石壁に百合の花咲く

いちレズビアンの個人的備忘録。

UFC戦士、パンツの尻で同性婚を応援

UFC Official Fan's Guide

UFCのカイル・キングズベリー(Kyle Kingsbury)選手が、2014年7月25日にサンノゼで開催された『UFC on FOX 12』の計量で「ゲイを法的に認めよ」("LEGALIZE GAY")と尻に書かれたパンツを披露し、同性婚への支持を表明しました。

詳細は以下。

UFC Fighter Shows Support For Marriage Equality While Stripping Down To His Underwear

キングズベリー選手のパンツの映像はこちらです。

動画はこちら。

ちなみにこの"LEGALIZE GAY"というのは、Tシャツやタンクトップなどにもよく使われる決まり文句です。このパンツが市販品なのか、それとも自作品なのかは謎。

キングズベリー選手は約2年のブランク後、復帰戦としてこの日のパトリック・カミンズ戦に臨んでいました。残念ながら試合には敗れ、引退宣言を出したとのことですが、BuzzFeedのこちらの意見に大いに賛成したいと思います。

(試合の勝敗は)重要じゃない、彼は明らかにもう勝利を収めてる。

Not that it matters, he clearly already won.