランドの切ないゲイ恋愛ソング「All-American Boy」がヒット中(動画)

Acoustics
Acoustics / oneselfsacrifice

ゲイのカントリー歌手スティーヴ・グランドのラブソング「All-American Boy」の、YouTubeでの再生回数が300万回を突破しています。切ないゲイ恋愛もので、映像も美しいよ! 腹筋も割れ割れよ!

詳細は以下。

Gay country singer releases song All American Boy on Facebook, goes viral | Gay Star News

PVはこちら。


All-American Boy - YouTube

みんなでキャンプに来た青年。いつも視線の先にいるのは……
f:id:miyakichi:20140626172101j:plain

……あの親友。
f:id:miyakichi:20140626172105j:plain

彼は女の子とも仲がいいけど、
f:id:miyakichi:20140626172109j:plain

こんな風に甘えてもくれるし、
f:id:miyakichi:20140626172112j:plain

ブロマンスなキャッキャウフフもしてくれる。
f:id:miyakichi:20140626172116j:plain

2人きりで湖に。「泳ごうぜ!」「おう!」
f:id:miyakichi:20140626172129j:plain

……で、ついこんなことに。
f:id:miyakichi:20140626172134j:plain

この後どうなったかは、見てのお楽しみ。

カントリー業界ってすごくマッチョな世界で、ほんの数年前までゲイの男性シンガーがカミングアウトするのはおそろしく困難だったはず。比較的風当たりが少ないレズビアンでさえ、シェリー・ライトが初めてカミングアウトしたのが2010年で、しかもさんざん仕事を干されたぐらいですもん。「カミングアウトしたいカントリー歌手はたくさんいるのに、エージェント等に止められてそうできずにいる」というようなことをシェリーは書いてましたが、そこから4年でここまで来たと思うと感慨深いです。バックラッシュもあるけど、それでも時代は少しずつ前に進んでいるのだと思います。